映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】母の残像
2016年09月27日 (火) | 編集 |
louderthanbombs_onesheet_final-US-20160226-02.jpg


 母の残像(2015 ノルウェー/フランス/デンマーク/アメリカ
原題:Louder Than Bombs
監督:ヨアキム・トリアー
脚本:エスキル・フォクト/ヨアキム・トリアー
出演:ガブリエル・バーン
ジェシー・アイゼンバーグイザベル・ユペール/デヴィン・ドルイド /エイミー・ライアン
レイチェル・ブロズナハン
日本公開:2016/11/26

感想
ラース・フォン・トリアーを叔父に持つノルウェーの精鋭ヨアキム・トリアーによる家族ドラマです。
英国男優50人斬り、今日は渋いところでガブリエル・バーンいきましょう。

Louder_Than_Bombs_2015_720p_WEB_DL_mkv_000492229.jpg
ガブリエル・バーン演じるジーンは戦争写真家として活躍した妻イザベル(イザベル・ユペール)を3年前に交通事故で亡くしている。
イザベルの回顧展が開かれることになり、長男ジョナ(ジェシー・アイゼンバーグ)も帰省し、親子3人が顔をそろえた。
ジーンはこの機に次男のコンラッド(デヴィン・ドルイド)に、イザベルの死の真相を話すことを決心するが、心を閉ざしがちなコンラッドと向き合う機会を持てないでいる・・・



監督の前作『オスロ、8月31日』はルイ・マルの『鬼火』にインスパイアされて撮ったという、自殺を決めた青年の2日間を描く繊細な作品でした。

本作は「イザベルの死は自殺の可能性が高い」ことを軸に、そこに至るイザベルの思いや、残された家族の3年間を浮き彫りにしていく作りで、登場人物は違えど前作の続編に近い形ではないかと思います。

今回もイザベルの虚無感が画面いっぱいに広がるのだけど、前作と違うのは虚無感を生むきっかけや原因が少しずつ差し込まれていること。
理解ある振りをしすぎて無関心と取られたり、すれ違う夫婦が痛々しい。
でも、こういうのが亀裂を生むと気づけば、自身を振り返ることもできるんですよね。

ゲームや幻想に没頭し、死にとりつかれたように見える次男コンラッドが初めて涙をこぼすシーンは印象的です。
母の姿を重ねていた同級生のメラニーの生々しさに触れたあの瞬間、彼は母の幻影から解き放たれ、生を実感したのではないか。
hero_Louder_Than_Bombs_Still.jpg
コンラッド役のデヴィン・ドルイドは思春期の危うさと成長をみずみずしく演じ、演技派の共演者の中にあって一番の存在感でした。

一見何の問題もないように見えたジョナも壊れかけている。
そんな一家が集い、言葉を交わし合うことで、何かが変わり始める様子もあたたかい。
いい映画でした


しかし!

個人的にはラストシーンに2つの思いがよぎったんだよね。

そこネタバレになるので未見の方はご注意ください。






















[READ MORE...]
【映画】エージェント・ウルトラ
2016年01月14日 (木) | 編集 |
american-ultra-header-400.jpg

エージェント・ウルトラ(
2015)アメリカ
原題:American Ultra
監督:ニマ・ヌリザデ
脚本:マックス・ランディス
出演:ジェシー・アイゼンバーグ /  クリステン・スチュワート/ ビル・プルマン/ トファー・グレイス/ ウォルトン・ゴギンズ/ コニー・ブリットン
日本公開:2016/1/23~


【あらすじ
コンビニ店員のマイクは勤務中、客を装った女性に妙な暗号を告げられる。

【感想
ジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワート共演の痛快アクションコメディです。


ジェシー君演じるマイクはアニメの落書き以外になんのとりえもないコンビニバイト青年。
マイクの唯一の自慢は同棲中のガールフレンド、フィービー(クリステン・スチュワート)。
しかしプロポーズしようとハワイ旅行を企てるも、空港でパニック障害を起こし、飛行機にすら乗れない。

そんなダメダメマイクにある日、転帰が訪れる。
コンビニにやってきた女性客に何か呪文のようなものを唱えられたあと、彼の中で何かが覚醒したのだ!

americanultra.jpg 

これは面白かった。
ここのところ映画界は「覚醒」ブームでしょうか。
本作も主人公マイクの中で何かが覚醒するんですが、その秘密についてはあえて伏せますね。

何者かにいきなり襲撃され、苦し紛れに反撃したら持ってたスプーンで相手を瞬殺!

自分なに?と『ジェイソン・ボーン』的に葛藤するマイクですが
そうする間にも刺客が送り込まれ、フィービーと2人必死に逃げる。
一体誰が何の目的でマイクを亡き者にしようとしてるのかをミステリーコメディ風に見せる作り。

『007』のオマージュかと思える敵がいたり、CIAをおちょくっていたりとなかなか楽しい。
ジェシー君とクリステンがアクションで頑張ってるところも見所ですね。

監督は『プロジェクトX』に続く本作が二作目のニマ・ヌリザデ。
脚本は『狼男アメリカン』などのジョン・ランディスの息子、マックス・ランディス。

若手の実力派ジェシー君とクリステンの演技力もあって、コメディとシリアスの混ぜ具合もいい塩梅。
同時進行するプロポーズ大作戦もキュートで、ロマコメとしても楽しめます。

が、小出し感も否めないところを見ると、続編を視野に作られたのかな。
もしこれで完結なら、過去のことなどもう少し見せて欲しかった
1本目が売れないことには2本目はないよねぇ。



