映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
2016年03月27日 (日) | 編集 |
trumbo.jpg

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015)
アメリカ
原題:Trumbo
監督:ジェイ・ローチ
脚本
:ジョン・マクナマラ
出演:
ブライアン・クランストン/ ダイアン・レイン/ ヘレン・ミレンジョン・グッドマン
日本公開:2016/夏
オフィシャルサイト

 【あらすじ
脚本家トランボはハリウッド黄金期に第一線で活躍していたが、冷戦の影響による赤狩りの標的となり、下院非米活動委員会への協力を拒んだために投獄されてしまう・・・


【感想
先月帰国時に淀川長治さんの本を買ってきて読んでるもので、古い映画を観たくてたまらなくなってるんですが
もうちょっとアフター・オスカーシリーズ続けます。

今日は主演のブライアン・クランストンが主演男優賞にノミネートされた『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』を。
赤狩りに遭いながら『ローマの休日』などの名作を生み出した脚本家ダルトン・トランボの伝記です。

共産主義が社会悪とみなされた第二次世界後の1940年代後半
ハリウッドでも共産主義者を排斥する赤狩りが行われ、ハリウッド10といわれる10人が収監されたこと
その後、ブラックリストに載った多くの映画人がハリウッドでの仕事を失っていったことは周知の事実でしょう。

無茶な時代ですよね。
日本でいうと、共産党の党員は勿論のこと、党を支持するものまでもいきなり捕まって
仕事を失ってしまうということ。

共産主義者が作る映画が社会に何か悪影響を与えるとか、そんな事実もないままに人権を侵害し
冷戦の恐怖を赤狩りに変えた時代の愚かさと恐ろしさ。


6236641_trumbo-2015-international-movie-trailer_2beed679_m.png
そんな中、偽名を使ったり他人の名義で脚本を書き続けたトランボの奮闘が描かれる本作は
単に彼の才能に感嘆する映画ではなく、その裏には愛すべき家族がいて、
方向を失いそうになるトランボを叱咤し支え続けた妻の愛があったことが感動的。


635803308516221771-TR-00996-R-CROP.jpg
トランボを演じるブライアン・クランストンは殆ど知らない役者だったけど
信念の人を深みのある演技で演じていてお見事。
妻役のダイアン・レインと長女役のエル・ファニングも凄くいい。

他人の名前を挙げることで失職の憂き目から逃れようとした人々の葛藤など
赤狩りの実体を非常に分かりやすく描いていて面白いし
ジョン・ウェインやカーク・ダグラス、オットー・プレミンジャーなど知ってる役者たちが
赤狩りにどう係わっていたのかというところ、赤狩りの終焉にも興味津々でした。

こちら本物のダルトン・トランボ。お風呂でまで執筆を続けた根性のひと
trumbo2.jpg 


がむしゃらなまでに脚本を書き、生涯かけて闘ったダルトン氏が早くに亡くなったのは
赤狩りの無理がたたったのではと思わずにいられない。
彼の作品は『パピヨン』『ジョニーは戦場へ行った』『ローマの休日』くらいしか観てないので
これから観ていこうと思います。

ジェイ・ローチはおバカ映画から政治的な作品にシフトしてますが
エンタメ的な見せ方を知っているので、分かりやすくていい。

それにしても今年は50年代を描く映画が頑張った年でしたね。

ブログパーツ
スポンサーサイト
【映画】『10 クローバーフィールド・レーン』前作の血族?
2016年03月24日 (木) | 編集 |

10+CLOVERFIELD+LANE.jpg 

10 クローバーフィールド・レーン(2016)アメリカ

原題:10 Cloverfield Lane
監督:ダン・トラクテンバーグ
脚本:ジョシュ・キャンベル/ マット・ストゥーケン /  デイミアン・チャゼル
出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッドジョン・グッドマン  / ジョン・ギャラガー・Jr 
    
【あらすじ】
見知らぬシェルターの中で目を覚ました若い女性ミシェル。そこには「君を救うためにここへ連れてきた」と話す見知らぬ男がおり、ミシェルと男の共同生活が始まるが……。
--------------------------------------------------------------------------------
【感想】

ん?クローバーフィールド?続編??と
殆ど情報を入れずに観にいきました。

一応2008年の『~HAKAISYA』とは血族の位置づけだそうで・・
血族ってなんや(笑)
要するに続編ってワケでもないけど近いもんがあるよという感じ。
今回J・J・エイブラムスは製作に回り、新人監督がメガホンを取ってますね。

