映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイク・リー版『オールド・ボーイ』
2014年05月06日 (火) | 編集 |








 
今週は久々にリメイク作品特集。
比較的新しいものをいくつかいっときます。
まずはハリウッド版『オールド・ボーイ』から。
オールド・ボーイ(2013)アメリカ
監督:スパイク・リー
出演:ジョシュ・ブローリン/エリザベス・オルセン/シャールト・コプリー/サミュエル・L・ジャクソン
日本公開:2014/6/28
■感想
酒に酔ったある夜、突然拉致され、テレビだけが置かれた部屋に閉じ込められたジョー・ドーセット。気づけば妻殺しの汚名をきせられ、理由もわからぬまま20年に及ぶ監禁生活を強いられる・・。
韓国の鬼才パク・チャヌクによる名作『オールド・ボーイ』を スパイク・リーがリメイクした一本。
・・ですが、監督は「リメイクと呼んでくれるな」とのこと。
リー監督によると「reinterpratation」。直訳すれば再解釈。
ま、新説って感じでしょうかね。
オリジナルを再見してないので、細かいところ忘れてて
どこが新解釈か比較説明できないんですが(オイ、オイ)
 
確かにところどころ設定は違ってますね。
監禁年月もオリジナルは15年でしたが今回は20年。
オリジナルは2003年製作だったので、それから10年経ってるんですよね。
劇中もスマホが大活躍だったりで、ブローリンのますますの浦島太郎振りも楽しめます。
あと、主人公のもとのキャラが、随分といい加減なやつだったけど
オリジナルもそうだっけ?

仕事中にも酒を飲み、大事な取引相手をナンパするようなめだめアル中男。
それは妻に離婚され、3歳になる愛娘と引き離されていることにもよるのでしょう。
娘への愛情を強調するのと、変わっていく様子のギャップを見せるのに効果的だったと思います。

一体誰が何のためにこんなことを?で引っ張る前半はとにかく面白いですよね。
ただし後半、特に監禁した謎の男が現れてからトーン・ダウンです。
内容を知ってるからというのもあるし、オリジナルに比べ、犯人の異様さが足りないのもあるかな。途中悪の巣窟でブローリンが大暴れするアクションシーンは良かった。
グロいんだけど、ゲームを見てるような面白さがあって、思わず手をたたきたくなるほどでしたサミュエル・L・ジャクソン が出て例の台詞を言ってくれたのも嬉しかったしねw
ただ残念なのは結び方ですなぁ。
正直、最後のブローリンの状況がわかりづらいし、その表情の意味するところも読めなかった(汗)
ダメジャン。私の読解力の問題?

競演にちょっと大人びたエリザベス・オルセン
今回はその巨乳を惜しげもなくさらしてくれます。
おっと、またおっさんになってしまったw
ってか、どう見てもリメイク!!




スポンサーサイト
ナイトウォッチ
2013年05月10日 (金) | 編集 |




 

ナイトウォッチ(1997)アメリカ
原題:Nightwatch
監督: オーレ・ボールネダル
出演:ユアン・マクレガー、ジョシュ・ブローリン、ニック・ノルティ、パトリシア・アークエット、ジョン・C・ライリー

サム・ライミ製作で話題の新作『ポゼッション』のオーレ・ボールネダル監督の代表作。デンマークでのデビュー作『モルグ』をハリウッドでセルフリメイクした作品です。

大学院生のマーティンは(ユアン・マクレガー)、恋人(パトリシア・アークエット)の反対を押し切って死体安置所(モルグ)のバイトに就く。そんなある日、誰もいないはずのモルグでけたたましい非常ベルの音が鳴る・・・。

モルグでバイトを始めた青年が事件に巻き込まれる様を描くサスペンススリラーです。

冒頭、酒場で談笑する主人公とその友人たちのバックでは、殺人事件のニュース。
検察官のニック・ノルティがメディアのインタビューに答えている。

やがて迎えるモルグでの仕事。
誰もいないはずのモルグに響く風の音や非常ベルなど、監督のオーレ・ボールネダルは「音」やでスリルを煽ってきますね。勿論その音に反応するユアンのオドオドの演技も恐怖を共有するのに効果的。
過剰とも思える効果音とBGMで派手めなサスペンスを演出しつつ、ユアンの周りで起きた娼婦殺人事件の犯人に迫るミステリーでもあります。

残念ながらカルトと評判のオリジナルの『モルグ』は未見で、比べられないのだけど、舞台が死体の転がるモルグというだけでも怖そうな雰囲気は満点で、飽きることなくスリルを楽しみました。

モルグでの警備の前任者のじいちゃんがまたいい感じに怖いですがw
彼からの引継ぎに、その後に活躍するアイテムがいっぱい詰まっているのも上手い。
ただ「ラジオ」については、不気味な物音を聞く恐怖をかき消したり、BGM的な仕事をすることのほかに、何かきっと役割があるだろうと睨んでいたのだけど、特別なかったような。見逃したのかな。





窓越しや、人体のパーツの入った水槽からのショットなど、恐怖の対象を強調する映像も面白い。
終盤はありがちなアクションスリラーな展開になりますが、ここにきてジョシュ・ブローリンが活躍するというシナリオもいい。
ユアンの親友であるジョシュは前半から退廃的な空気を醸しだす青年で、恋人との関係も冷ややか。それでいてチンピラに喧嘩を売ったり、なにか刺激を求めてるんですよね。事件に巻き込まれる原因を作ったこともあり、ユアンの救出に必死になるジョシュ。大きな代償を払いつつも、最後に憑き物がとれたようにスッキリとした表情を見せるジョシュが印象的で、彼の成長物語という締め方が良かったですよ。

オリジナルも観てみたい!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。