映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
小間使の日記
2013年06月30日 (日) | 編集 |







小間使の日記(1963)フランス/イタリア
原題:LE JOURNAL D'UNE FEMME DE CHAMBRE
監督:ルイス・ブニュエル
出演:ジャンヌ・モロー/ミシェル・ピッコリ/ジョルジュ・ジェレ/フランソワーズ・リュガーニュ 


すっかり更新をサボってました(汗)
今月はフランス映画特集をしようと思いながら、結局ブニュエルだけになってしましましたが、ま、それもいいか。
ということで、最後までブニュエルで。






今日は、ジャンヌ・モロー主演の『小間使の日記』
モロー演じる小間使いセレシティーユは片田舎の貴族の家に働きにやってきます。
屋敷の奥様は、これは高いから壊すなだの、口うるさい
妻におされ気味の主は小間使いにも手を出す色情狂で、老主人は足フェチ
一家は隣に住む軍人上がりといさかいが絶えない

お高くとまってはいても中身はこんなに病んで醜い というブルジョワたちの生活を、
ブニュエルはセレシティーユの「家政婦は見た」的視線でシニカルに描いています。


面白いのはちょっと危険な下男の存在。
彼はセレスティーユに、自分と同じ匂いを感じている。

パリからきたセレスティーユは、小間使いにしては都会的で洗練されてもいる
けれども、小間使いは主に動物のようにこき使われ、さげすまれるだけの存在でしかないのも分かっている。
そんな彼女が、何に幸せを見出そうとするのか興味深かったのだけど
結局彼女の選んだものが、尽きることなき倦怠と憂鬱を残すのみなのが切なく
ブルジョワたちと同じ、腐った日常に身をおとすのかと思うと、それも皮肉。

ジャンヌ・モローのドライな美しさがセレスティーヌによく合ってました。

マリオン・コティヤール主演で映画化も予定されてるとのこと
比べてみるのも面白そうです。




ジャンヌ・モロー『マドモアゼル』 
2012年11月15日 (木) | 編集 |



なんとなくフランス女優さんが多い今回のラインナップですが
今日の美女はジャンヌ・モロー
『長距離ランナーの孤独』のトニー・リチャードソン監督による異色サスペンス『マドモアゼル』を観ました。




マドモアゼル
1966年(イギリス/フランス)
原題:Summer Fires
監督:トニー・リチャードソン
出演:ジャンヌ・モロー エットレ・マンニ Keith Skinner ウンベルト・オルシーニJane Berretta


フランスのある村で、悪質ないたずらが相次いで起こった。村人は、近くに住むイタリア人の仕業と見たが、真犯人はマドモアゼルと呼ばれる女教師だった……。

 ジャンヌ・モローが演じるのは年増の女教師。
化粧を念入りに施し都会的に着こなした彼女は村の中で異質な存在であり、マドモアゼルと呼ばれている。
ところがマドモアゼルは、冒頭から水門を開き、村の家畜を溺れさせるという驚きの行動に出る。彼女の悪意に満ちたいたずらはエスカレートし、村人を困惑させる。


 時間軸を交錯させた物語は、やがてマドモアゼルの密かな恋心を映し出します。森を散策中に出会った居眠り中のイタリア人の出稼ぎの木こり、マノウの逞しい肢体に目が釘付け。しかしその後マドモアゼルはその場を走り去り、自分自身に動揺し泣きじゃくるのです。

 これね、正直自分ではマドモアゼルの犯行の理由含め、理解不能の作品でした。
それで町山さんのトラウマ映画館に投稿された記事を読ませていただいて、初めて、脚本を書いたジャン・ジュネのトラウマが投影された作品だということを知りました。ジュネの生い立ちの詳細は書きませんが、ジュネは自身をマノウの息子、外国人として見知らぬ田舎に暮らす少年の孤独に直接投影させるだけでなく、やはりよそ者であるマドモアゼルにも被せて描いてる形なんですね。




 村人にも尊敬されるお堅い女教師であるマドモアゼルの女としての目覚めは
なんとも残酷な結果を招くことになります。

 トニー・リチャードソンの演出は、音楽を完全に廃し台詞も少なく淡々とした中に、邪悪な悪戯や動物への虐待が描かれ後味が悪いですが、弱いものが常に犠牲になるという含みもあるのでしょうね。
可愛い仔ウサギのシーンは衝撃的(泣)
今なら作れない作品じゃないかなぁ。いやはや、恐ろしい映画でした。

★★★☆






『黒衣の花嫁』 トリュフォーからヒッチコックへのオマージュ
2012年05月28日 (月) | 編集 |
しつこく「ブラック」繋がりで、今日はフランソワ・トリュフォー作品を。
コーネル・ウーリッチのミステリ小説をジャンヌ・モロー主演で映画化した『黒衣の花嫁』です。



黒衣の花嫁
1968年(フランス/イタリア)
原題:La mari?e ?tait en noir
監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ジャンヌ・モロージャン=クロード・ブリアリ
ミシェル・ブーケシャルル・デネクロード・リッシュ
ミシェル・ロンズデール


コートダジュールで独身生活を楽しんでいた男、
その近くの町の銀行員、若手政治家……と
連続殺人が起こる。その現場にはいつも謎の女性がいた。
彼女の目的は何か……。(映画.comより)




ジャンヌ・モロー演じるヒロインは5人の男たちを冷徹に殺していく。
その目的は何かという作品。

ヒッチコックを尊敬するトリュフォーが、ヒッチコックにオマージュを捧げたものだそうで
音楽に『サイコ』などで知られるバーナード・ハーマンを起用したことで
ヒッチコックらしい風合いの作品に仕上がってますね。

タイトルからも想像できるし、早々に明かされるので書きますが、
モローは花婿を殺された復讐を果たそうとしてるんですね。
幼い頃から彼だけを見つめて大人になり、ようやく結ばれたと思った矢先・・
そう思うと非常に切ないものがあり、モローの気持ちも理解できる。

ただね、年齢的にちょっと「?」なんですよね。
5年の準備期間があったとは言え、モローは老けすぎな気が(汗)
何よりも違和感があったのは、モローさんが少し太り気味なところ。





復讐手段の多様さが面白い。
姿を見せることなく、復讐を締めくくるラストシーンに
オーケストラのウェディングマーチが高鳴る、これが見事でした。

★★★★