冒頭、車を走らせるミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。
恋人のベン(ブラッドリー・クーパーの声だったらしい)から電話があるも、ミシェルはベンから逃げている様子。
そしていきなり事故に遭います。
1035x668-CE-00792R_02.jpg 

目覚めた彼女の腕には点滴が施され、片足は鎖に繋がれている。
そこにジョン・グッドマン演じるハワードが現れ、「外は危険だから出ちゃいけない。
ここは危険から逃れるために準備していた地下シェルターだ」と説明するんですね。

ミシェルにしてみれば変態に監禁されたという思いしかなく、
なんとか隙を見つけて脱出しようとするわけ。
さて、ミシェルが知ることになる真実は?という話。



ハワードの正体と、外界で何が起きているのかの両方を謎にしてミステリーを展開させる本作ですが、
比較的スローなのと、前日の睡眠不足もたたって途中ちょっと寝てしまった(汗)
気づいたら腕を負傷した先客エメット(ジョン・ギャラガー・Jr )が登場してて
彼はなんであそこにいたんだろう?とか、そんなことまで謎になってしまった(笑)

ypwewbz94kppm4zttkg9.jpg

ジョン・グッドマンがちょっと怖くて、いい人なのか悪いヤツなのか分からないのと
外に出たらばとんでもなかったというところをちゃんと見せてくれるのはいい。
ただクライマックスのバトルはもう少し見せ場が欲しかった。




メアリー・エリザベス・ウィンステッドが途中お着替えをするのが無粋。
着替えたその服は誰のだ?っていうところもミステリーの一環なので仕方ないですが
闘う女は白タンクトップとおパンツというのを守って欲しかった。
彼女は今回も得意の火責めで頑張ります。




地下シェルターで過ごす映画に『ディヴァイド』(2011)というのもあったけど
爆撃や災害に備えてシェルターの準備が必要かもだな。




と、ここまで書いたところで、我が地域はいきなりのヘイル・ストームに見舞われました。
ひょうが屋根をたたく音のものすごいことといったら。
わずか5分くらいだったけどその間命が縮まる思いだったわぁ。
終わってみたら外は一面のひょう。
車もボコボコになるくらいだから、外に出てる人がいたら大変なことになってるでしょうね。
シェルターを見つけられたらいいのだけど・・。




ちなみに直後からインターネットも電話も不通になり、今やっとアップしようとしてるところ。
ひょうの写真などはあとでお見せしますね。

ブログパーツ


[READ MORE...]
エレクトリック・ミスト 霧の捜査線
2012年02月09日 (木) | 編集 |

 
今日はトミー・リー・ジョーンズ主演の日本未公開のミステリーです。
 
エレクトリック・ミスト 霧の捜査線<未>(2009) アメリカ/フランス
監督:ベルトラン・タヴェルニエ
出演:トミー・リー・ジョーンズジョン・グッドマンピーター・サースガード/メアリー・スティーンバージェン
ケリー・マクドナルド/ジャスティナ・マシャド/ネッド・ビーティ
 

人気ミステリー作家ジェームズ・リー・バーク原作のベストセラー小説の映画化となる本作
テキサスの田舎町で、連続レイプ殺人事件を捜査中の刑事ロビショー(トミー・リー・ジョーンズ)は
わき道から猛スピードで飛び出した赤いスポーツカーをサイレンを鳴らし止めた。
運転していたのは地元で映画を撮影中の俳優サイクス(ピーター・サースガード)。
飲酒運転のサイクスは連行される途中、おかしなことを話し始める。
撮影現場で、露骨の周りに鎖の巻きついた人の骨を見かけたというのだ。
ロビショーの脳裏に、40年前のある記憶がよみがえる・・。
 
田舎町で起きた連続レイプ殺人事件の犯人を探しながら
同時に40年前に起きた黒人射殺事件の真相を明らかにしていくという作品です。
 
トミー・リー・ジョーン演じる地元刑事ロビショーは、17歳の時に鎖を巻きつけた黒人が沼を逃走中
射殺されるところを目撃しており、そのことがトラウマにもなってたんですね。
事件を追ううちに、二つの事件の関連性に気づいてしまうロビショーは
命を狙われることになる。
スリルの中、FBIからの助っ人捜査官と謎を追う形のミステリーとなっています。
 


この映画面白いのは、ちょっとホラー混じりであること!
というのが、ロビショーは霧の立ち込める沼で、南北戦争時代の兵士の亡霊を目にし
南軍の大佐と会話する。大佐は人生を示唆し、時には捜査の謎解き指南までしてしまうんですよ。
 
