映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ラビング 愛という名前のふたり
2016年12月05日 (月) | 編集 |
 loving-poster-ruth-negga-joel-edgerton.jpg

ラビング 愛という名前のふたり(2016 アメリカ
原題:Loving
監督/脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:ルース・ネッガ/ジョエル・エドガートン/ウィル・ダルトン
日本公開:2017/3

【あらすじ】
白人と黒人のカップル、リチャードとミルドレッドは妊娠を機に結婚を決意するが・・


ジェフ・ニコルズの新作です。
黒人差別の残る50年代のアメリカ、ヴァージニア州で、州の禁じる「異種族結婚」に立ち向かった白人と黒人のカップルを描く実話です

妊娠を機に結婚した二人ですが、ある日、二人が眠るベッドルームに保安官や警察が押し掛け
州法を破ったかどで夫妻を逮捕し牢屋に入れてしまうんです。
Loving-2017-Movie-Download-Free-720p-BluRay-Free-Movies-Download.jpg
就寝中だったミルドレッドは着替えも許されないまま連行され、保釈時も寝間着のままだったのには気の毒すぎて言葉が出ません。そんな娘を目にしても何も言えない両親の悲しい顔も忘れられない。
黒人は黙って耐えるしかない。これが50年代のヴァージニア州の現実だったんですね。

二人はそれでも結婚を諦めません。
冒頭に書いたように「異種族結婚」に立ち向かったというのは、差別問題に取り組んだ活動家の話のように思われそうだけど、決してそんな風ではない。
彼らは静かに、一緒にいられる術を自然体で模索するんです。
タイトルのLovingは彼らの性でもあるんですが、もちろん愛し合う二人を表してもいるんでしょう。
そんな二人が法律までも塗り替えてしまうのには感動します。
582156d7ebc80Loving.jpg
エドガートンは怒りや焦燥感を言葉にすることなしに、真摯に妻子を愛する誠実な演技
逆境に耐え、夫を全身全霊で信頼し寄り添うミルドレッドを演じたルース・エッガは特に素晴らしく
2人そろって前哨戦のいくつかで主演男優賞、女優賞にノミネートされてますね。

ちなみにこちらが本物のラヴィング夫妻
loving.png



ジェフ・ニコルズにしては緊張感でピリピリするところもなかったですが、彼らの姿勢はムーブメントの貴重な一歩。実話ならではの重みがありました。
ブロードキャスト映画批評家協会賞、サテライト賞で作品賞にノミネートされています。

ジェフ・ニコルズ作品なのにマイケル・シャノンは出てないの?と思ったらやっぱり出てきました(笑)



ブログパーツ


【映画】『ミッドナイト・スペシャル(原題)』はSFスリラーとして観ると失敗する
2016年04月20日 (水) | 編集 |

share-1.jpg 

ミッドナイト・スペシャル
(2016)アメリカ

原題:Midnight Special
監督/脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:マイケル・シャノンキルステン・ダンストジョエル・エドガートンジェイデン・リーバハーアダム・ドライヴァー
 
 【あらすじ
追っ手から息子を守るため、父は深夜車を走らせる


【感想
『MUD マッド』のジェフ・ニコルズ監督の新作はちょっと変わったSFです。

奇妙なサングラスをかけた子供(ジェイデン・リーバハー)と何やら緊張した面持ちの男が二人(マイケル・シャノンジョエル・エドガートン)。片方の顔が指名手配のニュースで映し出され、3人はモーテルを出て夜明けのハイウエイに車を走らせる。
wlkwcocr3c8fsbfxuppn.jpg 

何もわからぬまま、3人の逃避行を見守ることになる本作
正直、冒頭の10分を見損ねたのではないかと頭の中「@&?+%」状態となりますが
次第に彼らが政府とカルト集団の双方から追われていることが分かってきます。

ようやく身を寄せた家でガタガタピシピシ・・
ここでも大地震発生か??!!
と思いきや、それが子供の超がつく能力の一端であることを知るんですわ。
maxresdefault.jpg 

ジェフ・ニコルズ監督作品は好きでデビュー作から観てますが、監督の作品のほとんどが家族への責任や絆といった結婚生活で感じたことが題材になっているんですね。
本作も幼い息子が熱性けいれんを起こし、夫婦で怖い思いをした経験から生まれた作品だそうです。

