映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
2016年09月10日 (土) | 編集 |
 
genius_0.jpg
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2016 イギリス/アメリカ
原題:Genius
監督:マイケル・グランデージ
脚本:ジョン・ローガン
出演:コリン・ファース
 ジュード・ロウ  / ニコール・キッドマン/ ローラ・リニー /ガイ・ピアース
日本公開:2016/10/7

【あらすじ
アーネスト・ヘミングウェイやF・スコット・フィッツジェラルドら世界的な作家を世に出した編集者マックスウェル・パーキンズは無名の作家トマス・ウルフに才能を見出し、出版を約束する。

感想
ジュード・ロウコリン・ファースがダブル主演で実在の作家と天才編集者を演じる伝記ドラマです。
ガイ・ピアースがF・スコット・フィッツジェラルド役で登場するので、今日は英国男優3人斬りね。

ジュード・ロウ演じるのはアメリカの小説家トム・ウルフ。知りません(汗)

長けりゃいいってもんじゃないのは顔だけじゃない。
ウルフの持ち込む原稿は莫大な量(しかも手書き)で、どこの出版会社からも相手にされない。
でも名編集者マックスウェル・パーキンズだけはウルフの文に目をとめるんですね。
そこから出版に向けての長い長い道のりが始まります。
genius.png


編集といってもパーキンズが勝手に手直しするわけではなく、真の言葉を導きだすウルフとの共同作業。ダラダラ説明に終始した文が洗練された美しいフレーズに生まれ変わるシーンにはワクワクしました。
名作もはじめから傑作なわけではないですね。

自分で書く力もあっただろうにそうせず、埋もれた才能を開花させることに人生を捧げるマックス。エキセントリックで、できればお近づきになりたくないタイプのウルフに家庭を犠牲にしても固執するのは、その才能を確信しているから。
ウルフの原稿を読むときの至極の表情で、文学への静かな情熱を表現するファースの素晴らしいこと。

こんな暑い・・もとい熱いジュードを観るのはたぶん初めてで、俳優としてのジュードの変化も感じました。

Jude-Law-and-Colin-Firth-in-Genius-1080x675.jpg
この表情。心を通わせていく二人に言葉はいらないっていうね。


本作が初監督というマイケル・グランデージは舞台の演出家として活躍する方らしく、ウルフと愛人役ニコール・キッドマンのやり取りなどには舞台風な演出も見て取れます。
でもいったんカメラが外に飛び出すと、雰囲気は一転。
セピア色に彩られた20年代から40年代のニューヨークが、舞台ではどうしても表現できないだろう重厚さとスケールで映し出され、圧巻なのですよ。
ジャズをはじめとする音楽も本当に素晴らしく、映像と音楽だけでも「いい映画を観た!」という気にさせてくれる。

マックスの妻を演じたローラ・リニー、ウルフの愛人役ニコール・キッドマン、フィッツジェラルド役のガイ・ピアースもいい。精神を病んだ妻を支えるため小説家活動に没頭できなかったフィッツジェラルドのことなど、有名作家にまつわるエピソードも文学好きにはたまらないでしょう。

これしみじみよかった。
監督は今年のトップ10入り確実です。


ブログパーツ


[READ MORE...]
【映画】次期ボンドは俺のもの『SPY/スパイ』
2015年10月28日 (水) | 編集 |
SPY/スパイ(2015)アメリカ
原題:Spy
監督:ポール・フェイグ
日本公開:?
CIAエージェントを局内でサポートするアナリストのスーザンは
あることを機に、スパイとして現場に出ることになり

英国男優総選挙 特集 12回目

ようやくランキングのネット公開のお達しが出たようで
ヤフーでもニュースになってました。
今回カンバーバッチをかわし1位に輝いたのはトム・ヒドルストン!!
やったね~。

トムヒについては後日また書くとして 
今日はマイ・ランキング2位と10位、公式26位のジュード・ロウと21位のジェイソン・ステイサム共演の新作スパイ映画を紹介します。

いや~、大好きなジュードとジェイソンがCIAのエージョントとして競演する日が来るなんて想像したこともなかったわ。
今年は007公開に便乗してか『キングスマン』しかり、
ちょっと笑えるスパイ映画が作られてますね。
本作もタイトルロールや主題歌がモロ007風でカッコいい。
序盤からパーティ会場で悪者たちをばっさばっさと倒していくのは麗しのジュード!!
その耳に情報を与えるのが、メリッサ演じるアナリストのスーザンで、
ジュード演じるブラッドリー・ファインの活躍はスーザンの的確な指示によるところが大きいわけね。

