映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】誰のせいでもない
2016年08月23日 (火) | 編集 |

20160823-EverythingWillBeFine-sub4.jpg 

誰のせいでもない(2015
ドイツ/カナダ/ノルウェー
原題:Every Thing Will be Fine
監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ビョルン・オラフ・ヨハンセン
出演:ジェームズ・フランコシャルロット・ゲンズブールレイチェル・マクアダムス/マリ=ジョゼ・クローズ
日本公開:2016/11/12

【あらすじ
売れない作家のトーマスはある日運転中に急ブレーキを踏む。
すんでのところで停止し、そりに乗った子供が無傷であることに胸をなでおろすトーマス。
呆然と言葉も出ない子供を家に送り届けるも、母親のケイト(シャルロット・ゲンズブール)はパニック状態で家を飛び出す。

【感想

ヴィム・ヴェンダースジェームズ・フランコを主演に迎えた新作のヒューマンドラマです。
事故の際、トーマス(フランコ)が少年にかけた言葉が原題の「Everything will be Fine」。
実はトーマスの気づかないところで一つの命が失われていたんですが、どうやらそれは「誰のせいでもない」事故として処理された様子。トーマスは恋人サラにも「Every thing will be fine」と報告します。しかしながら事故はトーマスやサラ(レイチェル・マクアダムス)、事故にあった少年一家の運命を変えていくんですね。
C7@D_Wenders_Everything-Will-Be-Fine.jpg 

お咎めなしとされたとはいえ、事故が心の底の澱となってしまうのは理解できます。
レイチェル・マクアダムス演じるサラとの関係も、ともに事故のトラウマにとらわれた状態でいたわり合うのは難しい。
 

everythingwillbefine.jpg 

けれどトーマスは編集者アン(マリ=ジョゼ・クローズ)家族と出会い、癒しを見つけることができたんでしょう。心に余裕ができて初めて同じように傷を負った人の心を包んであげることもできたのだと思う。
法的責任はなくても、被害者家族に対する心的責任を負ったトーマスが、新たに負う自身の家族への責任等、淡々とした中にリアルな現実が盛り込まれてますね。
 

ゆっくりと時間をかけてトラウマから解放され成長する話でもあり、11年の歳月の重みも感じます。

今回は2Dで見たけれど、奥底を表現するのに用いたとする3Dがどんなものなのか見たかったかも。もちろん2Dでも、枠越しや、ガラスに景色を反射させる手法などを用いた映像が印象的で、雪の景色の美しさは特筆すべきものがありました。
 

フランコ君はフラットに演じることに徹しているように思いましたが、意図的に演出されたものなのかな。
正直淡々としてスローなので、途中寝たとしても「誰のせいでもない」・・気がする(汗)

終わってみれば原題の「Everything will be Fine」には前向きな希望を感じますね。
邦題とは少しギャップが・・コホンコホン・・

ブログパーツ

[READ MORE...]
【映画】話題の『ザ・インタビュー(原題)』
2015年01月03日 (土) | 編集 |
interviewposter.jpg

ザ・インタビュー(原題) (2014)アメリカ
原題: The Interview
監督:エヴァン・ゴールドバーグ/セス・ローゲン
出演:ジェームズ・フランコセス・ローゲン/リジー・キャプラン/ランドール・パーク/ダイアナ・バン
日本公開: 未定
ご存知、金正恩暗殺をネタにしたジェームズ・フランコセス・ローゲン主演のコメディです。
ソニー・ピクチャーズがサイバー攻撃を受けテロ予告されたことで、公開とソフト化の中止を宣言。
しかしオバマ大統領の擁護発言で一転、限定公開&ネット配信されることになったという話題の一本。
オンライン配給だけでも物凄い興行収入をたたき出してるらしいから、世の中どう転ぶかわからないですね。
車で18分ほどの映画館で上映してるので私も観にいこうと思ったんですが、結局youtubeの有料サービスで視聴しました。
いや~、これは思った以上に面白かった。


