映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『メッセージ』前半に忍耐を要すが少し我慢
2016年11月12日 (土) | 編集 |
arrival2.jpg

メッセージ
(2016 アメリカ
原題:Arrival
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:エリック・ハイセラー
出演:エイミー・アダムスジェレミー・レナー/フォレスト・ウィテカー

【あらすじ】
世界各地に謎の宇宙船が出現。言語学者のルイーズは謎の知的生命体との意思疎通をはかる役目を担うこととなり、“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探っていくのだが……。


【感想】
ミステリー祭り2本目
『プリズナーズ』『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴがテッド・チャンの原作『あなたの人生の物語』を映画化したSFミステリーです。

来年公開の『ブレードランナー』の続編の監督を任せられたヴィルヌーヴ監督は、幅広いジャンルを撮る監督で、どれ一つとっても同じ監督の作品という気がしません。『複製された男』にも少しSF要素があったけど、今回は地球外生命体とのコンタクトを描いてまして言ってみれば『未知との遭遇2』みたいな話。

pod.jpg
卵型の宇宙船でやってきた巨大な生命体は何をもとめているんだろうということで、エイミー・アダムス演じる言語学者のルイースに白羽の矢が立ちます。同様に政府によって招集されたジェレミー・レナーと協力し、エイリアンの「言語」を解読することに。
Arrival-Amy_Adams-001.jpg
ルイースは離婚後に一人娘を病気で亡くし、孤独と戦いながら生きている女性で、娘と言葉を交わすことができない虚しさを埋めるかのように、懸命にエイリアンと会話しようとするんですね。
でもいかんせん、彼らの言語というのが貞子が出てきそうなイカ墨リングなもんでw解明も簡単には進まない。
危機感を感じる某国の動きが問題になる中、人類はこの危機をどう乗り切るのか。
arrival.png
トランプ大統領ならあっという間に攻撃して映画も30分で終わりそうな話ですが
映画は非常に気が長く。。正直この悠長さに前半は眠くなります。
実際席を立って、帰ってこなかった客もいましたし。

でも後半、映画は思いがけない方向に!
ミステリー的には反則技に近い(笑)
ネタバレしてはしませんが、言えるのはこれは単なるエイリアン映画じゃないということ。
監督は記憶とか時間軸とかを映画の中で知的に操る人だと思う。本作でもそれが生きていて、在りし日の娘と過ごすルイースのフラッシュバックから見えてくるものに、最後の30分は得も言われぬ幸福感に包まれる。
ヨハン・ヨハンソンの幻想的な音楽もいい。
エイミー・アダムスジェレミー・レナーも魅力的でした!


IMDbも8.5と高評価。
日本公開は来年の5月だそうです。

ブログパーツ


[READ MORE...]
スポンサーサイト
【映画】『エヴァの告白』
2014年12月26日 (金) | 編集 |
immigrantposter.jpg 

エヴァの告白 (2013)アメリカ/フランス
原題: The Immigrant
監督: ジェームズ・グレイ
出演:マリオン・コティヤールホアキン・フェニックスジェレミー・レナー/ダグマーラ・ドミンスク
 
1921年、戦火を逃れてポーランドからアメリカへと移住してきたエヴァは、病気の妹が入国審査で隔離されてしまい、自身も理不尽な理由で入国を拒否される。強制送還されそうになったエヴァは、彼女の美しさに見惚れたブルーノという男に助けられるが、ブルーノは移民の娘たちを働かせ、売春を斡旋するという裏社会に生きる男だった。

マリオン・コティヤールがポーランドからの移民の女性を演じたヒューマンドラマです。

ヨーロッパをはじめ世界中の国から人々が移民としてアメリカにやってきた時代。
頼るもののない地で、財力もない者が全うに生き延びることなど容易ではなかったでしょう。
エヴァもほぼ身一つでやってきた女性ですが、彼女は美貌を持ち合わせていたことから、
ホアキン・フェニックス演じるブルーノの目に留まるわけです。


immigrant2.jpg


あぁ、これは切なかった。
帰る故郷を持たないエヴァは、心細さに震え、売春婦に身を落とす自分を嫌い、
それでも、生きるために自分の血で紅を塗りビンタで頬を染める。
妹との再会を心の糧に、ブルーノを憎みながらも利用するエヴァ。
でも美しさが周囲を翻弄することにもなり、エヴァは苦悩に苦悩を重ねることになるんですねぇ。
夢を抱くことは罪なのか、生きるために身を落とすことは、
はたまた美しいことは罪なのか・・(←言ってみたいがなw)


immigrant3.jpg

エヴァがエゴイストに映るのか、この映画ももうひとつと感じる人も多いようだけど
私はエヴァの切ない思いと強さに胸を打たれました。彼らの間に確かに愛はあったと思うし。
マリオンは本当にうまいですね。
彼女の美しさに翻弄されるのがホアキンとジェレミー・レナーで、二人がまたいいんだ。

監督は『リトル・オデッサ』『トゥー・ラバーズ』のジェームズ・グレイ
切実でいて、ロマンティックでクラシカル。

中堅実力派3人の演技も見ごたえあり、これは今年のマイトップ10に入りそう。


10本目のクリスマスソング、Shakin Stevens - Merry Christmas Everyone
今年のクリプレwはこれで打ち止めにします。

 


