映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリミナル・ミッション
2016年09月07日 (水) | 編集 |

Criminal-Activities-2015-poster-e1448438788106.jpg
 

クリミナル・ミッション(2015 アメリカ
原題:Criminal Activities
監督:ジャッキー・アール・ヘイリー
出演:マイケル・ピット/
 ダン・スティーヴンス/ クリストファー・アボット/ ロブ・ブラウン/ エディ・ガテギ/ ジャッキー・アール・ヘイリー/ ジョン・トラヴォルタ

【あらすじ
高校時代の友人が急死したことをきっかけに再会した4人の男たち。彼らは裏情報を基に株で大儲けしようとマフィアのエディから資金を借りるが、結果は惨敗。返済不能に陥った4人は、借金を帳消しにする代わりにエディからある仕事を命じられる。それは、エディの敵対組織の甥を拉致して一晩だけ監禁するというものだった。

【感想

個性派俳優ジャッキー・アール・ヘイリーが初監督に挑んだクライム・サスペンスです。

「英国男優50人斬り」9人目はダン・スティーヴンス
同級生の間でなぜか浮いた存在のクルクルパーマのノアを演じてます。

ノアが持ち掛けた株取引は大失敗。しかも出資金はマフィアの金だったということで4人は期せぬトラブルに巻き込まれてしまうんですね。
マフィアの若手マルキスを誘拐監禁するいうミッションが遂行されるも、ノアの失態で身に危険を感じ始める同級生たち。それぞれ抱える問題を垣間見せつつ、事件の本当の目的が明かされるという形で、大どんでん返しを見せる演出です。

もうね、こんな風だったら面白いだろ、スタイリッシュだろ、どんでん返しスゲーだろっていう
いかにも俳優の初監督作品といった感じでしたね。
edi-gathegi-and-dan-stevens-CRIMINAL-ACTIVITIES.jpg
素人集団がマフィアを誘拐するというアイディアはいいし、面白いんですよ。
マルキスを演じる エディ・ガテギも抜群の存在感を放ってまして
腐っても鯛、縛られていてもマフィア。
鋭い推理で犯行の裏を暴き、素人4人を震え上がらせる様が痛快です。

マフィアなのに健康オタクというトラヴォルタの設定も楽しいし、前半は会話にも笑えたんですが
途中から笑えなくなってしまう。どう考えても色々詰め込みすぎで疲れてしまった。
同級生の背景はまだしも、登場人物あれこれのエピソードまで入れてごちゃごっちゃ
ジャッキー・アール・ヘイリー自身もエディのボディガードの一人を演じてるんだけど、その幼少時代の話とかいる?
untitled.png
「面白そうな話」を色々入れ込むから「伏線」と「はったり」の区別もつきにくく
どんでん返しの効果が半減するという悪い例だったような気がする。
ガイリッチーやタランティーノの線を狙ったのかもだけど、そもそもガイリッチー派でない私としては
もう少しシンプルなものを楽しみたかったというのが本音ですね。

ダン・スティーヴンスが色んな顔を見せてくれたのは思わぬ儲けもの。
結局主役だったんじゃない?
久しぶりに観たマイケル・ピットもよかった。



ブログパーツ



















[READ MORE...]
キリングゲーム
2013年12月13日 (金) | 編集 |



デ・ニーロVSトラヴォルタが死闘を繰り広げるアクション・スリラーな一編です。
キリングゲーム(2013)アメリカ
原題:Killing Season
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演:ジョン・トラヴォルタ/ロバート・デ・ニーロ/マイロ・ヴィンティミリア/エリザベス・オリン
日本公開:2014/1・11
デ・ニーロとトラヴォルタは意外なことにこれが初顔合わせだそう。
そもそもは『ダイハード』のジョン・マクティアナン監督でニコラス・ケイジとトラヴォルタの『フェイス/オフ』対決再びを意図した企画だったようですが、ニコラスの代わりにデ・ニーロ、監督も『デアデビル』『ゴーストライダー』のマーク・スティーヴン・ジョンソンを迎え、ようやく製作されたのだとか。



 本作でトラヴォルタが演じるのはセルビア人のエミール・コヴァック。ボスニア戦争を経験した彼は18年来の恨みを果そうとアメリカにやってくる。その標的となるのが、デ・ニーロ演じる退役軍人のフォード。
ロッキー山脈のふもとを舞台にコヴァックのハンティングが始まるというわけ。フリードキンの『ハンテッド』を思い出しました。

