映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤング≒アダルト
2011年12月20日 (火) | 編集 |
 
『マイレージ・マイライフ』のジェイソン・ライトマン
『JUNO/ジュノ』の脚本家ディアブロ・コディと再びコンビを組んだ作品です。
ヤング≒アダルト(2011) アメリカ
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン/パトリック・ウィルソン/パットン・オズワルト
   エリザベス・リーサー/コレット・ウォルフ
 

ヤングアダルトというのは、チケット売り場の一件で勉強させてもらったけどw
14歳から21歳くらいまでの若者をさすんだそうで
この年代を対象にした小説のジャンルともなってる言葉なんですね。
 
そのヤングアダルト小説を執筆(でもゴースト)してるのが、主人公メイビスで37歳バツイチ。
彼女は朝起き掛けにコークを2リットルペットボトルからラッパ飲みする女
普段の格好もこんな風で、生活もなんだかだらしないのねぇ。
 
そんなメイビスが執筆中のシリーズ終了を告げられむしゃくしゃするある日
新着Eメールの中に、高校時代の元彼の名前を発見する。
なんとそれはベイビーシャワーの招待状。
なんでやねん!
メイビスは元彼とよりを戻すべく、故郷に向かうのだった。
 
 
 
いや、なんでやねん!はこっちの台詞w
っていうお話なんですよ(笑)
 
セロン嬢は田舎町の元学園クィーンで、美貌に自信あり。
元彼(パトリック・ウィルソン)を誘惑して、
二人で新しい人生を築こうと本気で思ってるからたちが悪い。
映画は久々に故郷に戻ったメイビスの奮闘をみせながら
その大人になりきれない大人たるところを描きます。 
 
なんでメイビスはこんな女になっちまったのか というのが次第にわかってきて、そこは切ない。
彼女は今でも当時聴いていた音楽をカセット(!w)で聴いていて、
彼女の中で時間が止まってしまってるんですよね。
 
でもね、大概の映画って、トラウマを抱えた人間の再生を描くじゃない?
ところがこれはちょっと違う。
脚本家コディによると、こんなビッチ、世の中にいるんだよということらしく
監督ジェイソン・ライトマンは、この映画に何のメッセージも込めていないと言ってます(爆)
ただ、メイビスを見て、そのみっともなさの中に自分をみつけてしまうと
この映画はたまらなく愛しいものになるはず。

自分の現実の落ちぶれ具合を自覚しつつも、
故郷ではイケてる自分に羨望の目が集まるに違いないという勝手な思い込み。
でも故郷でさえも自分を客観的に見ることを余儀なくされる

成長とか再生はそう簡単にはできないけど
こうして猫パンチを食らいながら、人は自分に折り合いをつけいくんだと思う。

またしばらくして再見してみたい一本。
 
 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。