ジェレミー・レナー『ヘンゼルとグレーテル:ウィッチハンターズ(原題)』
2013年01月27日 (日) | 編集 |




ヘンゼルとグレーテル:ウィッチハンターズ(2013)ドイツ/アメリカ
原題:Hansel & Gretel: Witch Hunters
監督:トミー・ウィルコラ
出演:ジェレミー・レナー、ジェマ・アータートン、ファムケ・ヤンセン、ピーター・ストーメア、トーマス・マン


グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』の後日談
あれから15年、今では賞金稼ぎで世界中の魔女を退治するヘンゼルとグレーテル兄妹の姿を描くホラーアクション映画です。
ヘンゼルとグレーテルにジェレミー・レナージェマ・アータートン
IMAX3Dで観たのですが・・前日の睡眠不足がたたり、半分くらい寝ちゃいまして(汗)
とりあえず空白を部分を友達に聞いての、ザル式鑑賞記録であります(笑)

これ、監督が『処刑山-デッド・スノウ-』のノルウェー監督トミー・ウィルコラだったのね。
ご存知の方はテイストをいくらか想像していただけるかもしれませんが
ブラックユーモアの効いた『処刑山』が好きな方は本作もそれなりに楽しめるかと。



お薦めポイントはまずはジェレミーとジェマのコンビのクールさでしょうね。
二人のテンションが高すぎずシニカルなので、ファンタジーながら大人も付き合える。

オリジナルの『へンゼルとグレーテル』はそもそも口減らしのために
姥捨てならぬ、子供を森に捨てるという、実は暗い話なのだけど
本作での両親のエピソードは、魔女狩りのあった時代ならでは新しい解釈で面白い。
その時代には絶対になかっただろという武器が出てくるのも武器マニアには嬉しいかも。
エンドロールではじっくり武器を見せてくれました。



ま、寝てましたから、このくらいのことしか書けませんw
あ、魔女のリーダーを演じたのは『96時間シリーズ』のリーアムさんの元妻
ファムケ・ヤンセンだったのはビックリ(笑)

日本公開はいつでしょう。





ボーン・レガシー
2012年09月20日 (木) | 編集 |
マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンが着々と告発の準備を進める中
危機を感じたCIAは、極秘プログラムを抹消すべく動いていた!
シリーズ続編となる『ボーン・レガシー』観てきました。





ボーン・レガシー
2012年(アメリカ)
原題:The Bourne Legacy
監督:トニー・ギルロイ
出演:ジェレミー・レナーレイチェル・ワイズエドワード・ノートンアルバート・フィニージョアン・アレン


ジェイソン・ボーンの存在によってCIAの極秘プログラム“レッドストーン計画”が暴かれようとしていた。それはさらなる極秘計画“アウトカム計画”にも波及し、国家調査研究所のリック・バイヤーはCIAを守るため、すべてのプログラムを闇に葬り去るべく動き出す。関係者が次々と抹殺されていく中、アウトカム計画の“最高傑作”アーロン・クロスは間一髪で逃げ延びる。アーロンは同様に命を狙われた研究者マルタを救い出すと、体調の維持に必要な薬を求めてフィリピンのマニラへと向かうのだったが…。
<allcinema>

今回はボーン3部作で脚本を書いたトニー・ギルロイがメガホンをとりました。
ボーンシリーズの陰謀は、実は氷山の一角とするスケール感と、ボーンよりも優れた新ヒーローの登場にはワクワクするところ。
実は最初乗り切れず、冒頭から多分10分くらい寝ちゃったんですよね。
でもアーロン役のジェレミー・レナー登場からはバッチリ目が覚めました。
最強暗殺者に相応しいキレのあるアクションと、先回りする頭の良さで退屈させません。
アーロンになる前の姿が描かれていたり、ボーンとは違うキャラクターを持たせているのも面白いところで、絶対的に強いけれど人懐こい表情を垣間見せるところも魅力のひとつ。
染色体を操作されていることから身体的な欠点を持ち、それがタイムリミット付きな緊張を生むんですよね。




プロジェクトに係わった研究者マルタを演じるレイチェル・ワイズは期待を上回る存在感。
科学者としての傲慢さから、自分の仕事の倫理的な部分には目をつぶっていたマルタが、アーロンと共に行動するうちに人として成長し、生き生きしてくるんですよね。
どちらが欠けても生きていけない二人。次第に絆が深まっていく感じが良かった。

舞台をマニラに移してのカーチェイスは迫力満点。
マニラの交通事情を知ってるだけに、余計ハラハラしちゃいましたが。
ただ、なんだろ。追いかけっこのアクションが前面に出た印象。時間も長すぎるのかな。

リック・バイヤーを演じるエドワード・ノートンは、自分のやってることが国の平和に繋がるのだと妄信する、ある意味アメリカの姿を体現する存在。知的さを匂わせるノートンは悪くないけど、彼が登場すると何故か眠くなった(汗)

これはさらにシリーズ化されるの?
アーロンとマルタが名コンビなだけに、このまま終わって欲しい気もするけどそうもいかないんだろうな。。

★★★☆

 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。