映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
恋するリベラーチェ
2013年09月29日 (日) | 編集 |
東京国際映画祭関連最後は スティーヴン・ソダーバーグ監督、マット・デイモンマイケル・ダグラス主演で
派手なステージパフォーマンスで一世を風靡したピアニスト リベラーチェの伝記ドラマ『恋するリベラーチェ』。
リベラーチェ(2013)アメリカ
原題:Behind the Candelabrla
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:マット・デイモン/マイケル・ダグラス/ダン・エイクロイド/スコット・バクラ/ロブ・ロウ
日本公開:2013/11/01
スコット・ソーソン(マット・デイモン)は叔父夫婦の経営する牧場を手伝う青年。
バーで知り合ったゲイ友の紹介でリベラーチェと知り合い、まもなく二人はベッドを共にする。や
がてスコットはリベラーチェに養子として迎えられるまでになるが・・

リベラーチェとの思い出を綴ったソーソンの回想録を元に、スティーヴン・ソダーバーグがメガホンを取り
マイケル・ダグラスが往年のピアニスト リベラーチェを、マット・デイモンが若き恋人スコット・ソーソンを演じています。

ソダーバーグがマイケル・ダグラスに話を持ちかけたのが2000年製作の『トラフィック』の時。
リベラーチェさんというのが隠れゲイだったことから、ゲイ描写を懸念され資金調達に苦労したようで
アメリカではHBOのTV 映画として放送されたようですね。

二人のベッドシーンも少々あるけど、過激なものではなく、性的な関係よりも、セレブなパフォーマーと、
そのひもとして生きることになった名もない男、それぞれの孤独が浮き彫りになる作品に仕上がってます。

「ジェイソン・ボーンがゴードン・ゲッコーの上に乗る図を撮りたかった」と言う、ソダーバーグのセンスが光りますね(笑)
 

67歳で亡くなるまでの10年間を演じたマイケル・ダグラスがとにかく凄い!
これまで彼をゲイっぽいと思ったことはなかったけれど見事にゲイです(笑)
マイケル・ダグラス本人が癌で闘病したことを思うと、57歳の絶倫ぶりにも、
一流エンターテナーとしてステージをこなす姿にも感心したなぁ。

整形でリフティングした若々しい表情と死の床にある姿のギャップにも驚く。
勿論演出やメイクの技術もいいのでしょうけどね。
 
リベラーチェと生活をともにし、素朴な牧場青年だったスコットも贅沢を身につけていく。
スコットを演じたマット・デイモンの意外な姿と、移ろいゆく愛に揺れる演技も見ごたえあり。
二人が妙に微笑ましく、ドロドロの愛憎が描かれるのに、後にホンワカしたものが残るのが面白い持ち味の映画でした。
ちなみに原題のCandelabrlaというのは、ろうそくたてのこと。
リベラーチェはこれをピアノの上に置いて演奏したんですね。
 
形成外科医を演じたロブ・ロウが鹿賀丈史に見えたのは私だけかなw


サイド・エフェクト
2013年02月12日 (火) | 編集 |
スティーヴン・ソダーバーグ、本当に最後?




サイド・エフェクト 2013年(アメリカ)
原題:Side Effects
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジュード・ロウルーニー・マーラキャサリン・ゼタ=ジョーンズチャニング・テイタム


インサイダー取引で捕まった夫マーティン(チャニング・テイタム)が4年の刑期を終え帰ってきたことは
妻エミリー(ルーニー・マーラ)の精神を波立たせた。
エミリーにはうつ病の既往があり、生活環境の変化が病状を悪化させたのだ。
ある日、ついにエミリーは駐車場の壁に自ら車で激突し病院に収容される・・




エミリーを演じるのが『ドラゴンタトゥーの女』のルーニー・マーラ
病院で精神面の治療にあたることになるのが、ジュード・ロウ演じる医師ジョナサン・バンクス。
彼が処方した試薬の副作用から、エミリーの周囲である事件が起きてしまうという設定。
エミリーは夫の逮捕により、裕福な結婚生活が一瞬にして消え去り
以前かかっていた精神科医のゼタ姐さんの治療も受けれらない ってなところがミソ。




脚本は『コンテイジョン』のスコット・Z・バーンズ
今回も医療サスペンスの体をなしてはいるけれど、
幸せに貪欲な人々が繰り広げる泥仕合も唖然とする作品です(笑)

いきなりやってくるクライムシーン等、まさにgo haywire!
『エージェント・マロリー』を思い出し、必死で笑いをこらえちゃいましたw
スリラーだけどコメディとしても通用する面白さなんですよね。
ソダーバーグうまいよなぁ。引退考え直して欲しいですよ。

幸せそうな妻の姿から表情の消えた病的なエミリーまで
ルーニー・マーラは地味に上手い。

マーティンのママを演じたのが『コンプライアンス』のアン・ダウドだったけど地味に埋もれてましたね。
出来ればルーニーちゃんをエプロン一枚にして、身体検査して欲しかったw


大好きなジュードについても書きたいけど、ネタバレしそうなのでこのへんで。
あまり情報を入れずに観ることをお薦めします。
狐と狸の騙しあいを楽しんでください。

日本公開は秋!

★★★★


ソダーバーグ新作『エージェント・マロリー』
2012年05月30日 (水) | 編集 |
スティーヴン・ソダーバーグの新作は、美貌の格闘家ジーナ・カラーノを主演に迎え
本格的アクションで魅せるスパイものスリラーです。



エージェント・マロリー
2012年(アメリカ)
原題:Haywire
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジーナ・カラーノマイケル・ファスベンダー
ユアン・マクレガービル・パクストン
チャニング・テイタムアントニオ・バンデラス
マイケル・ダグラスマチュー・カソビッツ、マイケル・アンガラノ



ジーナ・カラーノ演じるマロリーは、民間軍事業のもとで働く女工作員。
バルセロナで人質事件を成功に収めた直後、
経営者ケネスの指示でダブリンへと飛ぶ。しかしそれは罠だった。




ソダーバーグに見出され、映画デビューを飾った主演のジーナ・カラーノは、
アメリカで美貌実力ともにナンバーワンの格闘家らしく
身体能力の高さを見せ付けます。
アクションもCGでそれなりに見せることは可能な昨今とはいえ
本物のアクションが一味違うのは、ジェイソン・ステイサムの映画を観ても明らかで
カラーノの存在は、アクション映画に新しい風を吹き込みそうな予感。

内容はダブリンで突如命の危険にさらされることになるマロリーが
陰謀の元を探りながら立ち向かうさまを描くというシンプルなものだけど
女優としては素人のカラーノを支える俳優人がたいそう豪華でね
民間軍事事業所の所長ケネスにユアン・マクレガー
事業所に委託する政治家にマイケル・ダグラス
バルセロナでコンビを組むエージョントにチャニング・テイタム
ダブリンで恋人を装うイギリス人諜報員にマイケル・ファスベンダーなど!!

時間軸が前後することから、最初少し判りにくいですが
殴る蹴るの格闘技的アクションにこだわった本作は
女相手に死闘を繰り広げる有名俳優たちの姿に唖然とする
これが正しい見方ですねw

はさみ技に至ってはレナ・オリンか!?だし、
さり気にユーモラスで楽しめました。
さて、カラーノにボコボコにされるのは誰でしょう(笑)

バルセロナでの一連のシーンを映像のみで見せるなど
ソダーバーグの実験心も垣間見れます。

日本公開は9/28~

★★★☆