映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】聖書を当てはめると違った世界が見えてくる『マザー!』
2017年09月21日 (木) | 編集 |
Jennifer-Lawrence-Mother-Banner.jpg  

マザー!(2017アメリカ
原題:Mother!
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ジェニファー・ローランド/ハビエル・バルナム/エド・ハリス/ミシェル・ファイファー

【あらすじ】
1人里離れた古い屋敷に暮らす夫婦の元に、ある日見知らぬ男が現れ・・


【感想】
ダーレン・アロノフスキーが実生活で恋人のジェニファー・ローレンスを主役に迎えて描く、サイコロジカルスリラーな一編。
ツイッターに落ちてきた情報から「傑作!」との呼び声も高く、楽しみに観てきました。

ジェニファー演じるのはスランプ中の小説家の夫(ハビエル・バルデム)と、人里離れた古い家で暮らす妻(マザー)。
彼女は古い家を日々修理、リノベーションし、理想の家を作り上げようとしています。

若い奥さんもらってハビさん夫はさぞかしウキウキだろうと思いきや・・
妻が朝ベッドで目覚めると、隣にいるはずの夫がいないというシーンから
夫婦の関係が微妙であることを印象付けるんですね。

そんな夫婦のもとに見知らぬ訪問者エド・ハリスが現れる
ネタ来たーー!とばかりに訪問者を歓迎する自己中な夫とは裏腹に、妻は困惑
やがて映画はカオスへと突き進みます。
hero_Mother-TIFF-2017.jpg
んまぁ、わちゃわちゃ。正直お腹いっぱい過ぎて途中疲れましたわ。
どうやら、これ監督が高い熱にうなされてる間にみた夢が元らしい、納得です。

ノンストップで色んな感情掻き立て、アンリアルな内容でありながら、人の関係性としてはリアルでイタい。
音楽はなく、効果音が日本の古い楽器風なのも印象的
感情をむき出しにして動きのあるシーンなのに、ヒロインの表情をクリアに映し出す映像にも感心した。


と、深く考えずに感想を述べるとこんなもんなんですが
監督のインタビューで「聖書風」という言葉を目にして、ちょっと考えてしまったんだなぁ。

正直、聖書のことなどあまり知らないんですが、映画を観たまんまにとらえてはいけないんだなということで再考。
すると映画の思わぬ側面が見えはじめ、訳の分からなかったシーンも意味を持ってくることに気づきました。
 
以下クリックで続きを読む方はご注意ください。

ブログパーツ




[READ MORE...]
【映画】パッセンジャー
2016年12月22日 (木) | 編集 |
passengersposter.jpg

 パッセンジャー(2016 アメリカ
原題:Passengers
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本:ジョン・スペイツ
出演:クリス・プラットジェニファー・ローレンス/マイケル・シーン/ローレンス・フィッシュバーン

【あらすじ】
5,259 人の乗客を乗せて地球を後にした豪華宇宙客船アヴァロン号。目的地となるコロニー、ホームステッドまで乗客は120年間カプセルの中で眠るはずだが、2人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう。絶望的状況の中惹かれ合う2人だったが・・


クリスマスを前に話題作が続々公開になります。
全部観たいけど、そういうわけにもなぁ。
今日は『アサシン・クリード』と迷ってこちらをチョイス。
クリス・プラットジェニファー・ローレンスが120年の長い宇宙旅行の途中、90年も早く目覚めてしまった乗客を演じるSF大作です。
メガホンをとったのは『ヘッドハンター』『イミテーション・ゲーム』のノルウェー監督モルテン・ティルドゥム

最近は退廃的な地球を舞台にした近未来ものが多い中、舞台が完全に宇宙(宇宙船内)というのはまずクール。
船内に男女が2人という設定は『青い珊瑚礁』なんかの好きな漂流ものを彷彿とさせるわけで面白くないわけがない。しかも90年も早く目覚めたら、どう頑張っても目的地に着くまでに老衰!2人のサバイバルにどんなオプションがあるのかと興味津々で見ることになりました。

passengers2016-6b.jpg
まずはエンジニアであるクリスが色んな道具を持ち出して壊したり作ったりするのが楽しい。
そもそも彼がコロニーへの移住を決めたのは、物作りに生きがいを持っていた彼が地球ではもはや必要とされないことに絶望していたから。こういう漂流サバイバルものには一番必要な人物かも。
ただし、船内には必要なものは全部そろっていて、もの作りの技がさほどサバイバルに生かされないのは残念。

ジェニファーに恋する様子も微笑ましい。考えたらクリスの正当な恋愛ものを見るのは初めてじゃないかな。ロマンスとしては問題含みで、中盤まではかなり面白かった。

ところが、後半の展開が早すぎて凄くもったいなんですよねぇ。
今起きてる問題が何なのか、それにどう立ち向かおうとしてるのかが見えにくいから置いてけぼりを食らってしまう。
もっと2人の思考の過程をじっくり見せるとまた全然違った面白いものになったんじゃないかな。

