映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】マッド・マックス 怒りのデス・ロード
2015年05月21日 (木) | 編集 |


マッド・マックス 怒りのデス・ロード(2015)オーストラリア
原題:Mad Max :Fury Road
日本公開:2015/6/20
作品情報

あらすじ
石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は、愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、民衆を支配するジョーの軍団に捕えられ・・
トレーラー       

感想

ご存知『マッド・マックス』シリーズの第4弾です。
前作から30年も経ってるのにジョージ・ミラー監督の狂気は健在・・
どころかよりクレージーでカオスな世界感を楽しめる作品に仕上がっています!!

まず凄いのはノンストップの超絶アクション。
ロードムービーにつきほぼカーアクションなんですが、壮絶なのに美しくその迫力に息をするのも忘れるほど。車の造形も特筆すべきで、懐かしい車を改したようなものから、ウニだかハリセンボンっぽいものまでユニークなフォルムを楽しめるのも車ファンには嬉しいでしょ。車上で火を吹くエレキギターを弾きまくるパンクな野郎もいたりして、まぁほんとクレイジーですから。
 


そして今回マックスを演じるのは大好きなトム・ハーディ
ハーディ演じるマックスは無法者の暴走族に妻子を殺された元警官というギブソ@マックスの背景を引き継いでるんですが、マックスはシャーリーズ・セロン演じる女戦士らと半ばなりゆきで逃亡する。
しかし、全てのものと訣別したドライな一匹狼のマックスが、女たちと車を走らせるうち、次第に「守る心」みたいなのを取り戻していく。命知らずで寡黙なのにちらりと優しさを覗かせる、トムハの魅力全開でした。
監督は2009年にトムハを見初めたと言うからお目が高い。
シャーリーズ、ニコラス・ホルトをキャスティングするセンスにも脱帽。


日本公開前なので細かく書きませんけど資源が枯渇し、法も情けも存在しない荒廃した近未来で、希望を求め命をかける人々の姿に興奮し感動する。
単なるアクション映画に終わっていない超絶面白い映画でした!!
 冒頭で時代やマックスの背景は軽く紹介されるので、前作を観ていなくても支障ないですが、オマージュを楽しめるという点で「1」「2」は再見して臨むといいかも。  

関係ないけど、ハーディのインタビューを見るとスタントを同席させてるんですよね。
双子のギャングを演じる新作『レジェンド』のインタビューでもボディ・ダブルの役者を同席させている。そういうところトムハのいいところだよね。

トラックバックされた記事

 
マッドマックス 怒りのデスロード

【概略】 石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックスは愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ、全身白塗りの男ニュークスと共に自由への逃走を開始する。 アクション 映画館鑑賞。 ヤバイ!すげぇ面白い!!…とりあえず問答無用に雄たけびをあげたくなる。ヒャッハーー!!! マックス役にトム・ハーディ。共演にシャーリーズ・セロン、ニコラス・ 

2015/7/24(金) 午前 8:08 [ いやいやえん ]