映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】エイリアン3
2017年08月30日 (水) | 編集 |
Alien3-1992.jpg

エイリアン3(1992
アメリカ
原題:Alien³
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:
シガーニー・ウィーヴァー/ チャールズ・S・ダットン /チャールズ・ダンス /ポール・マッギャン /ブライアン・グローヴァー /ラルフ・ブラウン

【あらすじ】
2270年、エイリアンの脅威から逃れたリプリーの乗る救命艇が囚人惑星フィオリーナに不時着。唯一の生存者だったリプリーは男ばかりの惑星に波紋を起こす。そんな中、エイリアンが惑星に紛れ込んでおり、囚人たちを次々と襲撃し・・


【感想】
ようやくネットが復活。色々やることがあって映画生活にどっぷりとはいかないんですが、今日はテレビで『エイリアン3』を観たので感想を。
恥ずかしながら『エイリアン3』、これまできちんと腰据えて観てなかったわ。

これ、エイリアンと死闘を繰り広げたリプリーが他の生存者とともに救命艇に乗り込んだところで終わる『2』の正当な続編という形ですね。その後救命艇は宇宙を漂流し、たどり着いたのは囚人たちの惑星。
案の定エイリアンを連れてきていて惑星で大暴れという設定。
alien3.jpg

監督はこれが長編初監督となるデヴィッド・フィンチャー
まだ無名の新人だったせいか、当時の評判はイマイチ。
新人監督がフルに手腕を発揮する環境ではなかったでしょうから、作品のアラはやむを得ないところもあるのかな。
囚人たちがリレーのようにエイリアンを溶鉱炉に追い込むさまはなかなかスリリングだったし、エイリアン目線と思われる逆さ映像も緊迫感があってよかったけどね。

古い映画なのでネタバレしますので未見の方はご注意ください。


個人的にはリプリーがチャールズ・ダンスさん演じる医師にモーションかけたのにはビックリw
リプリーってそんなキャラだった?(笑)
でもリプリーも女性だというのは強調されたのかな。
ボウズ頭でもシガニーさん美しかったわ。
Alien-3-A.jpg
『2』で守り抜いた少女の死を悲しむ姿には母性を感じたし
それでもエイリアンの存在を確かめなければならないところに、リプリーの背負った悲しき使命をみたよね。
その点はラストのリプリーの行動への伏線とも感じた。
Clemens_profile.jpg

まぁ、囚人たちのキャラをそれぞれに掘り下げてては時間が足りないでしょうから、ドラマ的にはこの程度でいいとして、それでもダンスさんの背負った十字架がきちんと説明されていたのはよかったな。

今観るとエイリアンが犬に寄生したとこなんかは『遊星からの物体X』だし、『ターミネーター』を彷彿とさせるところなど古い作品へのオマージュを感じるところも。
逆にエイリアンとの鬼ごっこは『ライフ』的で、新しい映画に影響を与えていくのも名作ってもんですね。

あと『エイリアン コヴェナント』を観た今これを観ると、あるキャラクターの言動が別の意味を持ってくるように感じる。
ここはネタバレできないけど、『コヴェナント』を観る前にこれもチェックしておくといいのでは?と思います。




ブログパーツ


[READ MORE...]
【映画】世界一キライなあなたに
2016年09月29日 (木) | 編集 |
 
6835_5068.jpg
世界一キライなあなたに(2016 アメリカ /イギリス
原題:Me Before You
監督:テア・シャーロック
脚本/原作:ジョジョ・モイーズ
出演:エミリア・クラーク
サム・クラフリン/ジャネット・マクティア/チャールズ・ダンス/ブレンダン・コイル/スティーヴン・ピーコック
日本公開:2016/10/1

感想
ジョジョ・モイーズの『ミー・ビフォー・ユー きみと選んだ明日』というベストセラー小説の映画化だそうです。

「英国男優50人斬り」今日のイギリス男優は主人公ウィルを演じるサム・クラフリン
ウィルは事故で四肢麻痺になり、2年間介護を受けながら暮らしています。

エミリー・クラーク(『ターミネーター:新起動/ジェニシス』)演じるルイーザ(ルー)は、6年間勤めたカフェの閉店で職を失い、職安でウィルの介護の仕事を斡旋されるのです。

お洋服が大好きというルーのファッションがダサ可愛いくてね
ウィルはそのセンスを面白がりつつ明るいルーに心を開き始め、ルーもウィルに惹かれていきます。
でもウィルはルーに会う前にある重大な決心をしていたのです。

MBY-00934r-large_trans__piVx42joSuAkZ0bE9ijUnGH28ZiNHzwg9svuZLxrn1U.jpg

てっきり『最強のふたり』の恋愛バージョンみたいなものを想像してたんですが、これがちょっと違った。
というのも、恋も仕事も充実し人生を謳歌していた矢先に事故に遭ってしまったウィルのその喪失はとてつもなく大きくて、何をもってしても埋めることなどできないんですよ。

切ないなぁ。多分これ障害者には辛い映画で反論も多くあるでしょうね。
でも生きる上でどこに意味を見出すかは人それぞれ、こればっかりは自分の価値観や一般論を振りかざして、どうのと言えない。

でもウィルとルーを対比させ、クオリティ・オブ・ライフ(人生の質)について考えさせるのがこの映画の主題だと思う。
最後はちょっとお膳立てしすぎと思うところはあるけれど、なんでもできるのに何もせず、世界を狭めていたルーの前向きな変化には清々しいものがありました。
max.jpg
エミリー・クラークは眉毛が表情ありすぎだけどキュートよね。
サム・クラフリンはウルバリン以前のヒュー・ジャックマン似の王子様系ハンサム君。
瞳がきれいで一気に惚れた(笑)
本作ではほぼ動きがない役だったけど、アクションもいけそうなので、次の次あたりボンドにどうでしょう。

ウィルのお父さん役のチャールズ・ダンスさんが、息子を愛しすべてを受け入れる富豪の父親をあたたかく演じていて最高でした。

劇中流れる映画は『神々と男たち』かな。
字幕映画を嫌うのはイギリスもアメリカと同じだと知った。



[READ MORE...]