テクノロジーに関しては「未来にはできるんだろう」と思えるからいいのだけど、技能面では少しツッコミたい感じ。たいした宇宙訓練を受けたわけでもなかろう人間が『ゼログラヴィティ』みたいなこと簡単にできるんかなとか、色んな無理を感じてしまった。

ま、でも、ロマンス、アクション、ドラマ、サスペンスと多様なジャンルを盛り込んだ作品で、クリスの演技をじっくり見れたのが最高の収穫。主演2人+マイケル・シーンは文句なしにグッジョブです。
近未来映像もスタイリッシュでキレイ。ところどころかわいらしい笑いが投入されているのも好みでした。
passengers2016-2b.jpg
人間だれしもいつかは死ぬわけで、限りある命をどう生きるかというのが本作のテーマでしょうね。
最後に二人の映像を少し入れてくれるともっと感動できたかも。

ブログパーツ
[READ MORE...]
『早熟のアイオワ』:助演女優賞候補 ジェニファー・ローレンス
2014年01月20日 (月) | 編集 |



ジェニファー G・G助演女優賞おめでとう~!



今日は『アメリカン・ハッスル』の演技でアカデミー賞助演女優賞候補ジェニファー・ローレンスの作品から、2008年製作の『早熟のアイオワ』を観ました。
ジェニファー初主演作であり、クロエちゃんとの共演も話題で、日本でも2月に公開が予定されています。
早熟のアイオワ(2008)アメリカ
原題:Poker House 
監督:ロリ・ぺティ
出演:ジェニファー・ローレンス / ボキーム・ウッドバイン/ソフィア・ベアリー/ クロエ・グレース・モレッツ/ デヴィッド・アラン・グリア/ セルマ・ブレア
日本公開:2014・2・22
 
1976年。アメリカ・アイオワ州の小さな町にある『ポーカー・ハウス』と呼ばれる不法居住者の家では、夜な夜なポーカー賭博や売春が繰り広げられている。ヤク中で売春婦の母親サラ(セルマ・ブレア)と二人の妹(ソフィア・ベアリー&クロエ・グレース・モレッツ)とその家に暮らす14歳の少女アグネス(ジェニファー・ローレンス)は、妹たちを守りながら毎日を懸命に生きていた。しかし、そんなアグネスにさらなる追い打ちをかける出来事が起こり・・

監督のロリ・ぺティは『プリティ・リーグ』などに出てる女優さんらしいのですが、本作は彼女の自伝とのこと。
麻薬、売春、家庭内暴力、レイプ、貧困と、本作で描かれる世界は悲惨です。
日本では学校にも行かず、これほど劣悪な環境で暮らす子供はあまりいないのではと思うし、ピンと来ないところもあるけれど、麻薬がはびこり、離婚率も高いアメリカでは、まれなケースではないのかもしれない。
実際、この映画がプレミア公開されたときには、同じような体験をした女性たちが監督に「映画を作ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えようと列を作ったのだとか。
監督はこの映画が多くの女性の励みになっていることに驚いたと言います。

初監督ということもあり、無駄な笑いを取るようなシーン等、気になるところはあります。
アグネスのモノローグで必要以上に心情を説明するのもいただけない。
黒人男性とのキスの味を説明するのとかやめて欲しかったしね(笑)




それでもキャストがよくて演技を楽しみました。
まだ初々しいジェニファーは、しっかり者だけど、まだまだ誰かの力が欲しい14歳を繊細に演じていて本当にうまい。母親役のセルマ・ブレアも痛々しいまでに悲しきジャンキー母を熱演。
末の妹役のクロエちゃんは顔芸ともいうべき豊かな表情がまた可愛くてね。
彼女らをキャスティングしただけでも、この映画は成功。

自分では太刀打ちできない力により傷つき苦しむことがあったとしても、私たちはその過去に人生を左右される必要はない。その気で努力すれば道は切り開いていける
監督自身が実践し形にしているだけに、力強いメッセージとして伝わりますね。
全てが込められたラストシーンも微笑ましく、清々しい気持ちで観終えました。



ボディ・ハント
2013年03月09日 (土) | 編集 |




ボディ・ハント
(2012)アメリカ

【原題】House at the End of the Street
【監督】マーク・トンデライ
【出演】ジェニファー・ローレンス / マックス・シエリオット / エリザベス・シュー / ギル・ベローズ / ノーラン・ジェラルド・ファンク / アリー・マックロード / エヴァ・リンク / ジョーダン・ヘイズ / クリスタ・ブリッジス / ジョン・ヒアリー

【ストーリー】
高校生の少女エリッサは母親と2人、格安の家賃で借りられる田舎の一軒家に引越してくる。家賃が安い理由は、4年前に隣家で猟奇殺人事件が起こったためだが、その隣家には事件から1人生き残った青年ライアンが暮らしていた。
 
