映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『ザ・パージ・アナーキー(原題)』年に一度の恐怖の12時間
2014年11月30日 (日) | 編集 |
 

パージ:アナーキー
(2014)アメリカ
原題:The Purge :Anarchy
監督:ジェームズ・デモナコ
出演:フランク・グリロ/カルメン・イジョゴ/ザック・ギルフォード/キーリー・サンチェス/マイケル・K・ウィリアムズ
日本公開:2015/8/1
【あらすじ】 
年に一度、12時間だけ、どんな犯罪も許される政府公認の粛清日パージが制定された近未来。
今年も恐怖のパージがやってきた!
 
年に一度の粛清の夜「パージ」の恐怖を描いた『The Purge』の続編。
前作同様ジェームズ・デモナコが監督と脚本を手がけています。
 
前作はイーサン・ホーク演じるセキュリティ成金宅が襲撃される話でした。
正直パージなる日を政府が設けいていることの意味がよく分からず、バイオレンスも不快で劇場鑑賞したのを後悔したんですよね。
続編も観なくていいやと思ってたんですが、思いのほか評判よさげだったのでDVDで鑑賞。
 
2023年6回目のパージを数時間後に控え、誰もが無事にパージが過ぎることを祈る中車が故障し、
一組のカップルが道に取り残されてしまいます。案の定怪しきバイク集団に追われることになり・・
 

 

この時点でかなり緊張してしまうのは前作を観てパージの恐ろしさを知ってるから。
勿論当の二人の緊張もピーク。
彼らは逃走の道すがら黒人の母子と、何故かパージのさなか車を走らせる謎の男(フランク・グリロ)に出会い、
生き延びるために戦うことになります。
 
 

そもそもパージなどという恐ろしい粛清日が設けられたのはセキュリティも整えられない貧しい層を減らし、
犯罪の少ない安全な国家を作るためというのが名目なんですが、
国は貧しきが減れば生活支援などの余計な出費が抑えられるという利点もあり、
要は金持ち万歳のエゴが根底にあるのねぇ。

前作ではそのあたりがあまり描かれず、映画もつまらなかったんですが今回は「パージ」への人々の思いがさまざまな角度から描かれていて面白い。 6年目ともなれば、あるものはパージに反旗を翻し、あるものはパージを楽しむ。

途中『ハンガーゲーム』みたいになってしまうのは真似みたいでどうかと思うし殺しまくりなのはあまり気持ちよくはないんですけど、スリラーとしてはなかなかの出来。 あの家にはどうやって入ったの?とか、細かいツッコミどころはあるもののヒューマンな部分も描かれているのがいい。

最後は思わぬ感動まであって予想外に楽しめました!
駄目駄目映画からこんな快作の続編が出ることを誰が期待したでしょうね。

一本目はつまらなかったけど、今思うと「パージ」というシステムを紹介する序章だったんでしょう。
続編があって初めて意味をなす映画だろうと思いますね。
あ、でもエンドロールで次のパージまで364日って出たとこ観るとさらなる続編もありかな。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。