映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
2016年03月27日 (日) | 編集 |
trumbo.jpg

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015)
アメリカ
原題:Trumbo
監督:ジェイ・ローチ
脚本
:ジョン・マクナマラ
出演:
ブライアン・クランストン/ ダイアン・レイン/ ヘレン・ミレンジョン・グッドマン
日本公開:2016/夏
オフィシャルサイト

 【あらすじ
脚本家トランボはハリウッド黄金期に第一線で活躍していたが、冷戦の影響による赤狩りの標的となり、下院非米活動委員会への協力を拒んだために投獄されてしまう・・・


【感想
先月帰国時に淀川長治さんの本を買ってきて読んでるもので、古い映画を観たくてたまらなくなってるんですが
もうちょっとアフター・オスカーシリーズ続けます。

今日は主演のブライアン・クランストンが主演男優賞にノミネートされた『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を。
赤狩りに遭いながら『ローマの休日』などの名作を生み出した脚本家ダルトン・トランボの伝記です。

共産主義が社会悪とみなされた第二次世界後の1940年代後半
ハリウッドでも共産主義者を排斥する赤狩りが行われ、ハリウッド10といわれる10人が収監されたこと
その後、ブラックリストに載った多くの映画人がハリウッドでの仕事を失っていったことは周知の事実でしょう。

無茶な時代ですよね。
日本でいうと、共産党の党員は勿論のこと、党を支持するものまでもいきなり捕まって
仕事を失ってしまうということ。

共産主義者が作る映画が社会に何か悪影響を与えるとか、そんな事実もないままに人権を侵害し
冷戦の恐怖を赤狩りに変えた時代の愚かさと恐ろしさ。


6236641_trumbo-2015-international-movie-trailer_2beed679_m.png
そんな中、偽名を使ったり他人の名義で脚本を書き続けたトランボの奮闘が描かれる本作は
単に彼の才能に感嘆する映画ではなく、その裏には愛すべき家族がいて、
方向を失いそうになるトランボを叱咤し支え続けた妻の愛があったことが感動的。


635803308516221771-TR-00996-R-CROP.jpg
トランボを演じるブライアン・クランストンは殆ど知らない役者だったけど
信念の人を深みのある演技で演じていてお見事。
妻役のダイアン・レインと長女役のエル・ファニングも凄くいい。

他人の名前を挙げることで失職の憂き目から逃れようとした人々の葛藤など
赤狩りの実体を非常に分かりやすく描いていて面白いし
ジョン・ウェインやカーク・ダグラス、オットー・プレミンジャーなど知ってる役者たちが
赤狩りにどう係わっていたのかというところ、赤狩りの終焉にも興味津々でした。

こちら本物のダルトン・トランボ。お風呂でまで執筆を続けた根性のひと
trumbo2.jpg 


がむしゃらなまでに脚本を書き、生涯かけて闘ったダルトン氏が早くに亡くなったのは
赤狩りの無理がたたったのではと思わずにいられない。
彼の作品は『パピヨン』『ジョニーは戦場へ行った』『ローマの休日』くらいしか観てないので
これから観ていこうと思います。

ジェイ・ローチはおバカ映画から政治的な作品にシフトしてますが
エンタメ的な見せ方を知っているので、分かりやすくていい。

それにしても今年は50年代を描く映画が頑張った年でしたね。

ブログパーツ
マン・オブ・スティール
2013年07月11日 (木) | 編集 |




『スーパーマン』シリーズのビギニングとなる作品です。
マン・オブ・スティール(2013)アメリカ
原題:Man of Steel
監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カヴィルマイケル・シャノンラッセル・クロウエイミー・アダムズダイアン・レインケヴィン・コスナーローレンス・フィッシュバーン
日本公開:8/30
 生まれてまもなく、死に行く惑星クリプトンから地球に送られたカル=エルは、宇宙船を発見したケント夫妻によりクラークと名づけられ大切に育てられる。人間離れした能力に悩み孤立する少年時代を過ごしつつも、徐々に力を人のために使い始めるクラーク。そんな彼の前に、クリプトンの生き残りゾッド将軍が現れ・・


スーパーマンが地球に送られた理由や、ロイス・レーンとの出会いが描かれ
地球とクラークを滅ぼしにやってくるゾッド将軍との壮絶な戦いを通し、地球を守る真のヒーロー、スーパーマンの誕生までを描く作品です。
スーパーマンことクラーク・ケントを演じるのはヘンリー・カヴィル
育ての親ケント夫妻にケヴィン・コスナーダイアン・レイン、ゾッド将軍にマイケル・シャノン
クラークの実の父にラッセル・クロウ、恋人となるロイス・レーンにエイミー・アダムズというキャスティング。

クラークは少年時代、異質なものとしての自分を疎み、悩みます。
そんなクラークをケヴィン・コスナーとダイアンのケント夫妻が優しく守り導くんですが
特にコスナーとの父子関係がの描き方は好みでした。



しかし、いかんせんアクションシーンが長いのが気になります。
CGを使ってのゾッド将軍とのあり得ないバトルは笑うべきなのか(汗)
どう投げ飛ばしても、決定的なダメージを与えられないなら、なぜビルを壊す。
死人も出ただろうなどとついツッコんでしまいました。

ま、そんな遊びすぎ(?)なところもあるものの、ゾッド将軍らにより都市が破壊されるシーンは911を髣髴とさせるディザスター映画のごとき。クリストファー・ノーランが製作に加わっているということで、その迫力とダークさ、ビジュアルの美しさは100点満点でしょう。




元々『スーパーマン』をちゃんと観てない私には分からないんですが、今回のリブートをファンはどう受け止めてるんでしょうね。荒唐無稽なアクションがあってこそのシリーズだとは思うし、スーパーマンの起源が描かれることは嬉しいに違いないけど、個人的にはもっとユーモアがるとよかったな。
新スーパーマンのヘンリー・カヴィルは、悩みつつも運命を受け入れ、弱さと強さと、優しさを持ち合わせたナイーブなスーパーマンを好演していたと思います。
エイミーとはお似合いでした。ただもう少し胸キュンさせて欲しかった。