映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】マネーモンスター
2016年09月20日 (火) | 編集 |
6771_5033.jpg
 
マネーモンスター(2016 アメリカ
原題:Money Monster
監督:ジョディ・フォスター
脚本:ジェイミー・リンデン  / アラン・ディ・フィオーレ/ ジム・カウフ
出演:ジョージ・クルーニー
 ジュリア・ロバーツ/ ジャック・オコンネル/ ドミニク・ウェスト / カトリーナ・バルフ

感想

Richard-MoneyMonster-1200x630-1463152794.jpg
人気司会者リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)の軽妙なトークがウリの投資情報番組“マネーモンスター”放送中、銃を持った若者が番組に乱入。ゲイツが番組で推奨したアイビス社の株に投資して全財産を失ったと主張する青年カイル(ジャック・オコンネル)は株の暴落はコンピューターのグリッチ(プログラミング・バグ)だとするアイビス社に納得せず、ちゃんとした説明を求めています。
MoneyMonsterpic-600x300.jpg
警察が収録スタジオを包囲する中、爆弾を体につけられたゲイルは無事救出されるのか
番組ディレクター、パティ(ジュリア・ロバーツ)の采配は 

money-monster-review.jpg
最近はテレビドラマも手掛けているジョディ・フォスターの映画としては4作目の作品です。
『マネー・ショート』がちんぷんかんぷんだったので、本作も劇場を見送ってしまったんですが、今回は「英国男優50人斬り」のジャック・オコンネル目当てで鑑賞。
金融音痴の私でも十分楽しめる作品になってました。

この映画、ジャック演じるカイルの求めに応じ、同じく納得のいかないゲイツがアイビス社に説明を求め、同時進行で
番組スタッフがアイビス社の調査をします。

以下少々ネタバレ気味に書いているので未見の方はご注意ください。

[READ MORE...]
【映画】『へイル、シーザー!』ザ・50年代!
2016年02月18日 (木) | 編集 |
hail-caesar-quad.jpg

ヘイル、シーザー!(2016)アメリカ

原題:Hail, Caesar!
監督/脚本:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
出演:
ジョシュ・ブローリン/ ジョージ・クルーニー/ オールデン・エアエンライク/ レイフ・ファインズ / ジョナ・ヒル / スカーレット・ヨハンソン/ フランシス・マクドーマンド/ ティルダ・スウィントン/ チャニング・テイタム
日本公開:2016/5/13 

 【あらすじ
1951年、ハリウッドの映画会社で映画「ヘイル、シーザー!」撮影中、世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)が誘拐される。スタジオのフィクサー(ジョシュ・ブローリン)が解決に奔走するが・・


【感想
コーエン兄弟の新作、1951年のハリウッドのスタジオを舞台にしたコメディです。

タイトルの『ヘイル、シーザー!』はクルーニー扮する大スターウィットロックを主演とした劇中映画のタイトル。
この撮影中にウィットロックが誘拐され、さぁ大変という話ですね。

でもこれ、映画サイトにあるように「個性的なスターたちを巻き込んで難事件に挑む!」みたいなものを期待すると
裏切られるし、トレーラーのノリも違う。

映画はあくまで、ジョシュ・ブローリン演じるスタジオのフィクサーの一日を描くもの。
エディ・マニックスというのは40年代から50年代にかけて実際にハリウッドでフィクサーとして活躍した人物らしいんですが
50年代はハリウッド黄金時代の中でも後期にあたり、
テレビの普及に伴って映画業界自体が勢いをそがれる時代に入ってくるので
人々の夢を夢で有らしめるために、スターのゴシップをもみ消したり、フィクサーの仕事は大変だったんでしょう。
そんなマニックスの一日に注目した本作は、50年代のハリウッドにタイムスリップする作品になっています。


 Hail-Caesar-(2016)-poster.jpg


スタジアムでは5つの映画が制作されていて、ウエスタンからミュージカル、歴史モノに至るまで色んなジャンルを一気観できるのはMGMスタジオの見学ツアーに連れて行ってもらった気分になるし、ノワールな雰囲気に合わせた音楽や撮影など、コーエン兄弟の力量も感じられます。
この時代に詳しいと、水兵姿で踊るチャニング・テイタムや、西部劇の オールデン・エアエンライク、人魚コスチュームのスカヨハなどが誰をモデルにしてるとかも分かるでしょうからそういう楽しみ方も出来る。
でも、私もそうだけど50年代に疎いと楽しみ方も半減になるかな。
あと、この映画が問題なのはそれぞれが単発的で、誘拐事件とうまく絡んでこないこと。
あくまでも誘拐事件は時代を象徴する一つのモチーフと考えるべきでしょうね。

