映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】バレー・オブ・バイオレンス
2017年06月30日 (金) | 編集 |
 
inavalleyofposter.jpg
バレー・オブ・バイオレンス(2016)アメリカ
原題:In a Valley of Violence
監督/脚本:タイ・ウェスト
出演:イーサン・ホーク/ジョン・トラヴォルタ/タイッサ・ファーミガ/ジェームズ・ランソン/カレン・ギラン
【あらすじ】
愛犬と共に荒野を旅する男ポール。「バレー・オブ・バイオレンス」と呼ばれる町デントンに流れ着いた彼は、些細なことから悪徳保安官補佐ギリーとトラブルになり町を出るが・・・


【感想】
久々の映画記事です。

これ、主演のイーサン・ホークが『マグニフィセント・セブン』のインタビュー動画でグッドナイト・ロビショーとの役柄の類似性を指摘していて気になっていたんですよね。

INAVALLEY-master768.jpg


今回イーサン演じるは、愛犬アビーと荒野を旅する流れ者ポール。
水を求め訪れたデントンはバレー・オブ・バイオレンスと呼ばれる暴力に満ちた街
アビーとポールは街を牛耳る保安官の息子とのトラブルから、ここである危機を迎えるという話。


前述したように、イーサンの役柄はグッドナイト・ロビショーに通じるところがあって
『マグニフィセント~』では傷ついた心を癒す存在がビョンホン演じるビリーだったのに対し
本作では犬のアビーがその役割を担っています。

冒頭のシークエンスだけでも愛犬との絶大な信頼関係がうかがえる演出。
とにかくイーサンとワンコとのコンビが最高なの。

jumpy.jpg
お風呂に入るアビーかわゆす


タイ・ウェストの監督作品は『イン・キーパーズ』しか観てなかったけど
ホラーだけでなくこういうウェスタンも撮るのだなと、ちょっとビックリ。
タイトルバックがもろセルジオ・レオーネで、監督がマカロニ風を狙ったのは間違いないところでしょう。
in-a-valley-of-violence-2016-movie-poster.jpg


保安官(ジョン・トラボルタ)の息子ギリ―(ジェームズ・ランソン)とその仲間たちVSポールという構造で、それなりのスリルを見せてくれるし、イーサン、トラボルタのうまさもあって結構笑えるエンタメ性も。
inavalleytora.jpg

宿を営む美人姉妹の妹にタイッサ・ファーミガ
生き延びるために力のある男に頼る姉に対し、タイッサは街を出ることに希望を持ち続ける強い女性を熱演。
イーサンと恋人のような親子のような関係を気づいていくのも微笑ましい。
in-a-valley-of-violence-2016-ethan-hawke-taissa-farmiga.jpg
日本ではDVDスルーになったらしいので機会があればどうぞ。
『ジョン・ウィック』に通じるところもあって面白いですよ。



ブログパーツ


【映画】グリース
2013年07月14日 (日) | 編集 |




みんな「懐かしい~!」と思うでしょうけど、ちゃんと観てなかった私はほぼ初見です(笑)
グリース(1978)アメリカ
原題:Grease
監督:ランザル・クレイザー
出演:ジョン・トラボルタ/オリヴィァ・ニュートンジョン/ジェフ・コナウェイ/ストッカード・チャニング
日本公開:
 サマー・バケーションで知り合ったダニー(ジョン・トラボルタ)とサンディ(オリヴィア・ニュートンジョン
バケーションの終わりとともにひと夏の恋を思い出にすべく別れるが
父親の仕事の都合で、サンディはなんとダニーと同じ高校に通うことに。
そうとも知らず偶然学校で再会した二人。
しかし不良グループを率いるダニーは、仲間の手前、ツッパった態度でサンディを失望させる・・・

元は舞台という作品を『サタディ・ナイト・フィーバー』でブレイクしたトラボルタと、ポップス界の人気者オリヴィア・ニュートンジョン主演で映画に、若者の恋の悩みや成長を描く学園モノミュージカルです。



タイトルのグリースは、勿論リーゼントを決める整髪料のこと。
舞台となる50年代というのは、音楽やダンスもロカビリー調から、ロックンロールへと変わっていく時期かな。
当時30歳のオリヴィアの高校生役というのはちょっときついものがあったけど
リーゼントで髪を固め、キレのいいダンスで腰を振り、甘い歌声を聴かせてくれるトラボルタはさすがに時代の寵児と思うところ。
青春モノに付き物のカーレースは迫力に欠けるし、今見ると色々に時代は感じるものの、
ミュージカルシーンははちゃめちゃに楽しいし、恋や夢や友人関係など、高校生なりの悩みを乗り越えてそれぞれがあるべきところに落ち着く様子が爽やかでした。

終盤のオリヴィアの変身には思わず「おーーっ!」ってなっちゃうよね。
歩み寄りも大事だけど、どうせなら自然体でありたいし、一緒に楽しめればそれが最高。

こんなミュージカルなら好きですよ。

ちなみに、お二人は昨年暮れにデュオクリスマスアルバムをリリースしてますね。