60年代、アメリカ南部では黒人は虫けらのように扱われていた時代
その事件を解明することが、新しい時代に向かう一歩となるのだと思わせる真摯なつくりがいいですね。
捜査の助っ人にやってきたFBIの女性捜査官がヒスパニック系であることも
時代の流れを感じさせる。彼女の優秀さも謎解きを面白くします。
南部の田舎町にたち込める差別意識にメスを入れ、臭いものに蓋をする権力者たちの気質をも暴く
カンヌで監督賞を受賞したことのあるフランス人監督ベルトラン・タヴェルニエの手腕は確か。
 
哀愁を漂わせながらも事件を解決していくトミー・リー・ジョーンズも流石の存在感で
静かでいて骨太、人への愛情をも感じさせる作品に仕上がってます。
 
ただね、最後のワンシーンがわからないのよ。
『シャイニング』か??(||゚Д゚) ??
 

レッド・ステイト
2011年12月19日 (月) | 編集 |


『クラークス』のケヴィン・スミス監督がホラーに挑戦したことで話題になった作品です。





レッド・ステイト
監督:ケヴィン・スミス
出演:ジョン・グッドマンマイケル・アンガラノマイケル・パークスメリッサ・レオ/カイル・ガルナー
スティーヴン・ルート




Hしたいお年頃のトラヴィス、ジャレッド、ビリーレイの高校生三人組は
出会い系サイトで知った女性の元へウハウハで車を走らせる。
3人を待っていたのは年増のサラ(メリッサ・レオ)。
ビール片手にトレーラーハウスから出てきたサラにドン引きしつつも
この際顔は二の次と心を決めてきた3人は、サラに進められるままにビールをグビっ。
そしてバタリ 睡眠薬を仕込まれていたのだ。
司祭の説教の声に目を覚ましたジャレッドは、
自分が檻の中に入れられていることに気づき驚愕する。
そこは教会。信者が司祭の話を熱心に聞いており、その中にサラがいた!




H目的で出かけた3人が、とてつもない恐怖を味わうことになるというお話です。
いわゆる田舎に行ったら襲われた系ですが、相手が宗教がらみなのが恐ろしい。

タイトルのレッド・ステイト(赤い州)というのは、共和党の勢いが強い州のこと。
共和党というのは、支持基盤のキリスト教右派の影響から、反同性愛・反中絶を強固に主張する政党で、本作で少年たちの捕らえられた教会は、キリスト教原理主義者のカルト集団なんですね~。

少年たちは教会から脱出することができるのか。
うーん、ケヴィン・スミスは、多分映画の方向性を考えあぐねたんだろうなぁ。
というのも、最初にこの映画のニュースを聞いたときには本格ホラーって話だったけど、実際には、スリラーからアクション、しまいには、ポリティカルなブラックコメディになってるんですね(汗)
途中ファンタジーとも言えるシーンがあり、そこではぞぞっと鳥肌が立つ思いでしたが
オチが逃げ腰 んんんん

これ実は別エンディングというのがあるらしく、そちらはかなり本格的な
ファンタジーホラーになってる様子。
多分それが最初の構想だったのでは?と思ったし、そっちを観たいわ。

とはいえ、連邦職員を演じたジョン・グッドマン
いっちゃってる司祭を演じたマイケル・パークス
その娘で狂信的な信者メリッサ・レオと実力者が脇を固め
88分というコンパクトさながら、
先の読めないスリリングな作品に仕上がっていました。


 


■トラックバックありがとうございます


 


Tracked from 銀幕大帝α at 2013-01-20 15:12 x


タイトル : レッド・ステイト
-感想-おバカなティーンってのはヤリたかったら容姿・年齢問わずに誰でもいいんかね?わたしゃ、あんなオバサン相手にするのは無理やわ。酒の力借りても起たんわ。「ホモは悪だ!!」そう唱える神父が支配するキチガイ宗教団体に拉致されてしまった男子青年3人組......more


Tracked from CINEmaCITTA&.. at 2013-05-01 19:13 x

タイトル : レッド・ステイト
【レッド・ステイト】 RED STATE アメリカ 2011 (未) 監督・脚本 :ケヴィン・スミス  出演 :マイケル・パークス / メリッサ・レオ / ジョン・グッドマン / マイケル・アンガラノ 他 (シッチェス映画祭グランプリ作品)     最近少しずつ撮る映画のジャンルの幅が広がってるようなケヴィン・スミス監督の最新作ですね。 『 クラークス 』 で一躍有名になり、コメディのジャンルでは知......more

 


 







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。