もうね、久々に髪があって華麗にアクションもこなし、いい男オーラ満開のジュードが素敵過ぎてクラクラしたわ。ちょっとKY風なところも色男の特権w
次期ボンドはジュードでいいんじゃない?いやまじで。
しかしこのまま007のノリで突っ走るかと思いきや
実は主演はメリッサ・マッカーシー(笑)

監督は『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のポール・フェイグ。
本作はひょんなことから現場に出ることになる新米女スパイの活躍を描くスパイ・アクション・コメディでした。

アクションのキレがいいとはお世辞にも言えないけど
持ち前の判断力と思いがけない行動力でテロリストに迫っていくスーザンを好演。
彼女は密かにジュード演じるブラッドリーに思いを寄せていて
恋するスーザンの女心がいじらしいのですよ。

ジェイソンはと言いますと・・
スーザンを助け助けられるスパイ仲間ではありますが
アクションよりもコメディが主で、彼じゃなくても・・と思うところだけど
存在感が全てというハッタリ起用(笑)でもコメディも上手いしやっぱり可愛い。
俺にも髪くれ
ブライズメイズ仲間のローズ・バーンも悪役で登場。

無駄な台詞もいっぱいですがw
恋に笑いに友情あり、シモネタも少々。
でもおばか過ぎずいやみのないアクションコメディ。
光の当たらなかった人も頑張ればきっと一流になれるというメッセージも心地よい
楽しい作品でした。

トレーラーです






サイド・エフェクト
2013年02月12日 (火) | 編集 |
スティーヴン・ソダーバーグ、本当に最後?




サイド・エフェクト 2013年(アメリカ)
原題:Side Effects
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジュード・ロウルーニー・マーラキャサリン・ゼタ=ジョーンズチャニング・テイタム


インサイダー取引で捕まった夫マーティン(チャニング・テイタム)が4年の刑期を終え帰ってきたことは
妻エミリー(ルーニー・マーラ)の精神を波立たせた。
エミリーにはうつ病の既往があり、生活環境の変化が病状を悪化させたのだ。
ある日、ついにエミリーは駐車場の壁に自ら車で激突し病院に収容される・・




エミリーを演じるのが『ドラゴンタトゥーの女』のルーニー・マーラ
病院で精神面の治療にあたることになるのが、ジュード・ロウ演じる医師ジョナサン・バンクス。
彼が処方した試薬の副作用から、エミリーの周囲である事件が起きてしまうという設定。
エミリーは夫の逮捕により、裕福な結婚生活が一瞬にして消え去り
以前かかっていた精神科医のゼタ姐さんの治療も受けれらない ってなところがミソ。




脚本は『コンテイジョン』のスコット・Z・バーンズ
今回も医療サスペンスの体をなしてはいるけれど、
幸せに貪欲な人々が繰り広げる泥仕合も唖然とする作品です(笑)

いきなりやってくるクライムシーン等、まさにgo haywire!
『エージェント・マロリー』を思い出し、必死で笑いをこらえちゃいましたw
スリラーだけどコメディとしても通用する面白さなんですよね。
ソダーバーグうまいよなぁ。引退考え直して欲しいですよ。

幸せそうな妻の姿から表情の消えた病的なエミリーまで
ルーニー・マーラは地味に上手い。

マーティンのママを演じたのが『コンプライアンス』のアン・ダウドだったけど地味に埋もれてましたね。
出来ればルーニーちゃんをエプロン一枚にして、身体検査して欲しかったw


大好きなジュードについても書きたいけど、ネタバレしそうなのでこのへんで。
あまり情報を入れずに観ることをお薦めします。
狐と狸の騙しあいを楽しんでください。

日本公開は秋!

★★★★


アンナ・カレーニナ
2012年12月07日 (金) | 編集 |
原作はトルストイの同名小説をジョー・ライトが監督した『アンナ・カレーニナ』を観ました。劇場予告の圧倒的な美しさに感動しとっても楽しみにしていた作品です。
 

アンナ・カレーニナ 2012年(アメリカ)
原題:
Anna Karenina
監督:ジョー・ライト
出演:
キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・ジョンソン、アリシア・ヴィカンダー、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン 

 
舞台となるのは1870年代のロシア。
アンナを演じるのがキーラ・ナイトレイ、その夫、政府高官カレーニンにはジュード・ロウ
もう何度も映画化されている作品でもあり、内容をご存知の方も多いでしょう。
簡単に説明すると、兄夫婦の喧嘩の仲裁にモスクワへ列車の旅に出たアンナが貴族の将校ヴロンスキーと出会い恋におちる。
不倫の関係はやがて夫に知れることになり・・というもの。
 


正直この映画の一番素晴らしいのは予告編かもしれません(笑)
本編は目くるめく恋の激情も耽美性も期待したほどではなかったですが、ジョー・ライトは映画に「舞台劇」風の演出を施していてこれが面白い。

