映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『へイル、シーザー!』ザ・50年代!
2016年02月18日 (木) | 編集 |
hail-caesar-quad.jpg

ヘイル、シーザー!(2016)アメリカ

原題:Hail, Caesar!
監督/脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
出演:
ジョシュ・ブローリン/ ジョージ・クルーニー/ オールデン・エアエンライク/ レイフ・ファインズ / ジョナ・ヒル / スカーレット・ヨハンソン/ フランシス・マクドーマンド/ ティルダ・スウィントン/ チャニング・テイタム
日本公開:2016/5/13 

 【あらすじ
1951年、ハリウッドの映画会社で映画「ヘイル、シーザー!」撮影中、世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。スタジオのフィクサー(ジョシュ・ブローリン)が解決に奔走するが・・


【感想
コーエン兄弟の新作、1951年のハリウッドのスタジオを舞台にしたコメディです。

タイトルの『ヘイル、シーザー!』はクルーニー扮する大スターウィットロックを主演とした劇中映画のタイトル。
この撮影中にウィットロックが誘拐され、さぁ大変という話ですね。

でもこれ、映画サイトにあるように「個性的なスターたちを巻き込んで難事件に挑む!」みたいなものを期待すると
裏切られるし、トレーラーのノリも違う。

映画はあくまで、ジョシュ・ブローリン演じるスタジオのフィクサーの一日を描くもの。
エディ・マニックスというのは40年代から50年代にかけて実際にハリウッドでフィクサーとして活躍した人物らしいんですが
50年代はハリウッド黄金時代の中でも後期にあたり、
テレビの普及に伴って映画業界自体が勢いをそがれる時代に入ってくるので
人々の夢を夢で有らしめるために、スターのゴシップをもみ消したり、フィクサーの仕事は大変だったんでしょう。
そんなマニックスの一日に注目した本作は、50年代のハリウッドにタイムスリップする作品になっています。


 Hail-Caesar-(2016)-poster.jpg


スタジアムでは5つの映画が制作されていて、ウエスタンからミュージカル、歴史モノに至るまで色んなジャンルを一気観できるのはMGMスタジオの見学ツアーに連れて行ってもらった気分になるし、ノワールな雰囲気に合わせた音楽や撮影など、コーエン兄弟の力量も感じられます。
この時代に詳しいと、水兵姿で踊るチャニング・テイタムや、西部劇の オールデン・エアエンライク、人魚コスチュームのスカヨハなどが誰をモデルにしてるとかも分かるでしょうからそういう楽しみ方も出来る。
でも、私もそうだけど50年代に疎いと楽しみ方も半減になるかな。
あと、この映画が問題なのはそれぞれが単発的で、誘拐事件とうまく絡んでこないこと。
あくまでも誘拐事件は時代を象徴する一つのモチーフと考えるべきでしょうね。

もう一つ言うと、主役であるブローリンも、冒頭から教会で懺悔してたりして、
彼なりに悩みを抱え込んではいるんだけどそれが観客に悩みとして伝わらない。
彼の心情を観客が共感できないから面白くなっていかないのが残念なところでした。




img5.jpg 


豪華キャストで目を引くのはタップダンスや歌まで披露して芸達者なところを見せてくれたチャニング・テイタム
50年代ハリウッド女優の喋りを見事に再現したスカーレット・ヨハンソン
そして一番美味しいところを持っていったのが、目を見張るカウボーイ・アクションを見せてくれたたオールデン・エアエンライク。アクションはいいけど実は大根という設定で、監督役の レイフ・ファインズとのやり取りは笑えた。


the-first-official-trailer-for-the-star-studded-film-hail-caesar-660505.jpg 


マイケル・ガンボンがナレーターというのもミソで、50年代を感じる映画でしたね。
私は少々退屈して寝てしまったところもあったけどwテクニカルな面など、玄人ほど楽しめる作品かもです。



ブログパーツ

【映画】マジック・マイクXXL
2015年07月16日 (木) | 編集 |

マジック・マイクXXL(2015)アメリカ
原題:Magic Mike XXL
監督:グレゴリー・ジェイコブズ
日本公開:2015/10/17

スティーヴン・ソダーバーグが監督した『マジック・マイク』(2012)の続編
監督はソダーバーグの多くで製作を担当し、前作『マジック・マイク』でも助監督を務めたグレゴリー・ジェイコブズ
今回はソダーバーグが製作総指揮に回ってますね。

あらすじ
3年前にストリップ・ダンサーを辞めたマイク(チャニング・テイタム)は、

昔の仲間の誘いで、あるコンベンションに参加することに。

感想
前作から3年、残った仲間もそろそろダンサーとして潮時を迎え
「ならばマイクも誘って最後に一花咲かせようぜ!」ってなわけで
一夜限りでマジック・マイクが復活するという話。


