映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『へイル、シーザー!』ザ・50年代!
2016年02月18日 (木) | 編集 |
hail-caesar-quad.jpg

ヘイル、シーザー!(2016)アメリカ

原題:Hail, Caesar!
監督/脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
出演:
ジョシュ・ブローリン/ ジョージ・クルーニー/ オールデン・エアエンライク/ レイフ・ファインズ / ジョナ・ヒル / スカーレット・ヨハンソン/ フランシス・マクドーマンド/ ティルダ・スウィントン/ チャニング・テイタム
日本公開:2016/5/13 

 【あらすじ
1951年、ハリウッドの映画会社で映画「ヘイル、シーザー!」撮影中、世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。スタジオのフィクサー(ジョシュ・ブローリン)が解決に奔走するが・・


【感想
コーエン兄弟の新作、1951年のハリウッドのスタジオを舞台にしたコメディです。

タイトルの『ヘイル、シーザー!』はクルーニー扮する大スターウィットロックを主演とした劇中映画のタイトル。
この撮影中にウィットロックが誘拐され、さぁ大変という話ですね。

でもこれ、映画サイトにあるように「個性的なスターたちを巻き込んで難事件に挑む!」みたいなものを期待すると
裏切られるし、トレーラーのノリも違う。

映画はあくまで、ジョシュ・ブローリン演じるスタジオのフィクサーの一日を描くもの。
エディ・マニックスというのは40年代から50年代にかけて実際にハリウッドでフィクサーとして活躍した人物らしいんですが
50年代はハリウッド黄金時代の中でも後期にあたり、
テレビの普及に伴って映画業界自体が勢いをそがれる時代に入ってくるので
人々の夢を夢で有らしめるために、スターのゴシップをもみ消したり、フィクサーの仕事は大変だったんでしょう。
そんなマニックスの一日に注目した本作は、50年代のハリウッドにタイムスリップする作品になっています。


 Hail-Caesar-(2016)-poster.jpg


スタジアムでは5つの映画が制作されていて、ウエスタンからミュージカル、歴史モノに至るまで色んなジャンルを一気観できるのはMGMスタジオの見学ツアーに連れて行ってもらった気分になるし、ノワールな雰囲気に合わせた音楽や撮影など、コーエン兄弟の力量も感じられます。
この時代に詳しいと、水兵姿で踊るチャニング・テイタムや、西部劇の オールデン・エアエンライク、人魚コスチュームのスカヨハなどが誰をモデルにしてるとかも分かるでしょうからそういう楽しみ方も出来る。
でも、私もそうだけど50年代に疎いと楽しみ方も半減になるかな。
あと、この映画が問題なのはそれぞれが単発的で、誘拐事件とうまく絡んでこないこと。
あくまでも誘拐事件は時代を象徴する一つのモチーフと考えるべきでしょうね。

もう一つ言うと、主役であるブローリンも、冒頭から教会で懺悔してたりして、
彼なりに悩みを抱え込んではいるんだけどそれが観客に悩みとして伝わらない。
彼の心情を観客が共感できないから面白くなっていかないのが残念なところでした。




img5.jpg 


豪華キャストで目を引くのはタップダンスや歌まで披露して芸達者なところを見せてくれたチャニング・テイタム
50年代ハリウッド女優の喋りを見事に再現したスカーレット・ヨハンソン
そして一番美味しいところを持っていったのが、目を見張るカウボーイ・アクションを見せてくれたたオールデン・エアエンライク。アクションはいいけど実は大根という設定で、監督役の レイフ・ファインズとのやり取りは笑えた。


the-first-official-trailer-for-the-star-studded-film-hail-caesar-660505.jpg 


マイケル・ガンボンがナレーターというのもミソで、50年代を感じる映画でしたね。
私は少々退屈して寝てしまったところもあったけどwテクニカルな面など、玄人ほど楽しめる作品かもです。



