映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダラス・バイヤーズクラブ
2013年11月22日 (金) | 編集 |



マシュー・マコノヒーがエイズ患者を演じる実録映画。
見慣れたダウンタウンをバックにしたポスターも嬉しく、
ダラス在住者としては見逃せない『ダラス・バイヤーズクラブ』を観てきました。
ダラス・バイヤーズクラブ(2013)アメリカ
原題:Dallas Buyers Club
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
出演:マシュー・マコノヒー/ジャレッド・レトー/ジェニファー・ガーナー/デニス・オヘア
日本公開:2014/2・22
マッチョな裸自慢のマシューの激やせぶりが話題になったときには、マジで病気かと心配しましたが、彼は本作で余命1ヶ月を宣告されたエイズ患者を演じるため、なんと最大21キロも減量してたんですね。背中を丸め痩せこけた姿は衝撃的なレベル(汗)。





 マシュー演じるロン・ウッドルーフはダラスで電気技師のかたわら、ロデオ大会にも出場するカウボーイ。コカイン、女、賭博と奔放に生き、レイシストでホモを毛嫌いする典型的なレッドネックです。
1985年のある日、HIV陽性で余命30日を宣告される。アメリカには有効な治療薬がないと知り、海外に治療薬を求めたロンは、それを商売にすることを思いつき、バイヤーズクラブなるものを設立するという話。

 不思議に思うのが、海外で使われてるエイズ治療薬を何故アメリカでは買えないのか。それは政府が認可しないからなんですね。レーガン政権は同性愛者がかかる病気というイメージのエイズ研究に力を入れない。言ってみれば患者見殺し、同性愛者淘汰です。
その根底にあるのはキリスト教原理主義だと思われ、宗教は時に残酷ですよね。

 というわけで、海外から薬を買い付けアメリカで売るというロンの行為は違法ということになり
映画は、密輸に奔走する主人公をスリリングに描くわけですが、ロンが変装を駆使して買い付けに走ることから、これがなかなかユーモラス。
ロンは自堕落で奔放な生き方をする男ながら、曲がったことは大嫌い。彼の闘いが金儲けではなく、エイズ患者を救うという当たり前のことをしない政府への挑戦でもあるところにロンの魅力があり、映画を俄然面白くしています。





 買い手の多くが同性愛者ということで、ロンの強力な助っ人になるのがオネエのレイヨンで、これまた過激に痩せたジャレッド・レトーが演じています。
この時代、ダラスでトランスセクシャルを貫くのは、かなり勇気が要ったことでしょう。今でも、あからさまなオカマちゃんは殆ど見ません。テキサスはそういう土地。
それでも自分の性に正直に生きるレイヨンは悲しいほどにかっこよく、その強さと孤独をオネエ姿で演じきったレトー君の演技が素晴らしい。最初はホモを毛嫌いしていたロンも次第にレイヨンをリスペクトするようになる。二人の関係の変化も見もので、マシュー、レトー君ともにオスカーノミネート確実と言われてますね。
ロンに賛同するようになる女医を演じたにジェニファー・ガーナーも、ホッとする存在感でよかった。
 
 監督は『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のカナダの新鋭ジャン=マルク・ヴァレ
『ゼロ・グラビティ』『12 Years a Slave』といい、今年は外国人監督の活躍が目立ちますね。
エイズ治療薬認可の影に、こんな実話があったということに驚き、信念を貫き通した熱い男の物語に感動する見ごたえある一本でした。


おまけ
マシューとレトー君の強烈な痩せっぷり、ビフォー&アフターをどうぞ


『マジック・マイク』の筋肉はどこへ・・




役を引き受けてから3週間しかなかったレトー君。
ビーガンダイエットを駆使しつつも・・
奥義は「食べるのをやめた」・・(汗)

ちなみにレトー君、2007年の『チャプター27』ではこの増量



「ハーゲンダッツをレンジで溶かし、オリーブオイルと醤油を加えて飲んだ。惨めだったよ」

・・・。
食べ方は違えども、お腹に入る内容は私も変わらないかも。ヤバ



トラックバック一覧

  1. 1. ダラス・バイヤーズクラブ

    • [じゅり好み☆]
    • March 04, 2014 21:37
    • ダラス・バイヤーズクラブ (2013) 【DALLAS BUYERS CLUB】 1985年、テキサス州ダラス。 酒と女に明け暮れ、放蕩三昧の日々を送るマッチョなロディオ・カウボーイ、ロン・ウッドルーフ( マシュー・ マコノヒー )。 ある日、体調を崩した彼は
  2. 2. 映画「ネブラスカふたつの心をつなぐ旅」「ダラス・バイヤーズクラブ」

    • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
    • April 02, 2014 11:20
    • 表題の2作品はそれぞれ違った意味で 決して楽しい作品とは言い難い後味でした   「ネブラスカ〜」 は痴ほう症の父と息子のロードムービー  母が亡くなった後 実家の父と向き合い付き合った数年を思い出しました  辛い訳ではないけれど言っているいることが
  3. 3. 『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ!

    • [映画のブログ]
    • April 12, 2014 18:31
    •  油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、学
  4. 4. 『ダラス・バイヤーズクラブ』

    • [京の昼寝〜♪]
    • April 13, 2014 08:00
    • □作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度 
  5. 5. ダラス・バイヤーズクラブ

    • [LIFE ‘O’ THE PARTY]
    • April 19, 2014 12:33
    • 今回はかなり内容に触れているのであらかじめご了承くださいまし
  6. 6. 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観て〜アカデミー賞受賞作品

    • [kintyre's Diary 新館]
    • May 04, 2014 18:21
    • 14-26.ダラス・バイヤーズクラブ■原題:Dallas Buyers Club■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:117分■料金:1,800円■観賞日:3月15日、ヒューマントラストシネマ有楽町(有楽町) □監督:ジャン=マルク・ヴァレ◆マシュー・マコノヒー◆ジャレ
  7. 7. 「ダラス・バイヤーズクラブ」

    • [ここなつ映画レビュー]
    • May 26, 2014 14:38
    • マシュー・マコノヒーが圧倒的な存在感で第86回アカデミー賞主演男優賞を獲得したこの作品であるが、賞獲得が決定する前に見た劇場予告編で既に鑑賞意欲は高まっていた。だから、ダメ〜な感じを最後まで貫いてのマシュー・マコノヒーかと思っていたら、そんな事は全然なくて
  8. 8. エイズになり 輝きだす、

    • [笑う社会人の生活]
    • July 07, 2014 22:32
    • 映画「ダラス・バイヤーズクラブ」を鑑賞しました。 1985年、電気工でロデオカウボーイのロンは、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。 アメリカに認可治療薬が少ないことを知り彼は代替薬を探し 本国へ密輸を試み国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤー...
  9. 9. Blu-ray:ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club 命を賭けた闘いの男儀ぶりに降参!

    • [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
    • September 09, 2014 06:31
    • 評判は聞いていたが、エイズ物ということで つい尻込みしてしまい、Blu-rayで。 エイズになってしまった主人公は、余命30日との宣告を受ける。 フツーだったら、そのまま落ち込んで、棺桶までまっしぐらに? ところが主人公はロデオ乗り。 男の中の男、が売りで...



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。