今回はちょっとロードムービー風味で
コンベンション会場に向かうまでの珍道中を描いています。
途中トラブルに見舞われたり、助けられたりして人と触れ合いながら
彼らは自分たちのやってきたことに価値を見出していくんですよね。

ま、しかしそこはマジック・マイク
ただのロードムービーで終わるはずはなく
ダンスはアクロバティックに進化し、セクシー度数はXXL級!
あーー、ムキムキ好きーな皆さんは楽しめるのかもだけど私はちょっと・・w
団体戦ならまだしも、個人技でやられた日にゃもういいよって
メンバー以外のストリップダンスなんか正直えげつなくて
DVDだったら早回ししてましたわ(笑)

それでも終盤は盛り上がったし、
やりつくしたという爽快感があったのはよかった。
今回学んだのは、女性も心を開放させて愛をむさぼるべしってこと(笑)


夏の終わり
最後の一晩を騒いで盛り上がって、忘れられない思い出を作って
でも翌日には気持ちを引き締めて日常に戻っていく
そんな映画でした。



前作からのメンバーに加え、今回は女性陣が華を添えました。
マコノヒー@ダラスがいないのは寂しかったな。



◆トラックバックいただいてます

「マジック・マイク XXL」

もし仮に、いや~んと身悶えしながら観るのがこういう作品を観る時の正しいお作法であるとしたならば、…それについては何も言うまい。身悶えはもちろんしちゃうよねぇー。それよりむしろ、楽しくて楽しくて!ショーのシーンでは途中から声を出して笑ってしまった。それ程楽しい!美肉祭り。小難しい事はひとつも考えず(考える要素なんてありゃしないし)、頭空っぽにしてただただ楽しむのが勝ち。何と勝負してるのかなんて皆目わからないんだけど。ダンス、ミュージック、肉体美。それ以外の何を望むというのか。周知の通り、あの名作「 削除

ここなつ映画レビュー

 

【映画】フォックスキャッチャー
2015年03月06日 (金) | 編集 |


フォックスキャッチャー(2014)アメリカ
原題:Foxcatcher
allcinemaデータ

96年に起きたデュポン財団御曹司による事件を題材にした実録ドラマ。
富豪のデュポンにスティーヴ・カレル、事件に巻き込まれていくオリンピック金メダリスト兄弟にマーク・ラファロチャニング・テイタムが扮し、カレルさんとラファロがそれぞれ主演、助演男優賞にノミネート、ベネット・ミラーが監督賞にノミネートされるなど、思わぬ快挙を成し遂げましたね。

DVDになったので楽しみに観ましたが、いやもうほんと、ゾワゾワと不快感を引きずるいやぁな映画だったな(汗)


冒頭、殺風景なアパートで質素で味気ない食事をとるマーク(チャニング・テイタム)。
その後トレーニングに励む姿に覇気はない。次に小学生を前に金メダリストとしてのスピーチをし20砲諒鷭靴鯑世襦事務員が兄「デイヴ」の名前でチェックを切ろうとするところを「マーク」に修正させて・・。

この一連のシークエンスで、経済状況やマークを思う兄の心情、兄のおこぼれに与らなくてはならない弟の負い目やら情けなさなどマークを取り巻く状況や、これから立ち向かおうとする問題を一気に集約させる見せ方がまず見事。

マークが次のオリンピックで金メダルを取りたいと思うのは、兄弟の夢であると同時に、自立のために不可欠だったんでしょう。
ところがその切実な思いはデュポンによって阻まれることになります。


デュポンはその行動がそう見せるのかとても醜いんですよね。特殊メイクを施してるとはいえ、全身から不快なオーラを発するその姿はとても『40歳の童貞男』や『ラブ・アゲイン』のカレルさんとは思えないほど。

デュポンの心の闇はどこから来るのか。
親の愛を得られなかった?富豪の孤独?そんなの知るかと言いたい。
神聖なスポーツを小さな人間の心の隙間を埋めるために利用することにとにかく腹が立って仕方なかったですもん。
デュポンが金持ちじゃなかったらマークたちに関わることもなかったのにと思うと悔しい。
でも、マークの中の弱さや物事に悲観的な彼の本質がデュポンを惹き付けたのかなと思うとそれも悲しくてね。

不幸が迫り来る様をじっと我慢して待つという辛い鑑賞になったけど、それも演出の上手さゆえでしょう。優しさ溢れる兄デイヴを演じたマーク・ラファロはじめ、それぞれの心理を表現した俳優陣はお見事でした。

左は本物のご兄弟。




【映画】10イヤーズ
2015年01月09日 (金) | 編集 |




10 Years(2012)アメリカ
原題:10 Years
監督:ジェイミー・リンデン
出演:チャニング・テイタム/ジェナ・ディーワン=テイタム/オスカー・アイザック/クリス・プラット/ロザリオ・ドーソン/ケイティ・マラ/ジャスティン・ロング/リン・コリンズ


