映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】バレー・オブ・バイオレンス
2017年06月30日 (金) | 編集 |
 
inavalleyofposter.jpg
バレー・オブ・バイオレンス(2016)アメリカ
原題:In a Valley of Violence
監督/脚本:タイ・ウェスト
出演:イーサン・ホーク/ジョン・トラヴォルタ/タイッサ・ファーミガ/ジェームズ・ランソン/カレン・ギラン
【あらすじ】
愛犬と共に荒野を旅する男ポール。「バレー・オブ・バイオレンス」と呼ばれる町デントンに流れ着いた彼は、些細なことから悪徳保安官補佐ギリーとトラブルになり町を出るが・・・


【感想】
久々の映画記事です。

これ、主演のイーサン・ホークが『マグニフィセント・セブン』のインタビュー動画でグッドナイト・ロビショーとの役柄の類似性を指摘していて気になっていたんですよね。

INAVALLEY-master768.jpg


今回イーサン演じるは、愛犬アビーと荒野を旅する流れ者ポール。
水を求め訪れたデントンはバレー・オブ・バイオレンスと呼ばれる暴力に満ちた街
アビーとポールは街を牛耳る保安官の息子とのトラブルから、ここである危機を迎えるという話。


前述したように、イーサンの役柄はグッドナイト・ロビショーに通じるところがあって
『マグニフィセント~』では傷ついた心を癒す存在がビョンホン演じるビリーだったのに対し
本作では犬のアビーがその役割を担っています。

冒頭のシークエンスだけでも愛犬との絶大な信頼関係がうかがえる演出。
とにかくイーサンとワンコとのコンビが最高なの。

jumpy.jpg
お風呂に入るアビーかわゆす


タイ・ウェストの監督作品は『イン・キーパーズ』しか観てなかったけど
ホラーだけでなくこういうウェスタンも撮るのだなと、ちょっとビックリ。
タイトルバックがもろセルジオ・レオーネで、監督がマカロニ風を狙ったのは間違いないところでしょう。
in-a-valley-of-violence-2016-movie-poster.jpg


保安官(ジョン・トラボルタ)の息子ギリ―(ジェームズ・ランソン)とその仲間たちVSポールという構造で、それなりのスリルを見せてくれるし、イーサン、トラボルタのうまさもあって結構笑えるエンタメ性も。
inavalleytora.jpg

宿を営む美人姉妹の妹にタイッサ・ファーミガ
生き延びるために力のある男に頼る姉に対し、タイッサは街を出ることに希望を持ち続ける強い女性を熱演。
イーサンと恋人のような親子のような関係を気づいていくのも微笑ましい。
in-a-valley-of-violence-2016-ethan-hawke-taissa-farmiga.jpg
日本ではDVDスルーになったらしいので機会があればどうぞ。
『ジョン・ウィック』に通じるところもあって面白いですよ。



ブログパーツ


【映画】『記憶探偵と鍵のかかった少女』
2014年11月27日 (木) | 編集 |





記憶探偵と鍵のかかった少女 (2013)アメリカ
原題:Anna
監督:ホルへ・ドラド
出演:マーク・ストロング/ タイッサ・ファーミガ/ サスキア・リーヴス/ リチャード・ディレイン/ インディラ・ヴァルマ/ ノア・テイラー/ アルベルト・アンマン/ ブライアン・コックス
 
他人の記憶に潜入できるという特殊能力をもった探偵が、ひとりの少女の記憶に入り、隠された真実に迫るというミステリーサスペンスです。

主役ジョン・ワシントンを演じるのはマーク・ストロング
彼は優秀な記憶探偵でしたが、妻を自殺で亡くした心の傷から、他人の記憶に入るセッション中、自分の記憶が入り込み(『インセプション』だなw)、病気休養を余儀なくされてしまいます。
でもいつまでも休んでられない懐事情もあり、上司にお願いして与えてもらったのが「16歳の美少女アナの拒食の原因を探れ」というミッション。



生まれる前に父親を亡くし、母と継父とともに暮らす富豪の娘アナ(タイッサ・ファーミガ)はIQは高いが変わった子。
自殺未遂を犯したことから今は専用の看護師に24時間モニターで管理されています。
アナは継父が財産目当てで自分を精神病院送りにしたがっていると疑っており、ジョンに助けを求めます。
そしてアナの記憶に潜入したジョンは、そこに思いがけないものを見てしまい・・・
という話。



夢の中に入って心の奥に潜む真実を探るという作品は過去にいくつも作られてますが
本作が新しいのは、探偵も超能力者なら、捜査される側も超能力者なこと!
おかげで簡単と思った仕事は、病み上がりの身にはちと辛いものになっていくんですが
時にお尻が半分見せそうなキャミ風の部屋着姿だったりする可愛いアナに強面のマーク・ストロングもいつしか入れ込んじまうんですわね。
「拒食の原因が分かればいいだと?んにゃ!ワシはアナの全てを知りたい」みたいな。