ブログパーツ

スポンサーサイト
【映画】『LUCY/ルーシー』:超越するスカヨハ
2014年07月27日 (日) | 編集 |



リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演の『LUCY/ルーシー』を初日鑑賞しました。
LUCY/ルーシー(2014)フランス
原題:Lucy
監督/脚本:リュック・ベッソン
出演:スカーレット・ヨハンソン/モーガン・フリーマン/ チェ・ミンシク/ アムール・ワケド/ アナリー・ティプトン
日本公開:2014/8/29
 
映画によると人の脳は10%しか使われてないらしいですね。
ベッソン新作は「人間の脳が100%機能したらどうなるのか」を見せるSFアクションです。

スカーレット・ヨハンソン演じるルーシーは台湾に暮らすごく普通の女性。
ある日彼女はマフィアの新種ドラッグの闇取引に巻き込まれます。
アクシデントでドラッグが体内に入ってしまったルーシーの脳は異常に活性化し始めるんですね。


目的を果たすべく動き出すスカヨハと、ドラッグを奪還しようと追うマフィア。
ベッソンらしいカーアクションにアジア人マフィアのゴアがコラボし見せ場は押さえています。
ただ残念なのはそこにスリルが生まれないこと。
活性化したルーシーが強すぎて危機感がない(笑)
しかし、スカヨハはどこにでもいる普通の女の子から、超越な能力を獲得していくルーシーのそれぞれの過程を明確に演じTス。彼女の七変化も見所で、スカヨハじゃなかったらもっと退屈してたでしょう(笑)




科学を説明する役割を果たす脳学者モーガン・フリーマンも らしい役どころ。
マフィアのボスチェ・ミンシク、警察の アムール・ワケドなど男性陣も渋く活躍しています。

ルーシーの向かう先は超絶過ぎて、背景にある科学には興味を通り越して呆然。
ラストシーンにはポカーンとなりますが、これもベッソン流の美学かな。
近年多くのSFが科学の発展に危惧するものであるのに対し、科学の起源、可能性に迫る本作は
『トランセンデンス』と対極にある映画かもしれませんね。


余談ですが
ベッソンによると、彼は本作のアイディアを10年前に思いつき、学者と語りながら
科学的なプロットを構築してきたのだとか。
ただし、「人は脳の10%しか使ってない」というのは正確には証明されていないらしく
「人は全ニューロンの15%しか使っていない」という事実にアイディアを得たメタファーとのこと。
「嘘だけどそれが何か?映画なんだからいいじゃん」だそうです(笑)


【映画】『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』:スカヨハ宇宙人が怖い!
2014年07月18日 (金) | 編集 |


アンダー・ザ・スキン 種の捕食(2013)アメリカ
原題:Under the Skin 
監督:ジョナサン・グレイザー 
出演:スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・マクウィリアムズ/リンゼイ・テイラー・マッケイ
日本公開:2014/10/4
 夕闇のスコットランド。
美しいがミステリアスな女性(スカーレット・ヨハンソン)が、車を走らせながら何かを探している。
孤独な男を見つけては道を聞き、車に誘い込み・・・


スカーレット・ヨハンソンが宇宙人を演じるSFスリラーということで観てみました。




冒頭、大きな光がやがて目となり、次に妙な言葉が聴こえてくる
いつしかそれは発音練習へと変わり、地球への道すがら言葉を習得する。
地球では真っ裸のスカヨハが登場し、床に横たわった女性から服を脱がせて着る・・。
有名SF作品のオマージュと思われるこれら一連のシーンのあとは
人間を装ったスカヨハが孤独な男を誘惑しては獲物を処理していく という作品です。




いやぁ、なんというか、これめっちゃ変な映画だったわ。。
無表情でほとんど言葉を喋らないスカヨハがとにかく不気味でね。
それでも男たちは美しく肉感的なスカヨハにノコノコとついて行くんですよね。
とんでもない目に遭うとも知らずに。

アンダー・ザ・スキンというタイトルは、文字通り人間の皮を被った宇宙人を意味してると思うんですが
宇宙人が遭遇する男の中には、親切を装いながらスカヨハの身体を狙う者もいて
人は見かけだけで判断できないってことも言ってるのかなと思ったり。

それにしてもただならぬ雰囲気を漂わすスカヨハの不気味なこと。
車を運転するその表情だけで、「人間・・ちゃうよね」って思うもんなぁ。
人と接するうち彼女の中で何かが混乱し始める様子もうまい。

