映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ヒトラーコード39
2016年10月23日 (日) | 編集 |
英国男優総選挙、ちょろちょろと聞こえてくる中からのカウントダウン
今日は9位入賞のエディ・レッドメイン君目当てで観た『ヒトラーコード39』
クリストファー・リー様とデヴィッド・テナントもいたので、今日は3人斬りです。


Glorious_thirty_nine_ver2.jpg
ヒトラーコード39(2009
イギリス
原題:Glorious39 
監督/脚本:スティーヴン・ポリアコフ
出演:ロモーラ・ガライビル・ナイジュノー・テンプル/クリストファー・リー/エディ・レッドメイン

【あらすじ】
1939年、イギリス。下院議員の義父(ビル・ナイ)に育てられたアン(ロモーラ・ガライ)は広大な敷地内で立ち入り禁止とされている物置で2枚のレコードを発見する。音楽レコードにカムフラージュされたその二枚には、ナチスとの和平協定に反対する人間の暗殺を企てる男たちの密談が録音されていた。


【感想】
冒頭、一人の少年がアパートに二人の老人を訪ねます。
「家族の歴史について聞きたいことがあるので教えて欲しい」
gallery-movies-christopher-lee-career-pics-10.jpg
少年は老人二人の親戚にあたり、老人の一人ウォルター(クリストファー・リー)は、「知らないほうがいいこともある」と言いながらも、少年に語り始めます。

舞台かわって第二次世界大戦開戦前夜のイギリス。
イギリスはドイツがポーランドを侵攻したことを契機にドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まってしまいますが、当時はドイツを倒そうとする戦争支持派と、戦争は避けようとする派とに分かれていたんですね。
glorious-393.jpg


主人公アンにロモーラ・ガライ
下院議員の養父アレクサンダー(ビル・ナイ)の愛情を受け美しく成長した女優のアンは、義理の弟ラルフ(エディ・レッドメイン)と妹(ジュノー・テンプル)とも仲良く何不自由のない暮らしをしている。
ところが偶然立ち入った倉庫から、あるレコードを持ちだしたことをきっかけに、アンの周りで人が殺され始めるのです。


邦題からナチスドイツの陰謀を描く作品と思ったらちょっと違った。
イギリス人がナチスとの戦争をどう考え、準備したかという話であり、映画はそれに巻き込まれた人々の姿をスリリングに描いています。

アンの周りで起きる乳児失踪事件や殺人、そして次第にアンに危険が迫るさまが非常に不気味。





以下少しネタバレになるので未見の方はご注意ください




[READ MORE...]