殺人事件があった家の隣に越してきた女の子が味わう恐怖を描くホラー風味のスリラー。
ヒロイン、エリッサをジェニファー・ローレンスが演じています。

降り出した雨の中、家路につこうとするエリッサを、通りかかったライアン(マックス・シエリオット)が拾ってくれたことから二人は知り合い、エリッサの母(エリザベス・シュー)の心配をよそに急接近。
しかしライアンの家にはある秘密があった・・という話。



途中何度か「あれ?」「どうして?」と腑に落ちないものを感じるのだけど
やがてそれらの謎が明かされ、そういうわけかぁと膝を打ちます。
終わってみれば幾重にも施された「予想外の展開」に驚かされました。




ただ、映画を見慣れていないと見落としそうな部分もあって
例えば「人の顔に見える木」のシークエンス。
ヒロインが未熟な自分に気づき、母への信頼を新たにするためのものだと思ったのだけど
それ以外に意味があったのかな。ここちょっと解りにくい。

警官に関しても、ライアンの家の秘密をどこまで知ってたのかと気になったし
なんたってお気の毒だったしで、もう少し何かフォローして欲しかった。
巧みに仕込まれたスリラーを楽しんだのだけど
もうちょっと優しさを加えると、家族の物語が生きてきたかもです。

しかし邦題の意味がよくわからん(汗)







       


世界にひとつのプレイブック
2012年12月02日 (日) | 編集 |
オスカー前哨戦の中でも、もっとも重要視されるトロント国際映画祭で
観客賞を受賞
したデヴィッド・O・ラッセル監督最新作です。




世界にひとつのプレイブック
2012年(アメリカ)
原題:
Silver Linings Playbook
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:
ブラッドリー・クーパージェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、クリス・タッカー、ジャッキー・ウィーヴァー



パット(ブラッドリー・クーパー)は8ヵ月リハビリ施設で過ごしたあと両親の住む自宅に戻った。
妻には去られ、家も仕事も失くしたパットだったが、妻ニッキへの未練は断ち切れない。
彼友人のつてでニッキと交友関係のあるティファニー(ジェニファー・ローレンス)とに知り合い、ニッキに思いをしたためた手紙を渡して欲しいと依頼するが、ティファニーはパットにダンスのパートナーとしてコンテストに出場してくれたら、という交換条件を出してきた。

原題のSilver Liningsというのは “every cloud has a silver lining.” というフレーズからきていて、
転じて、絶体絶命の状況から希望の光が見えること という意味があるらしい。

ということで、本作は絶体絶命の状況にある面々が登場し
それぞれが自分を見つめ、希望の光を見出していくお話です。




ブラッドリー・クーパー演じるパットは双極性障害を持ち、ある事件から精神病院送りとなり
教師の職も家も失い、妻にも去られた男。
映画は8ヶ月の療養を終えたパットが両親の住む家に戻り、社会復帰の準備をするところから始まります。
そんなときに出会うティファニーもまた、夫を失い、人生の軌道から外れてしまった女性。
会社中の男と寝るというセックス中毒を経て、今は人に攻撃的にあたることでストレスを回避している状況。
精神に破綻をきたしたところから回復過程にあるもの同士の出会いは
意外なケミストリー効果をもたらし、互いの心を癒していくんですね。

ストレートに言葉をぶつけ合い、一見シニカルなコメディに感じるのだけど
不思議と温かくて心を動かされます。
普通なら妻を恨んでもおかしくない状況なのに、パットはずっと妻ニッキを愛し
妻の求める自分になれば、ニッキを取り戻すことができると希望を持っている。
子犬のような瞳を持つブラッドリーだからこそ可能になる話で
彼の純真な存在感が、映画にある意味ファンタジー的な清々しさを加味してるんですよね。
勿論パットのニッキへの思いは、ティファニーとの恋の行方を予測不能にする効果もありました。




ジェニファー演じるティファニーはたまねぎのようにいくつもの皮をまとった女性。
その皮の一枚一枚を丁寧に演じたジェニファーはオスカーノミネートまず間違いなしでしょ。
最後につるりと素直なティファニーが現れる瞬間は感動です。
パットの父親役ロバート・デニーロは、不完全な家族を持つ悲哀をコミカルかつ温かく演じて最高。
『アニマルキングダム』以来大注目のジャッキー・ウィーヴァーもでしゃばりすぎず、
不安定な一家を地道に支える母親を好演。
デヴィッド・O・ラッセルは作品ごとにテイストの違う映画を作る人だけど
今回は脚本も担当し、その才能をさら発揮してますね。
ダンスコンテストシーンでは『ザ・ファイター』に続いてスポ根ものの味わい。
等身大であることって気持ちいいと思える素晴らしい作品でした。
今年一番かも。

★★★★☆