けいれんを起こした人を間近に見た経験のあるかたはお分かりでしょうが
およそ人間とは思えないような動きや表情を目前にするのは怖いものがあります。
ましてや幼いわが子となれば、子供を失うのではないかとの不安にもかられるでしょう。

本作では監督のミューズ マイケル・シャノンが、息子の能力に畏怖しながらも、息子を愛しひたすら守ろうとする父を演じ、監督の思いを代弁しています。
SFという監督にしては珍しいジャンルながら根本に家族愛があるところは従来通り。
midnight-special-michael-shannon-joel-edgerton.jpg 

クライマックスに向けスケールも大きくなるし、結末に衝撃もあるものの
正直面白かったかといわれると微妙(汗)
リニューアルした劇場の革張りの座席が滑って姿勢が落ち着かず集中できなかったのもあるけど
スローな逃走劇に少々飽きたし疲れてしまった。

唯一よかったのは、『スターウォーズ/フォースの覚醒』でレンを演じたアダム・ドライヴァー
政府側のアナリストを演じるドライヴァーのどこかほのぼのした学者肌なキャラが退屈な作品(言っちゃったw)にユーモアと癒しを与えてくれました。

共演はほかにサム・シェパードとマイケル・シャノン
田舎のおばさんの風貌にはちょっとビックリなキルステン・ダンストが意外な母性を見せくれます。

はたして子供は何者かで家族は息子を守ることができるのか・・
SFスリラーを期待せずに観るのが正解かと。


ブログパーツ

[READ MORE...]
ジェフ・ニコルズ監督『MUD -マッド-』
2013年05月01日 (水) | 編集 |



MUD -マッド- (2012)アメリカ
原題:Mud 
監督/脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:マシュー・マコノヒー/タイ・シェリダン/ジェイコブ・ロフランド/リース・ウィザースプーン/サム・シェパード/マイケル・シャノン
日本公開:未定 
 アーカンサスの川岸に暮らす14歳のエリスと親友ネックボーンとボートで向かった小さな島で、木の上に一隻のボートを発見。ボートに人が住んでいる形跡をみつけ驚く二人は、まもなくマッドと名乗る男と遭遇する。

『ショットガン・ストーリーズ(原題)』『テイク・シェルター』のジェフ・ニコルズ監督最新作です。
マシュー・マコノヒー演じるマッドは、ある犯罪を犯し、無人の島で逃亡生活をする男。偶然マッドと遭遇した少年二人は、愛する女(リース・ウィザースプーン)と再会するため、洪水で木の上に打ち上げられたボートを修繕し島を出るというマッドの夢の手助けをすることになる。



 エリスはそもそも女の子大好き少年なんですが、両親が離婚の危機にあり悩んでいる。そんなとき、女との再会を生きる糧にするマッドと出会い、彼を助けようと思う。大人の愛の成就は両親の愛を信じることに通じているのでしょう。ところが、犯罪がらみのマッドの恋は大変な危険を伴うもので、少年二人は図らずもその危険に巻き込まれていくんですねぇ。本作は大人を信じては裏切られ、それでももっと大きな愛に遭遇し成長する少年の物語です。

 マシューはサバイバル暮らしで汚れ果てた男を演じていて、汚い手で缶詰の豆を食べたりの怪演ですが、根はピュアな男で、一途に女を思う姿にはズッキューン。
 
 前2作で主演を務めたマイケル・シャノンは今回は少年の一人ネックボーンの叔父さん役。出番は少ないけれど、両親に代わって少年を愛する優しい男。最後にさり気なく、彼が大きな役割を果たしたのであろうところを見せる監督の粋な計らいに、盟友マイケル・シャノンへのリスペクトを感じ、ニンマリしちゃいました。

 少年たちのアドベンチャーと成長、犯罪者の恋の行方、クライムサスペンスと盛りだくさんながら、どれも上手く絡まっていて、ユーモアもたっぷり。親が子を思う気持ちがストレートに描かれていて本当に素晴らしい。
大好きなサム・シェパードもカッコ良すぎて痺れたしなぁ。
安易なハッピーエンドにせず、少年の成長をリアルに、かつ暖かく見守る視線が凄く優しい映画でした。
これはまちがいなく今年一番。