冒頭から慌しく舞台の設営が始まり、大道具さんがドアを設置すると同時にアンナがカレーニンの部屋を訪れ、兄宅に出向くことを告げるという演出です。前半は特にその演出が顕著で、音やリズムを効果的に使っているのはジョー・ライトらしいところ。ただし、コミカルな味付けは面白い反面、ちょっとあざといと思ったのと、舞踏会のシーンなど役者の力量不足で美しさを完結できてないのは残念でした。

 

華やかなる時代の貴族たちの暮らしぶり、美しい衣装をまとったキーラを見ているだけでも楽しめる作品ではあるけれど、世間に背き不貞を働くアンナの顛末を、正しく地道に生きる道を選んだ義妹キティの人生と比較させるというクラシックな物語に当然ながら現代性はなく、退屈に思うところも。

そんな中、キーラは恋する想いをどうすることもできず、やがて孤立するアンナを繊細に演じていて良かった。
残念だったのは不倫のお相手ヴロンスキー(アーロン・ジョンソン)に魅力を感じないこと。
ヴロンスキーを演じるのはキック・アス君だものなぁ。

わがジュードを裏切ってまで惹かれる相手じゃないだろって(汗)
ジュードは苦悩をにじませる演技でとっても良かったんですが、、
実は彼が登場するたびに私は笑いをこらえるのに必死だったんですよね。
だって、、某政治家さん(元宮○県知事)に見えて仕方なかったんですもの(汗)

227日の漂流生活を終えた・・みたいな(爆)

キティ(アリシア・ヴィカンダー)を愛するレヴィンが守る地方の農園の美しい自然の風景と人情の厚さ都会の社交界の華々しさと浅はかさを対比をさせ、舞台劇風演出と映像美で描く芸術性の高い仕上がり。
その芸術性を独りよがりと感じるかどうかで好みは別れるかもしれません。
 
日本公開は3月
 
★★★★


孤独な吸血鬼ジュード・ロウが美しすぎる『クロコダイルの涙』
2012年08月22日 (水) | 編集 |
好きなヴァンパイアものは数あるけれど
今日は大好きなジュード・ロウ主演の美しさを堪能できる本作を。





クロコダイルの涙

1998年(イギリス)
原題:
The Wisdom of Crocodiles
監督:レオン・ポーチ
出演:ジュード・ロウエリナ・レーベンソンティモシー・スポール、ケリー・フォクス



ジュード・ロウ
演じる美貌の医師スティーヴンは、
彼を愛してくれる人の血を吸わなければ生きていけず
恋人を餌食にして完全犯罪を重ねてきた。
彼の身辺で起こる殺人事件に警察が動き始める中、
新しい恋人アンを徐々に愛し始めるスティーヴンだったが・・


先日ショッキングな死を遂げたトニー・スコット監督の『ハンガー』や
大好きな『ぼくのエリ』、『トワイライト』などなど、
最近のヴァンパイアものは、愛する人を仲間に加え、
永遠のときを共有するものが多々あります。
けれども本作では、血を吸ったあとに恋人は死んでしまうことから
スティーヴンは孤独と罪悪感の中、生きなければならない。
そして、アン(エリナ・レーベンソン)を心から愛し始めたスティーヴンは、
愛と渇望の狭間で悩み苦しむことになるのです。

医者であるスティーヴンは尿路結石の破砕術に携わっていて
排斥された結石について、「出てくるときには大変な痛みを伴う』と
語るシーンがあります。

それはおそらく、彼の「痛み」を象徴する言葉でもあったのでしょう。
実際、彼は恋人を殺めた後に、苦しみながら「結晶」のようなものを吐き出し
しかもそれを恋人の名前とともにコレクションしている。
彼の命は深い悲しみと痛みと共に紡がれていることを、忘れまいとするように。





とにかく、ジュード・ロウが美しい。
モンスターである自分を嫌悪しつつも、渇望に身を任せる姿が切なく
孤独な瞳が堪らない。
彼が獲物を襲うのは常に愛を交えたベッドの上ということもあって
セクシーなジュードまで拝むことができるのだけど
あんな瞳で見つめられたら、私だってためらいなく首筋を差し出しますよ。ええ。

日光も恐れず、十字架も怖くない
ヴァンパイアものとしては変則的なお話で
彼が本当にヴァンパイアなのか、はたまた猟奇殺人犯なのかも
判らない描き方ゆえに、賛否の分かれる作品かもしれません。
けれど『ドリアン・グレイ』的な恐ろしさと浮遊感を持ち耽美を極めた本作
ジュードのクールな笑顔も、つれない態度も、苦痛に耐える姿も全て美しい。
彼はサスペンスで映える人ですね。ファン必見の一本です。

★★★☆