もう一つ言うと、主役であるブローリンも、冒頭から教会で懺悔してたりして、
彼なりに悩みを抱え込んではいるんだけどそれが観客に悩みとして伝わらない。
彼の心情を観客が共感できないから面白くなっていかないのが残念なところでした。




img5.jpg 


豪華キャストで目を引くのはタップダンスや歌まで披露して芸達者なところを見せてくれたチャニング・テイタム
50年代ハリウッド女優の喋りを見事に再現したスカーレット・ヨハンソン
そして一番美味しいところを持っていったのが、目を見張るカウボーイ・アクションを見せてくれたたオールデン・エアエンライク。アクションはいいけど実は大根という設定で、監督役の レイフ・ファインズとのやり取りは笑えた。


the-first-official-trailer-for-the-star-studded-film-hail-caesar-660505.jpg 


マイケル・ガンボンがナレーターというのもミソで、50年代を感じる映画でしたね。
私は少々退屈して寝てしまったところもあったけどwテクニカルな面など、玄人ほど楽しめる作品かもです。



ブログパーツ

【映画】トゥモローランド
2015年06月11日 (木) | 編集 |



トゥモローランド(2015)アメリカ
原題:Tomorrowland
監督:ブラッド・バード
日本公開中
あらすじ
1964年、少年発明家のフランクはニューヨーク万博の会場で開催された発明コンテストに作品を持ち込むがあえなく却下。しかし謎の少女の導きでトゥモローランドに足を踏み入れる。
2014年、17歳のケイシーは、自分の荷物の中に見慣れぬピンバッジを見つけるが、そのピンバッジに触れた途端、彼女はたちまち未知なる世界へ紛れ込んでしまう・・ 

感想
賛否両論らしいので興味をもって観てきました。
本作はディズニーランドにある“トゥモローランド”が、ウォルト・ディズニーの夢を隠すカモフラージュだった!?という考えにヒントを得て作られたSFアドベンチャーです。
監督は『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のブラッド・バード



謎の少女に導かれ未知の世界に紛れ込んだ17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)。
タイムアウトで現実の世界に引き戻されたケイシーですが、どうしてももう一度そこに行きたい。しかしアテナと名乗るその少女は中年発明家のフランク・ウォーカー(ジョージ・クルーニー)を連れて来たらねと条件を出す。そのフランクこそがかつてトゥモローランドを訪れていた11歳の少年の大人になった姿だった。

ということで、映画は、理想に燃える17歳のケイシーがフランクを説得してトゥモローランドを目指すという話になるんですが、二人は謎の敵に襲われたりしてこれが結構なアドベンチャー。

お金をかけているらしいSFアクションはそれなりに迫力で、80年代、90年代風味も手伝って楽しめます。
ただ肝心な「トゥモローランド」の実態がわかりにくいやね。
映画の中ではエジソンなどの発明家や著名な建築家などがリクルートされ、理想郷を作り出そうとしていたと説明されるトゥモローランド。
それ自体はワクワクするんですが、でも未来とも違うこのパラレルワールドが現実の世界とどう繋がるのかがピンとこず、気持ち的に宙ぶらりんになりながらの鑑賞になりました。


全体的に説明が少ないのはわざとなのかなぁ。
途中かなり想像力を働かせ、穴を埋めながら観なくちゃいけない。
結局全ての謎が解決はしない(私の理解力によるのかも)んですが、最後にはそれでもいいかと思えるんだからいいか(笑)

その昔、未来はいつだって理想が形になる夢の世界だった。
しかし、かつての構想が現実のものとなった今、果たして世界は「理想郷」となり得たか。否。
近年の日本を例にとっても、ドローン少年はじめ、インターネットが生み出した新しい人間関係や犯罪が問題になっています。開発者はそんな副産物など望んではいなかったでしょう。
地球温暖化しかり。
地球はあと何年その命を持続する事が出来るんだろうか。
そんなことを現実として考えざるを得ない状況。

でも未来を諦めてしまっていいの?
今何かすることはないの?と問いかける。
究極な楽観主義とも思えるけれど、夢を諦めない 
ディズニーの原点に立ち返り子供たちに希望を託す映画でした。

ラフィー・キャシディ演じる謎の少女アテナの存在感が良かったね。
クルーニー演じるフランクの長い間秘めた想いにはウルっとした。








ゼロ・グラビティ
2013年10月06日 (日) | 編集 |



もしも無重力空間に取り残されたら・・・
漆黒の宇宙空間を舞台に、地球生還にかけるクルーの壮絶な闘いを描く『ゼロ・グラビティ』
監督は『トゥモロー・ワールド』のアルフォンソ・キュアロン
まさに絶品中の絶品でした!!
ゼロ・グラビティ(2013)アメリカ
原題:Gravity
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー
日本公開:2013/12/13
地球から60万メートル上空。そこで、誰もが予測しなかった宇宙ゴミによる突発事故が発生。スペース・シャトルの船外ミッションを遂行していたメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)は、宇宙の無重力空間≪ゼロ・グラビティ≫に放り出されてしまう。(ウィキより)