 面白いのは、心と体に戦争の傷を抱えたフォードにも徐々に戦闘の勘が蘇り、ヨボヨボかと思ったデ・ニーロがトラヴォルタと互角に戦う点です。知力を駆使した戦術を繰り出してくるため飽きさせません。しかしながら、気の毒になるほど痛い目に遭うので、見ていて非常につらい。しかも交互に繰り出す拷問がグロくて痛いんですよw勿論この残酷な死闘を満喫するのが本作の楽しみかたなんですけどね。

 逆に言うとドラマとしては物足りない。そもそもセルビア人兵士がNATOの個人に18年間も恨みを抱き続けることにも説得力を欠くし、おまけにトラヴォルタのセルビア人訛りが妙(笑)
お手本にしたのはサシャ・バロン・コーエン?と、つい笑っちゃう。




 それでも、デ・ニーロ、トラヴォルタがほぼ出ずっぱりで頑張ってるんですから、演技で映画の質を引き上げていることは間違いなし。特に心と体に戦争の傷を持つデニーロ・ニーロの繊細な演技は秀逸で、手先の器用さに百戦錬磨の戦士の一端を垣間見せるところも凄い。彼がようやく戦争のトラウマに終止符を打つというプロットもいいのだけど、そこを分析して表現しようとしても出来ないのは、私のボスニア戦争への知識の浅さか。それとやっぱり描き方の浅さゆえもあるでしょうね。ホッコリするからだまされるけど流れに説得力がなかった。

ともあれ、お二人、特にデ・ニーロには心からお疲れさまでしたと言いたいですね。 
自然美溢れるロケーションと音楽は美しかった。


過ぎゆく夏
2012年11月28日 (水) | 編集 |



今日の美女はへザー・グレアム!!
『過ぎゆく夏』で、キュートなへザーちゃんを堪能しました。





過ぎゆく夏
1991年(アメリカ)
原題:Shout
監督:ジェフリー・ホーナデイ
出演:ジェームズ・ウォルターズ、 ヘザー・グレアム、 ジョン・トラヴォルタ、 リチャード・ジョーダン  
  


1950年代半ばのテキサス。ベネディクト少年院では厳格な院長のもと少年たちはがんじがらめに管理されていた。ある夏の日、新任の音楽教師ジャック・ケイブ(ジョン・トラヴォルタ)がブラスバンドの指導にやってくる。

50年代のテキサの更生施設を舞台に、ロックに魅了され初めての恋を経験する
少年たちのひと夏を描く青春映画です。
ジェシー(ジェームズ・ウォルターズ)は少年院の厳しい管理に反撥する問題児
彼は夏休みに帰省した院長の娘サラに恋心を抱きます。
サラを演じるのが22歳のへザーちゃん。
大きな瞳がお人形さんみたいに可愛いくて可憐です。

ジェシーは院のブラスバンド部にも所属していて、メンバーたちと独立記念日の演奏の練習をしているのだけど、これがチンタラとして拉致があかない。見かねた院長が音楽指導に雇うのがジョン・トラヴォルタ演じるジャックで大のロック好き。

50年代、まだロックは不良の音楽とされていた頃、
ジャックにより紹介されたロックの音とリズムに少年たちはたちまち魅了されていきます。
『バック・トゥー・ザ・フューチャー』で初めてロックを聴いた若者たちが
ダンスホールでノリノリに踊りまくるシーンがあったけれど、それと同じ感覚でしょう。
壊れたラジオを修理して初めてラジオを聴くシーンの少年たちの衝撃と興奮。
院を抜け出して忍び込んだダンスホールでの黒人によるジャジーな演奏と躍動感溢れるダンスの素晴らしいこと。見るものも少年たちと一緒にロックの魅力に取り付かれていくんですよね~。

ジョン・トラヴォルタ演じる音楽教師は、ある過去を背負っている男。
ダークな側面も見せながら、教師と少年たちが互いに過去や将来に向き合うことを
学んでいくという描き方も意外性があって良かった。

テキサスの風景や動物たちなど、雄大な自然を見せる映像が秀逸で
ロックを堪能し、若者の成長に心が洗われる素晴らしい映画です。
でも『パルプフィクション』前で不遇のトラヴォルタはこの演技でラジー賞受賞。
歌やダンスも披露してくれて嬉しかったし、納得いかないなぁ。
しかもこれ日本でもDVDになってないのは不思議。

再評価されるべき隠れた名作だと思います。
トレーラーも探せなかったのでラストシーンを見れる動画貼っておきます。
可愛いへザーちゃんもチェックしてね。



★★★★☆