映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『クリムゾン・タイド』
2014年11月14日 (金) | 編集 |



クリムゾン・タイド(1995)アメリカ
原題:Crimson Tide
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン/ ジーン・ハックマン/ ジョージ・ズンザ/ ヴィゴ・モーテンセン/ ジェームズ・ガンドルフィーニ/ マット・クレイヴン
クーデターが勃発しロシア情勢は一気に悪化、反乱軍が核施設を制圧した事で世界は第三次大戦の危機を迎えた。米海軍はベテランの艦長と新任の副長を乗せた原潜アラバマを派遣するが・・・。



ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー製作、トニー・スコットがメガホンをとった潜水艦ものです。
艦長にジーン・ハックマン、副艦長にデンゼル・ワシントン
実践豊富で叩き上げの艦長は、エリートで臆せず自分の意見を言うデンゼルさんを最初から警戒。

2人がまさしく水面下で溝を深める中、魚雷攻撃のダメージにより、軍からの指令を受ける通信システムが停止。ミサイル発射の指示が中途半端な状態で止まってしまい、その判断をめぐって2人が完全に対立。
核戦争に突入するかどうかの究極の選択をタイムリミット付きで見せるのだから面白くないわけないですよね。



とにかくハックマン、デンゼルさんのキャラが立ちまくりで、2人の対立に説得力があります。
ハックマン演じる艦長はそもそも黒人エリートのデンゼルさんが気に入らない。
長い間培われた差別精神は簡単には変わるもんではないでしょう。
馬にたとえて差別発言が飛び出したのには「えげつな!」で、両者が溝を深めていく過程がとにかくスリリングで面白い。しかし、人として完全でない艦の長が核ミサイル発射の権限を持つというのには恐怖を感じましたね。
アメリカには赤い州と青い州があるのはご存知でしょう。
コンサバな共和党派が赤、リベラルな民主党派が青
ハックマン派が赤、デンゼルさん側が青のキャップをかぶるシーンは象徴的でした。
ヴィゴやギャンドルちゃんはじめ豪華な共演者たちも、それぞれ究極の判断を迫られる状況を手堅く演じてました。

頑固な指導者が似合いすぎるハックマンですが、本作は彼を必ずしも悪役に描いていないのもいい。
デンゼルさんとて、ときには非情な判断をせざるを得ない。
長い間現場を指揮するハックマン艦長が国を守るという使命感のもと、独裁的になっていっただろうことも容易に想像できますから。
軍記破りのペット持込みなどやりたい放題だけど、ワンちゃんがハックマン大好きだったもんね。
動物に好かれる人に悪い人はいないはず。
ラストシーンの後ろ姿に一抹の寂しさは感じるものの、わんことの穏やかな暮らしを想像して少しホッとした。

私の平和ボケのせいか、核戦争勃発の危機をイメージし難くかったという印象ではあるものの、人間を主体としたサスペンスとして見ごたえありました。