フランコ&セスが演じるのは、キャリアの変換期を迎えた人気トーク番組の司会者とプロデューサー。
彼らは北朝鮮の最高指導者金正恩氏のインタビュー企画を立ち上げるんですが、それがCIAの知るところとなり、あらんことか暗殺を依頼されてしまう・・という話。

interview.jpg

一国の指導者を暗殺する話なので、顰蹙なのは確かでしょう。
でもむやみに北朝鮮を揶揄するのでなく、偏見を捨て交流した上で金氏のトラウマに触れてみたり
北の事情にも理解を見せているので、いやな感じじゃないんですよね。
しかし一方的な視点ではあるものの、劣等感が引き起こす狂気や北の「嘘」を暴くという形なので、
これ国民に観られたらやっぱりヤバいでしょうなぁ。
サイバー攻撃の真相は知りませんが、公開を阻止しようとしても不思議じゃない。


共同監督にエヴァン・ゴールドバーグというのは、『ディス・イズ・ジ・エンド』と同じですね。
ある意味社会派な側面もありつつ、基本はしっかりコメディ。
セス映画らしいシモネタ満載にして、アクション的にも見せ場あり
素人のにわかスパイものとしても大いに笑わせてくれました。

これは劇場で観ても満足したと思うわ。


セス・ローゲン初監督の終末コメディ『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』
2013年06月15日 (土) | 編集 |



『スーパーバッド 童貞ウォーズ』や『スモーキング・ハイなどの脚本家エヴァン・ゴールドバーグと、セス・ローゲンが共同で監督を務めた終末コメディ『This is the End』観てきました。
This is the End(2013)アメリカ
原題:This is the End
監督:エヴァン・ゴールドバーグ/セス・ローゲン
出演:ジェームズ・フランコジョナ・ヒルセス・ローゲン/ジェイ・バルシェル/ダニー・マクブライド
日本公開:未定

ジェームズ・フランコ君宅のパーティにセス・ローゲンジェイ・バルシェルジョナ・ヒルといった仲間たちが招かれ、楽しいときを過ごす。しかし、地球はいきなり何者かに襲われ、壊滅状態に・・。
多くが悲惨な最期を遂げる中(それぞれの死に様も笑えるww)
生き延びた数人が再びフランコ邸に集い、外の様子を窺うが・・




エヴァン・ゴールドバーグセス・ローゲンの初監督作品ということで、セスと交流のある愉快な仲間たちが本人役で総出演。こういうのは素の交友関係をのぞき見るような面白さがあるよねぇ。彼らのシモネタ炸裂の与太話に会場も大いに笑った。

目の前に突如として謎の敵が現れ、地球を襲う・・というSFアクションものは少なくないけれど
本作には軍隊も戦艦も登場しない。あくまで、人としてどう立ち向かうか、なんですね。

『ミスト』や『クローバーフィールド』などのSFアクションから『エクソシスト』まで、ホラー映画へのオマージュと思えるシーンもあり、思いのほかスペクタクルなディザスター映像も見ごたえあり。

切羽詰った状態で人の本性が現れる。
そんな中描かれる友情の描き方がよくて、終盤不覚にもホロッとさせられました。

マイケル・セラ君のいじられキャラとか、エマ・ワトソンやリアーナなど旬な女優のあれこれとか
楽しみどころを挙げるとキリがない。

日本公開は今のところ未定だけど、これは公開して欲しいですよ。









オズ はじまりの戦い
2013年05月23日 (木) | 編集 |



一週間のご無沙汰です♪
甥っ子の結婚式に出席するため日本に帰ってましたが、昨日戻ってきました。
旅のプチ報告は裏でするとして、今日は機内で観た映画の中から『オズ はじまりの戦い』を。

オズ はじまりの戦い(2013)アメリカ
原題:Oz: The Great and Powerful
監督:サム・ライミ
出演:ジェームズ・フランコ、 ミラ・クニス、 レイチェル・ワイズ、 ミシェル・ウィリアムズ、 ビル・コッブス  
 L・フランク・ボームの『オズの魔法使い』を下敷きにした作品です。

3D用に作られた映像で見せるファンタジーアドベンチャーを機内の小さなモニターで観るという無茶な鑑賞でしたが、気づいたことなどを少々。

まず、オズの目指すエメラルドの都に続く道が先日記事にした映画のタイトルと同じ「イエローブリックロード(黄色いレンガの道)」。
映画の途中で気づいたのだけど、これは夢に続く道であると同時に、途中にある「ケシの森」は死へ誘う危険な道でもある。
タイトルと途中ケシが出てくることから、オズの物語を知っていれば、前述の『イエローブリックロード』がどんな映画であるかは、おのずと分かるものになってたわけですねぇ。

