映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリミナル・ミッション
2016年09月07日 (水) | 編集 |

Criminal-Activities-2015-poster-e1448438788106.jpg
 

クリミナル・ミッション(2015 アメリカ
原題:Criminal Activities
監督:ジャッキー・アール・ヘイリー
出演:マイケル・ピット/
 ダン・スティーヴンス/ クリストファー・アボット/ ロブ・ブラウン/ エディ・ガテギ/ ジャッキー・アール・ヘイリー/ ジョン・トラヴォルタ

【あらすじ
高校時代の友人が急死したことをきっかけに再会した4人の男たち。彼らは裏情報を基に株で大儲けしようとマフィアのエディから資金を借りるが、結果は惨敗。返済不能に陥った4人は、借金を帳消しにする代わりにエディからある仕事を命じられる。それは、エディの敵対組織の甥を拉致して一晩だけ監禁するというものだった。

【感想

個性派俳優ジャッキー・アール・ヘイリーが初監督に挑んだクライム・サスペンスです。

「英国男優50人斬り」9人目はダン・スティーヴンス
同級生の間でなぜか浮いた存在のクルクルパーマのノアを演じてます。

ノアが持ち掛けた株取引は大失敗。しかも出資金はマフィアの金だったということで4人は期せぬトラブルに巻き込まれてしまうんですね。
マフィアの若手マルキスを誘拐監禁するいうミッションが遂行されるも、ノアの失態で身に危険を感じ始める同級生たち。それぞれ抱える問題を垣間見せつつ、事件の本当の目的が明かされるという形で、大どんでん返しを見せる演出です。

もうね、こんな風だったら面白いだろ、スタイリッシュだろ、どんでん返しスゲーだろっていう
いかにも俳優の初監督作品といった感じでしたね。
edi-gathegi-and-dan-stevens-CRIMINAL-ACTIVITIES.jpg
素人集団がマフィアを誘拐するというアイディアはいいし、面白いんですよ。
マルキスを演じる エディ・ガテギも抜群の存在感を放ってまして
腐っても鯛、縛られていてもマフィア。
鋭い推理で犯行の裏を暴き、素人4人を震え上がらせる様が痛快です。

マフィアなのに健康オタクというトラヴォルタの設定も楽しいし、前半は会話にも笑えたんですが
途中から笑えなくなってしまう。どう考えても色々詰め込みすぎで疲れてしまった。
同級生の背景はまだしも、登場人物あれこれのエピソードまで入れてごちゃごっちゃ
ジャッキー・アール・ヘイリー自身もエディのボディガードの一人を演じてるんだけど、その幼少時代の話とかいる?
untitled.png
「面白そうな話」を色々入れ込むから「伏線」と「はったり」の区別もつきにくく
どんでん返しの効果が半減するという悪い例だったような気がする。
ガイリッチーやタランティーノの線を狙ったのかもだけど、そもそもガイリッチー派でない私としては
もう少しシンプルなものを楽しみたかったというのが本音ですね。

ダン・スティーヴンスが色んな顔を見せてくれたのは思わぬ儲けもの。
結局主役だったんじゃない?
久しぶりに観たマイケル・ピットもよかった。



ブログパーツ



















[READ MORE...]