映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
シェルブールの雨傘
2013年09月28日 (土) | 編集 |




ミュージカル繋がりで
シェルブールの雨傘(1963)フランス
原題:Les parapluies de Cherbourg
監督:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/ニーノ・カステルヌオーヴォ/ マルク・ミシェル/ エレン・ファルナー / アンヌ・ヴェルノン 
ドヌーヴをブログのアイコンに使わせてもらっていながら、
この作品を観てないって、なんだったんでしょう。
カンヌでパルムドールを獲得した、ジャック・ドゥミ監督によるミュージカルですね。

聴き覚えのある物悲しい主題歌が流れ、雨の降り始めた石畳を色とりどりの傘が行き交う
これを真上からのショットで映し出すオープニングクレジットのなんと映画的でお洒落なこと!
まずここで、そのセンスと哀愁にノックアウトです。

本編が始まると、台詞の全てを歌いながら・・という歌曲形式に一瞬ビビったものの
主題歌の旋律がベースになっていると気づき、どうにかセーフ(笑)




カトリーヌ・ドヌーヴ演じるのは、フランス北西部の港町シェルブールで
自動車修理工のギイと愛し合う傘屋の娘ジュヌヴィエーブ。
しかしアルジェリア戦争の徴兵令状が二人の運命を翻弄するんですね。
ギイとの連絡が途絶えた傷心のジュヌヴィエーブに結婚を申し込む男性も現れ・・・



もう古い作品でもあるので、内容に触れますが
ラストシーン、
久々にシェルブールに戻り、あえて回り道をしてガソリンスタンドに立ち寄ったジュヌヴィエーブはこのとき幸せだったのだろうか。
偶然(?)遭ったギイに、別れ際「Are you all right ?」と訊くジュヌヴィエーヴ
もしもギイが「君は?」と訊き返していたら、彼女はどう応えただろう。
雪の中、家族で戯れるギイを映すカメラはジュヌヴィエーブの視線だったのかな。


シェルブールの雨傘とは、降り出した彼女の涙の雨を受け止める傘だったのかも
そんなことを思い、切なくて泣けました。たまらなく好き。