さて、話を『オズ~』に戻しましょう。
オリジナルと同じように、旅をともにする面々が欠けていたもの(欲しいもの)を手にするというプロットは感動的で、流石に元は児童文学と思うところ。
特に、詐欺師のオズが途中に出会うものを偶然に助けたりするうちに、本来の美しい心に気づき変わっていくところがいいですね。心からの感謝を伝えられ、ハッとするところなど、フランコ君の細かい表情の演技が光ってました。

正直、途中の戦いなどには興味をそそられず、少し退屈したし、観た後もサム・ライミ監督作品であることがあまりピンと来ないのだけど、大きなスクリーンで観れば、ファンタジックな映像美を堪能できたのでしょうね。
個人的に好きだったのは、陶器の少女や羽のある猿の台詞や動作にユーモアのセンスが溢れていたこと。
役者陣もそれぞれの役を上手くこなしてました。
オリジナルを知って観るともっと違った楽しみ方ができたんだろうな。

トラックバック一覧

  1. 1. オズ はじまりの戦い

    • [風に吹かれて]
    • May 28, 2013 13:16
    • 映画も魔法のひとつ公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/oz-hajimari監督: サム・ライミカンザスのサーカス一座の奇術師オズ(ジェームズ・フランコ)は、ある
  2. 2. 映画備忘録 「オズ はじまりの戦い」「レッド・ライト」「シャドー・ダンサー」

    • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
    • June 05, 2013 10:00
    • アップしていない作品何本か・・・ 「オズ はじまりの戦い」 と 「レッド・ライト」 どちらもイリュージョンを駆使しての作品ですが 「オズ〜」は名前の通り「オズの魔法使い」の前日談 「レッド・ライト」は超能力?と見せかけて人を欺く詐欺師 と 実は・・




青春は過激で儚い!『スプリング・ブレイカーズ』
2013年04月12日 (金) | 編集 |



エバート氏塗りつぶし一本目に、公開中の『スプリング・ブレイカー』を観ました。
『ミスター・ロンリー』などの鬼才ハーモニー・コリン監督による異色青春ドラマです。
スプリング・ブレイカーズ(2012)アメリカ     
監督:ハーモニー・コリン
出演:レイチェル・コリン、 セレーナ・ゴメス、 アシュレイ・ベンソン、 ジェームズ・フランコ、 ヴァネッサ・ハジェンズ
日本公開:6/15
 
退屈な大学生活を送る女の子4人組は、レストランで覆面強盗をして資金を稼ぎ
春休み(スプリング・ブレイク)をフロディダで過ごすことにした。
綺麗なビーチではじけまくる4人だが、遊びが過ぎて警察に捕まる始末に。
そんな時、4人のために保釈金を出すものが現れる・・




仲良し4人組にレイチェル・コリン(監督の奥さん)、セレーナ・ゴメス(ジャスティン・ビーバーの元カノw)、アシュレイ・ベンソンバネッサ・ハジェンズが扮し、ほぼ全編水着姿で目を楽しませてくれます。
若者と一緒に浜辺で過ごしている気になる映像表現がポップで面白い。



しかしキャンディ色弾けるお気軽ギャルムービーかと思えば、4人が逮捕され、
保釈金を積んだエイリアンと呼ばれるラッパー兼ドラッグディーラー(ジェームズ・フランコ)と出会う頃から雲行きが怪しくなる。

若者はこんなにも簡単に裏社会に足を踏み入れてしまうものかと、怖くもなりますが
フランコ君演じるラッパー風情のギャングは、基本無理強いはしない主義
彼女らは自分たちの意思で進む道を決めるんだよねぇ。




フランコ君がまたいいのですよ。
最初は銀歯のラッパールックにラッパー喋りでセンスのカケラもない家の装飾品を自慢する
軽く、いかにも成り上りものなフランク君に「誰?」と目を疑ったのだけど
話が進むにつれ、そんな容姿でもやっぱりカッコよく、フッと見せる孤独な瞳や優しさに
普段の安さとのギャップを感じたらもうだめ。女の子たち同様にフランコ君の虜です。

はっきり言って、女の子たちも、彼女らを悪の道に引き込むフランコ君も全然褒められない
なのに、観終わってからも頭から離れず、胸がキュンとするのは何故?
遥か昔に置き忘れた青春の憧憬・・ そんなことを感じる一本です。

ちなみにフランコ君がセレーナちゃんの歌を口パクで歌うビデオを見つけたので貼っておきますw
 
James Franco on WhoSay