日本公開は1/23~


ブログパーツ

【映画】『嗤う分身』 最後に嗤うのはイケてる自分かそれとも・・
2014年08月28日 (木) | 編集 |



ドストエフスキー原作『分身』の映画化。
もう一人の自分の出現 によって全てを狂わされていく男の顛末を描く心理スリラーです。
サブマリン』のイギリスの新鋭リチャード・アイオアディがメガホンをとりました。
嗤う分身(2013)イギリス
原題:The Double
監督:リチャード・アイオアディ
出演:ジェシー・アイゼンバーグミア・ワシコウスカ/ウォーレス・ショーン/ヤスミン・ペイジ
日本公開:2014/11/8
 
ある日、空いてる電車で「その席は自分の席だ」と席を奪われた主人公サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)。電車から降りる際にドアに鞄を挟まれ、身分証明書をなくした彼は、職場に入るのでさえ困難を要した。7年も働き、顔見知りのはずのセキュリティ・ガードはサイモンを知らないと言うのだ。
その日から彼の周囲で不可思議なことが起こり始める・・・

 サエない僕の目の前に、 イケてる“僕”が現れた。
恋も仕事も存在さえも、“僕”が僕のすべてを奪っていく――。





『他人の顔』や『複製された男』などアイデンティティものが続きますが、マイブームにつきお許しください。

主人公のサイモンは優しいのだけど引っ込み思案で、自分の言いたいことも口にできない冴えない男で
職場からは認められず、ダイナーのウエイトレスにも軽くあしらわれる始末。
施設に入所中のゾンビみたいな母親から、どこにいても電話がかかったりしてね。
この施設がこれまた不思議空間なんですが。彼を取り巻く空間はストレスがいっぱいです。
そんなサイモンの前に現れるジェームズは姿かたちはそっくりなのに性格は間逆。
スマートかつ狡猾に立ち振る舞い、女性にもモテるカリスマティックなジェームズは、やがてサイモンの暮らしを侵食していくんですね。
ジェームズは何者か・・ というのは観て感じていただくとして
ジェシー・アイゼンバーグは、服装も髪型も同じサイモンとジェームズを、容易に判別できるほどに演じ分けていてお見事。




うじうじ男のとことん暗い不条理モノかと思いきや、ブラックユーモアを感じるところもあり。
向かいのアパートに住むハンナ(ミア・ワコースカ)に惹かれていくサイモンの
孤独な者同士が共鳴しあうラブストーリーとしてもちょっと素敵。
ラストはトリッキーですが、伏線を効かせ最後に嗤うのは誰かを見せてくれます。

設定のファンタジー性はそれとして受け止め、クレバーなストーリーを楽しむべし。
世の中には自分そっくりのダブルがいて、人生は椅子取りゲームなのかもしれません。
『イレイザーヘッド』のようなリンチの世界にも似たデストピアな空間に
「ブルーシャトー」や「上を向いて歩こう」などの日本歌謡が妙にはまる。
時代も国籍も不明なレトロな世界観がちょっと癖になりますよ。これ好きだわ。

第26回(2013年)東京国際映画祭コンペティション参加作品

     

グランド・イリュージョン
2013年06月20日 (木) | 編集 |



グランド・イリュージョン(2013)アメリカ
原題:Now You See Me
監督:ルイ・ルテリエ
出演:ジェシー・アイゼンバーグマーク・ラファロ/ウディ・ハレルソン/メラニー・ロラン/アイラ・フィッシャー/デイヴ・フランコ/マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン
日本公開:10/25

ジェシー・アイゼンバーグはマジック、ウディ・ハレルソンは催眠術を駆使したメンタリスト、セクシーなアイラ・フィッシャーは脱出系、デイヴ・フランコはスプーン曲げや鍵開けで詐欺まがいの小金稼ぎ
それぞれの分野で活躍する4人に謎の招待カードが届き、スーパー・イリュージョニスト、4フォースメンが集うことになります。




メンバーはラスベガスでショーをしながら、遠く離れたパリの銀行から現金を奪う。
捜査に乗り出すFBI捜査官にマーク・ラファロメラニー・ロラン
トリックを明かすことに人生をかける大御所にモーガン・フリーマン

豪華なイリュージョンで派手な犯罪を見せ、FBI捜査官との攻防をスピーディなアクションで展開させつつ、トリックの謎に迫ると言う作品。個人的にはトリックを明かされても全部は飲み込めなかったのだけど(笑)、このキャストだし、笑いどころもあり楽しめました。

ただね、終わってどんな映画だったかと振り返ると、深みはないことに気づくんですね。
例えば同じようにイリュージョンを利用したマジシャンを描いたノーランの『プレステージ』は、トリックのために自分のアイデンティティを偽ることも厭わない男たちの人生をかけた闘いが描かれ、凄く深いドラマに仕上がっていた。それと比べると登場人物の背景や葛藤にまるで触れない『グランド・イリュージョン』は中味がなくて物足りない。勿論、4人のメンバーの専門分野を紹介し、3つの派手なトリックを明かし、4人を招集した人物に迫るという内容を115分で見せるのだから仕方ないですが、映画としてはほんの序章に過ぎないという気がします。続編があるのかも。

ちなみに劇中ジェシー君が披露するカードトリックの場面で、パラパラとめくられるカードから観客に任意の一枚を選ばせる というのがあって、客の選んだカードが私が心の中で選んだ一枚と一緒で「え?」って思ったんですよね。どんな仕掛けかわからないけど、その一枚が気になった。
観客自身に「トリックに嵌る」という体験をさせ、映画に引き込む演出は天晴れです。

ジェシー君は相変わらず早口だけど、いつのまにかカッコよくなってきたね。
フランコ君の弟デイヴ君は、これまですぐに死ぬ役や悪役での彼しか見てなかったので、今回ようやくいい役もらえて、今後の活躍が楽しみになりました。

監督は年寄りの扱いが厳しいねw