予告を観て以来心待ちにしていたのだけど、期待を上回る素晴らしさでした。



出演者はジョージ・クルーニー、サンドラ・ブロックのほぼ二人。
このベテラン二人が、「死」以外にオプションがないと思われる宇宙空間から
地上への帰還を果すべく、あらゆる力を尽くすわけです。
次々に襲い掛かる難関に息をするのも忘れてしまう
しかし、宇宙空間からの美しい地球の映像や、ユーモアを忘れないクルーニーの存在など
癒しとなるシークエンスが差し込まれ、壮絶なスリラーとのバランスも絶妙。
そしてなによりも、生きようとする人の力強さと地球への郷愁に心まるごと持っていかれるのです。




はじめ、キャストにはナタリー・ポートマンや、ロバート・ダウニーJRが予定されていたようだけどクルーニー、サンドラのコンビで完璧だったと思う。
特にサンドラは最高の演技で、彼女のしなやかな強さにとてつもなく感動させられる。
彼女が宇宙服を脱ぐ瞬間、人間の身体ってなんて美しいんだと思えるんですよね。
さりげないユーモアを表現できるのも彼女ならでは。
某シーンでは『ウォーリー』を髣髴とさせ思わず吹き出しそうになったれど
地球への郷愁という同じテーマを持つ『ウォーリー』へのオマージュがあってもおかしくない。

この宇宙空間の映像は、「ライトボックス」と呼ばれる空間の中での撮影だったよう。
撮影方法について監督のインタビューを聞いてみたのだけど、素人には技術的なものは分かりません。
けれど、本作が映像革命であることは疑う余地がなく、監督のアルフォンソ・キュアロンは天才ですね。

今回IMAX3Dを選んだのは正解。
映像の美しさは勿論のこと、衝撃がじかに伝わる臨場感も抜群でした。
久々に飛んでくる障害物を避けようと身をかわしててしまったしw

宇宙から見る地球の夜明けの映像には言葉を失います。
地球ってこんなにも美しく愛おしいと思わずにいられない。
最高です。オスカー一番乗り間違いないでしょ。

エンドロールでNASAのコントローラーの声がエド・ハリスだったのを知って、ほっこり。





スーパー・チューズデー 正義を売った日
2012年03月07日 (水) | 編集 |


スーパー・チューズデー 正義を売った日
2011(米)
原題:The Ides of March

監督:ジョージ・クルーニー
出演:ライアン・ゴズリング 
    ジョージ・クルーニー 
    フィリップ・シーモア・ホフマン 
    ポール・ジアマッティ 
    マリサ・トメイ 
    ジェフリー・ライト 
    エヴァン・レイチェル・ウッド
【ストーリー】
マイク・モリス知事の大統領選挙キャンペーンチームで働くスティーブンは、オハイオ州予備選討論会の後、対立候補陣営から密会を持ちかけられ……。(映画.comより)

今日(3/6)はスーパーチューズデーでした!ってことで、この作品の紹介を。

ジョージ・クルーニーが監督、共同脚本を務めたポリティカルサスペンス。
2004年の民主党大統領予備選挙に立候補したハワード・ディーンの選挙スタッフが
選挙戦の裏話に着想を得て書いた戯曲の映画化だそうです。
 

クルーニー演じるペンシルバニア知事モリスは大統領予備選挙のキャンペーンのさなか
勝利の鍵を握るオハイオ州の獲得に向けスタッフ一同総力をあげている
ランアン演じるマイヤーズは、期待の若き実力派
カリスマ性のあるモリス(クルーニー)を信奉し、彼の勝利を信じている
しかしマイヤーズは、選挙戦中に起こるさまざまなことに、その信念を揺るがされることに。
映画は政治の理想と現実のギャップをライアンの視線で描き出します。
 
マイヤーズ役には当初、ディカプリオという話もあったそうだけど、
ライアンで正解だったと思いますね。
自分の信じることに突き進んできたマイヤーズが、理想とするものを失うわけです。
彼の感じる憤りは、他人に向けられる以上に、自分自身に向けらたのではないか。
ライアンのどこか陰湿&ナルシスト的な要素が、
マイヤーズの葛藤を複雑にしているのがよかった。
  
クルーニーはカリスマ性のある大統領候補を好演。
自分についてこいオーラをもった人ですよね。
自身の監督作品で、ちょっぴりダークな一面を覗かせているのも新たな挑戦でしょう。
 
政治のプロが繰り広げる、狸のだまし合い的主導権争いやひねりの効いたサスペンスなど
社会派クルーニーが暴く、選挙戦の裏側をお楽しみあれ。

ちなみに本物の予備選挙、スーパーチューズデーの本日、
オハイオ州で勝利を収めたのはロムニー氏でした゜+.(・∀・).+゜
 
日本公開は3/31~