途中何度もバイクを走らす男が登場しどうやら宇宙人をサポートしてるようなんですが
彼は人間なのか何なのか、一切の説明もないので私たちは想像するしかないんですけどね。
お持ち帰りした獲物のその後を見せるシーンは怖がるべきなのか笑うべきなのか
おそらくはアートなのでしょう。
太鼓のような効果音も印象的で、夜見たら悪い夢見ると思います(笑)
ベッドでHしそうになるシーンのスカヨハが取った行動には爆笑だったけど
同時に戦慄も走るという、笑いとサスペンスが紙一重な描写はレフン監督に近いかな。
なんにしてもアートなホラーという印象でカルト臭漂いまくり。
それでも街には移民が溢れるスコットランドの社会情勢を垣間見えたり
浜辺で人が溺れるシーンがやたらリアリティがあったり
変な映画と片付けられない何かを感じさせる一本でした。





ジョセフ・ゴードン=レヴィット初監督作品『ドン・ジョン』
2013年11月05日 (火) | 編集 |



今日はジョセフ・ゴードン=レヴィット君の初監督作品『ドン・ジョン(原題)』
スカーレット・ヨハンソンがゴッサム賞の女優賞にノミネートされています。
ドン・ファン(2013)アメリカ
原題:Don Jon
監督:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/スカーレット・ヨハンソン/ジュリアン・ムーア/
日本公開:2014/3・15

ナンパにかけては失敗知らずのジョン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット )を友人たちはドンファンにかけてドン・ジョンと呼んでいる。しかしながらポルノ以上に満足を得ることが出来ないジョンは、今日も一人パソコンの前でお気に入りのサイトを開くのだった。そんなジョンに新たな出会いが。彼に春がやってくるのか?・・

ジョセフ君が脚本と監督を努める本作で、彼はなんと、ポルノ好きのセックス中毒青年を演じています。
友人、家族、車、筋トレ、アパート、教会、ナンパ、エロサイト !!
ジョンの熱中するものをテンポよい繰り返しで紹介する冒頭から掴みはOK

毎日エロサイトを覗いて一人Hしてしまうジョン。
このシーンもテンポよく繰り返し見せることで、いやらしさを感じさせない演出
同じくセックス中毒を描く『シェイム』は鬱々としたドラマだったけれど、本作は全般にライトで
ブラックな笑いを投入しつつも、ジョンの成長を見守る温かい視線を感じるのです。




感心したのは役者の使い方ですね。
ジョン自身ちょっと変な喋り方なんだけど、これがパパ似w
いい女に目がなくてヤンチャな面影を残すパパ、ジョンシニアが
ジョンの将来の姿だろうなぁと思わせる、監督ジョセフ君の細かいこだわりがたまらない。
台詞なしかと思ってた妹に、実にジョンを理解した発言させたり
ジョンの友人二人との関係など、登場人物のキャラを凄く丁寧に描いているのが印象的です。




共演はほかにスカーレット・ヨハンソンジュリアン・ムーア
スカヨハを意外な使い方をしてるのも楽しい。
奇をてらったテーマを選んだかなと思いきや、現代的な交流関係にありがちな問題に迫り
最後には映画のメッセージに温かい気持ちになりました。

劇場を出る際に観客の女性と目が合って、思わず「面白かったね~」
「初監督作品とは思えない、びっくりだよねぇ」などと言葉を交わしましたよ。
とってもチャーミングな一本で満足度高しです。 ジョセフ君グッジョブ!


トラックバック一覧

  1. 1. DVD:ドン・ジョン 現代性あるテーマをあえて書き監督し、そして自分で主演したレヴィットの株、急上昇!

    • [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
    • October 12, 2014 09:34
    • 俳優と思っていたジョセフ・ゴードン=レヴィット(写真:左)が、初監督。 演出は中々のレベル。 オープニングのシンプルなタイトルの見せ方といい、物語の進め方といい、堂に入っている。 そして驚きは、本人が書いた脚本! どんなネタかと思ってみれば... リア...





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。