映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『X-MEN:アポカリプス』首チョンパ祭り
2016年06月08日 (水) | 編集 |
xmenapocalypseimax-1.jpg


X-MEN:アポカリプス(2016)
アメリカ
原題:X-MEN:Apocalypse
監督:ブライアン・シンガー
脚本:サイモン・キンバーグ
出演: ジェームズ・マカヴォイ /  マイケル・ファスベンダー/ ジェニファー・ローレンス/ オスカー・アイザック/ ニコラス・ホルト/ ローズ・バーン /  オリヴィア・マン /  エヴァン・ピーターズ/ コディ・スミット=マクフィー/ ソフィー・ターナー/ タイ・シェリダン
日本公開:2016/8

1983年、人類の文明誕生以前からミュータントの力を使い、神として世界を支配していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚ました。人類の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは世界の破滅を計画・・。

【感想 
のっかり特集中休みとしましょう。
本当はDCやらマーヴェルのコミック系はもう卒業でいいやと思ってたんだけど
キャストにつられて『
X-MEN:アポカリプス』観てきました。

今回のタイト"アポカリプス=黙示録”とは「終末の予言」
なんと、太古の神が蘇って、堕落した地球を滅ぼそうとする という話なんだな。

凄いのはこのアポカリプスの神様はミュータント第一号なんだって。
神は4人のホースメンを従えて世界をリセットしようとする。
それを阻止するため立ち上がるのがプロフェッサーXやミスティークらが率いるX-MENたちってことになるんですね。

自慢じゃないけど私はこのシリーズを観始めたのは2009年の『ウルヴァリン』からでして
その元祖をよく知らないんですけど、『X-MEN』結集の意味を紐解き、メンバーを紹介するという作品名なだけに、ブライアン・シンガーの復活はファンには嬉しいんじゃないでしょうか。
X-Men-Apocalypse-Trailer-1-Cyclops.jpg 

タイ・シェリダン君など、オリジナルキャストと交代した若いミュータントたちの活躍がフレッシュで楽しい。
アポカリプス神を演じたオスカー・アイザックも素顔はほとんど拝めないけど頑張ってました。
Screen20Shot202016-03-1720at2012_54_5720PM.png 

ただね、アポカリプス復活やらX-MENのメンバー紹介やらを割と丁寧にやるので
どうしても時間がかかって、散漫な感じになるんですよね。

そんな中映画を引き締めるのはやっぱりマイケル・ファスベンダー
もう何も言いません。いいよ、ファスベンダー。
michael-fassbender-as-magneto-in-x-men-apocalypse.png 

個人的にはファスベンダーシーンの重さで通してもいいんじゃないかと思うのだけど
思いのほか漫画だったね。
楽しいけど、映画全体が軽い印象になるのは否めない。
あと本作を最後にシリーズ卒業となるジェニファー・ローレンスはすでに心が離れてる印象で
ちょっと浮いてたのが残念。

とはいえ、X-MEN誕生の物語として楽しめたのでよしということで。
オリジナルのシリーズも観てみよう。
ウルヴァリンの登場・・というか退場には笑った(笑)


ブログパーツ
スポンサーサイト
【映画】スタンフォード・プリズン・エクスペリメント(原題)
2016年05月17日 (火) | 編集 |
the-stanford-prison-experiment-dvd-cover-95.jpg 
スタンフォード・プリズン・エクスペリメント
(2015)アメリカ
原題:The Stanford Prison Experiment
監督:カイル・パトリック・アルヴァレス
脚本:ティム・タルボット/フィリップ・ジンバルドー(本)
出演:ビリー・クラダップエズラ・ミラータイ・シェリダン /ネルサン・エリス/ マイケル・アンガラノ/トーマス・マン 
日本公開:未定
  


【感想
クラちゃんを探せ!3本目
今日はTiVoが拾って録画してくれた『スタンフォード・プリズン・エクスペリメント』を観ました。

タイトルに「あれ?」と思われた方がいると思います。
そう、これはドイツ制作の『es〔エス〕』やエイドリアン・ブロディ主演の『エクスペリメント』のもととなる
いわゆるスタンフォード大学監獄実験を描く作品なんですね。

脚本に名を連ねるフィリップ・ジンバルドーという心理学学者がこの実験の責任者であり
本作はその著作に基づいているらしく、実際に行われた実験を忠実に再現したドキュドラマといった作りです。

スタンフォード大学監獄実験をご存じない方のために簡単に説明すると
大学の地下に模擬監獄を作り、募集で選んだ大学生21人を看守役と囚人役に振り分け
それぞれの役割を演じさせるとどのような行動をとるようになるかを実験で検証しようとするもの。
詳しくはウィキ

stand.jpg 

『es〔エス〕』と比べると被験者が皆大学生であることと
報酬も一日15ドルぽっちであったこと
2週間の予定が6日で強制終了になったことなどが違いますが
囚人役に『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラーや『MUD』のジェイ・シェリダンがいることから
彼らが何かやらかすに違いないと不安に駆られるわけで
次第に緊張をはらんでくる様にはやっぱりドキドキしました。

THE-STANFORD-PRISON-EXPERIMENT-Billy-Crudup-Photo-by-Jas-Shelton.jpg 

大学側は実験を成功させたいあまり、被験者に非人道的な行為を強要してしまうわけで
クラちゃんは今回ダークな一面をのぞかせる博士を悪役顔で演じてます。

44a60470-0bc4-0133-f4ce-0e18518aac2f.jpg 

まぁ、はたから見ればとんでもない実験ですが、学問的には意義があったようです。
最後に被験者たちの(役者が演じてますが)感想を聞いて実験の意味を総括してるのが
他の関連作品と違うところかな。

彼らは権威を持ったり圧力下におかれることで人間性が変わってしまうことに驚きそして(精神的に)傷ついている
実験者側も同じ痛みを味わっているというのが興味深いところでした。


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。