映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捜索者
2012年04月30日 (月) | 編集 |

日本のみなさま、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
我が家は先週から旦那が出張になっちゃって、こんないい季節だというのに5月もまるまる独身(汗)
ダル君も観に行きたかったのになぁ。
ま、この機会にこれまで観たいと思ってた映画を観ることにします。
まずはジョン・フォード作品、アメリカの西部劇の最高峰と言われる『捜索者』を観ました。


blog_import_566b9d6ce7f01.jpeg 

捜索者
1956年(アメリカ)
原題:The Searchers
監督:ジョン・フォード
出演:ジョン・ウェインジェフリー・ハンターナタリー・ウッドウォード・ボンドベラ・マイルズ
【ストーリー】
南北戦争の3年後、イーサン・エドワーズは放浪の末に兄の家に帰ってきた。久しぶりの再会を喜ぶのもつかの間、彼の留守中に兄一家がコマンチ族に襲われ虐殺されてしまい、末娘のデビーだけが殺されずに連れ去られていた。イーサンは、インディアンの混血青年マーチンとともにコマンチ追跡の果てしない捜索行に出発する。何年もの間、二人はインディアンの居留地を捜し続け、ついにデビーを発見するが……。(映画.comより)


 西部劇にもとんと疎いもので、ジョン・ウェインをちゃんと観てるのも、
コーエン作品のオリジナル『勇気ある追跡』くらい。
彼はジョン・フォード作品の看板役者と言われる人だったんですね。

 さて、本作は二人のコンビものとしては、やや異色なようで
英雄的なイメージの強いジョン・ウェインは、ここではインディアンを深く憎む復讐の鬼を演じています。

 捜索者とは、簡単に言えば、コマンチ族にさらわれた2人の姪を探す人たち。
インディアンとの混血青年マーチンと、5年以上の年月をかけ、
生きているかもわからない姪を探すんですね。

ジョン・ウェイン演じるイーサンには妻子はなく、
南北戦争終了後も放浪していたような孤独な男。
ようやく兄一家のところに戻ってきた矢先の一家惨殺。
唯一の心の拠り所を奪われたイーサンの憎しみは大きく、誰も彼をとめることはできない。
ジョン・ウェインは観客の感情移入を許さないほどに、鉄の男ぶりを発揮します。
 しかし、インディアンを一方的に悪者とする描き方は、今観れば違和感を感じるところ。
古いタイプの西部劇の代表なのかもしれませんね。

それでも、復讐劇に彩られたハードな西部劇かと思いきや、ユーモラスなシーンも多々あって
コマンチ族以外のインディアンとの交流では笑わせてくれます。
結婚式の風景など、当時の文化を織り込んだ映像もカラフルで、これが凄く楽しい。
blog_import_566b9d6eb014b.jpeg 



 特筆すべきはモニュメントバレーを舞台にした雄大な映像の美しさでしょうね。
私も一度だけ訪れたことがあるけど、
オレンジの砂を映してか、モニュメントバレーの雲はうっすらとピンク色を帯び
青空とのコントラストも美しいんですね。夕陽のシーンや逆光を利用した映像も絶品。

blog_import_566b9d702cafb.png blog_import_566b9d72aa15e.png


 イーサンが姪のデビーを連れて帰るラストシーンは感動でもあるけれど
同時に彼の孤独も浮き彫りになる。
 過酷な時代を生きるアンチヒーロー、イーサンが次に求めるものは何なのか。
彼は永遠の捜索者なのかもしれない と余韻に浸りました。

★★★★☆


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。