ストーリー
高校の同窓会にかつてのクラスメートが10年ぶりに集まった。


クリス・プラットを探せ」

今日は2012年製作の日本未公開作品のご紹介です。
これね、未公開ながら今見たら結構なメンバーが揃ってるんですよ。



まずチャニング・テイタムね。

彼は恋人ジェスを伴って同窓会にやってくるのだけど、実は高校時代に付き合ってた彼女(ロザリオ・ドーソン)のことが引っかかっていて、ジェスになかなかプロポーズできないでいるという設定。10年ぶりに再会した元カノとどうなるのか、ドキドキさせられました。ジェス役のジェナ・ディーワン=テイタムは実の奥様ね。



オスカー・アイザックケイト・マーラ狙い。ミュージシャンになっているという設定で劇中歌を披露してくれます。

10年の間には色んなことがあって、それぞれの暮らしぶりも変わっている。同級生だからこそ隠したいこともあるけれど、心を開きあうのにも時間はかからない。最後は10年経って成長した彼らが、それぞれに新しいスタートを切るという感じがとっても清々しい映画でした。

最後に集合写真。こんな豪華メンバーのクラス会に出席したい(笑)




おっと、忘れちゃいけない。肝心なクリス・プラットはというと・・




結婚して2児のパパとなってはいるけれど、高校時代はかなりのジャイアンだったようでw同窓会に出席する彼の目的は、昔いじめた同級生に許しを請うこと(笑)
いかにも虐められっ子という面々の中、でかいクリスが小さくなってるところが可愛いの。酔っ払ってランニング姿で下手なカラオケを歌ったり、散々周囲の顰蹙を買うわけだけど、姉御肌の同級生妻はクリスの気持ちをちゃんとわかってくれてるところが良かったわ。

見所たっぷりのトレーラー貼っておきます。

家にやってきたチャニング・テイタムを玄関先でいきなり抱え上げるクリスにも笑う。











ホワイトハウス・ダウン
2014年03月17日 (月) | 編集 |



ホワイトデー特集の一環で「白」のつく映画をなどと計画してたのだけど、
風邪引くやらなんやらで今頃に。ホワイトデーとっくに過ぎたっちゅーの(;´Д`)
とりあえず『ホワイトハウス・ダウン』いっときます。
ローランド・エメリッヒ監督、チャニング・テイタム主演のアクション大作です。
ホワイトハウス・ダウン(2013)アメリカ
原題:Whitehouse Down
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:チャニング・テイタム/ジェイミー・フォックス/マギー・ギレンホール/ジェイソン・クラーク/リチャード・ジェンキンス/ジョーイ・キング
子持ちバツイチの議会警察ジョン・ケイルは、シークレットサービスになることを希望し採用試験を受けるも書類審査で不採用。大統領を敬愛する娘エミリーに言い出せないまま、ホワイトハウス見学ツアーに参加するが、エミリーと離れている間に、ホワイトハウスはテロリストに占拠されてしまい・・

 ほぼ同時期にジェラルド・バトラー主演で『エンド・オブ・ホワイトハウス』が公開され、そちらは劇場で見たのに、こちらはスルーしちゃってたんですよね。ウワーーン、こっちの方が全然面白いじゃないか~。

 まず、ホワイトハウスのセキュリティの厚さをしっかりと見せてくれる時点で掴みはOK。
観客は世界一のセキュリティってどんなだろうと興味を持つわけですからね。
バトラー版では、どこぞの雑居ビル程度のセキュリティにしか見えなかったし、頼みの綱はバトラーのみってのがありえなさ過ぎて白けたもんです。
本作ではホワイトハウスの構造や大統領の居住空間などの見せ方も上手く、観客の興味をさらに刺激してくるところが流石にエメリッヒ。
あとは、シークレットサービスに採用されなかったチャニング・テイタムが、大統領を守ろうとダイハードな活躍を見せるのだから面白くないわけないというもの。


 
ジェイミー・フォックスも、周囲に言われるままに行動するのみのへタれで実態のない大統領から、次第に闘う大統領に変わっていくのがいい。車からマシンガンをぶっ放すシーンなんて痛快ですから。
主演のチャニングはアクションは勿論、コメディセンスも磨かれてきた印象で
存在感を増してきましたね。大統領とのバディ関係もナイス。
ケイルの「シークレットサービス」になりたい理由にもホロっとさせられました。
共演者ではマギー・ギレンホールが知的にサポートしていてカッコいい。

何だかんだ言って、エメリッヒはんはこの手のアクション映画では抜群の上手さを発揮しますね。
あれだけ襲撃されても弾が当たらないのはおいといて(笑)
手に汗握ったり、大笑いさせてもらったり、エンタメ作品として大いに楽しめました。
「人は変われるのだ」というメッセージもよかった。