皮肉なもんでジョンが冷静さを欠けば欠くほど、こちらは冷ややかに見れるわけで
慎重に成り行きを観察できた結果、衝撃的な結末についてはジョンよりも早くに分かりました(笑)
それに至る伏線も張られているので、ミステリーとしてはがんばってると思いますね。

ただ手放しに褒められないのは、鑑賞後感があまりよくないところだなぁ。
だって犯人は(ここでは明かしませんが)、真性サイコですよ。
それなのに最後、過去が吹っ切れておじさんようやく前を向くことができました的な
安易なものにつながる理由が私には良くわからん。
何か大事なものを見落としてる?

映画ってどんでん返しが面白ければそれでいいってもんじゃなく
最後にスッキリ爽快感があるとか、何か心を動かされてこそ満足を得られると思うほうなので、本作には最後少し物足りなさを感じた次第。

まぁでも、観てる間はどこに真実があるんだろうと引き込まれたし、出演者はみな頑張ってたしで楽しめたんですけどね。

タイッサはお姉さんのヴェラ・ファーミガ監督作品『ハイヤー・グラウンド』でヴェラさんの若い頃を演じてました。最近観た『At Middleton 』ではヴェラさんの娘役。歳の離れた姉妹だけどよく似てますもんね。
2015年も出演作目白押しのようで、作品に恵まれればヴェラさん以上の売れっ子になりそう。楽しみです。


ブリングリング
2013年09月29日 (日) | 編集 |




今日も東京国際映画祭関連
ソフィア・コッポラ監督が、高級住宅街のセレブ宅を狙った高校生窃盗団を描く、青春物語です。

ブリングリング(2013)アメリカ/フランス/イギリス/日本/ドイツ
原題:The Bling Ring 
監督:ソフィア・コッポラ
出演:エマ・ワトソン/ ケイティ・チャン/ タイッサ・ファーミガ/イスラエル・ブルサード/ クレア・ジュリアン/ ギャヴィン・ロズデイル/ ジョージア・ロック /レスリー・マン
日本公開:2013/12/14
ロス郊外の高級住宅地に住むニッキー(エマ・ワトソン)ら4人の少女らは、セレブに強い憧れを持っている。
スターの行動をSNSで知った彼らは、留守を狙い邸宅に侵入し、ブランド品をせしめることに成功。
味をしめた彼らは、新入生のマークとともに犯行を重ね・・

これ実際にあった話で、少女らが盗んだ金品の総額が3億円というから驚きです。




実際に被害にあったのはパリス・ヒルトン、リンジー・ローハン、オーランド・ブルームといった面々。
パリス・ヒルトンは自宅をロケ地として提供していて、ブランド物の靴やバッグがズラリと並ぶクローゼットは壮観の一言。一般人版『マリーアントワネット』ともいうべき、「女の子の憧れ」の描写はソフィアらしいと思うところです。
少女たちはセレブが公の場で身に着けてたものを写真に撮ってはフェイスブックに投稿SNSのフォロワーが増えるのが嬉しかったりと、日本でも問題になってるけど、
ネットを介すことで、犯罪が実体のないもののようになっていく現在の若者の姿も垣間見せます。

正直、窃盗シーンの繰り返しには、もういいよと思ったし
ドキドキするシーンもあっさりめで、物足りなさを感じる仕上がり。
同じようなテーマを扱った『スプリング・ブレイカーズ』には虚無感とほろ苦い青春の痛みに共鳴したけど
本作の女子達にはまるで共感できない。
けれど、少女らの犯行に親が全く気づいてないところは注目すべきで
映画には、親とティーンのコミュニケーションのすれ違いがさりげなく描かれているので
そのあたり注意して観ると、多少面白く見れるかな。
どこまでがフィクションかは分かりませんが、メンバーの中の唯一の男の子が犯罪に加担する心理は分かりやすかった。

 それにしても、セレブのセキュリティってあんなに甘いものだろうか。
我が家でも不法侵入などあればアラームが鳴り警備会社に通報する装置は設置されてます。
尤も、今は契約してないから警備会社に連絡が行かないけど(笑)
そういうのあるだけでも防犯にはなるんですよね。



優等生役が多かったエマ・ワトソンが、偽善者面を装いながら、無軌道に欲望をむさぼるビッチなニッキーを演じ、新しい顔を見せてくれますね。一瞬だけど、ポールダンスも披露w
ガーリーカルチャーを牽引するソフィアらしい一本と言えるかもしれません。

タイトルのブリングリングとはキラキラ光る指輪という意味があるようで
犯行グループの呼び名に使われてました。