映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】COP CAR コップ・カー
2016年04月25日 (月) | 編集 |
tumblr_nsb3jws1co1tzkv3ko1_1280.jpg


COP CAR コップ・カー
(2015)アメリカ
原題:Cop Car
監督:ジョン・ワッツ
脚本:ジョン・ワッツ/クリストファー・フォード
出演:ケヴィン・ベーコン/  ジェームズ・フリードソン=ジャクソン/ ヘイズ・ウェルフォード/ カムリン・マンハイム / シェー・ウィガム 
  
 【あらすじ
荒野でパトカーを盗んだ家出中の悪ガキ二人組。
それが悪徳警官のパトカーだったからさぁ大変!

【感想
冒頭から卑しい言葉を言い合って遊ぶ家出中らしき男の子二人
なんだかわざわざ悪ぶってる感がある二人は、やがてやがて無人のパトカーを見つける。
盗んで逃走したら持ち主の保安官に追いかけられたというお話です。
copcarthumb-1432833060394_1280w.jpg
時間を巻き戻し、パトカーの主がケヴィン・ベーコンさんだとわかるのが嬉しいw
しかも「あなた何やってんの?」なご登場(笑)

何が何でもパトカーを取り戻さなければならないベーコンさんが悪人顔を引きつらせ
子供相手に苦戦する様子がおかしくてね。
必死で荒野を走る姿を引きで撮るシーンには緩い笑いがこみ上げたわ。



cop_car_03.jpg  
しかし本作の主人公はむしろ子供たち二人でしょうね。
片っ方が運動神経もちょっと上で、その子に見下されたくなくてトロい方も無理して頑張るといった
男の子の世界観がうまく描かれてますね。
無知な子供故に観ているこちらがハラハラすることも多く、サスペンスフルな犯罪ものに
子供たちのアドベンチャーがうまく絡み合って飽きさせません。

緊張とユーモアが程よくミックスされ、無慈悲な描写でさえちょっと笑えるのはコーエン作品にも通じるところ。
最初はいかにもへたっぴーに思えた子供たちも、次第に演技にすごみが増し映画の中の二人同様に成長して見えた。
無謀な冒険には「痛み」が伴う。ちょっぴり苦い青春ものでもありました。

監督のジョン・ワッツは『スパイダーマン』シリーズの新作を任せられた期待の新鋭とのこと。
どんなスパイダーマンを見せてくれるのかも楽しみですね。


ブログパーツ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。