映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイク・リー版『オールド・ボーイ』
2014年05月06日 (火) | 編集 |








 
今週は久々にリメイク作品特集。
比較的新しいものをいくつかいっときます。
まずはハリウッド版『オールド・ボーイ』から。
オールド・ボーイ(2013)アメリカ
監督:スパイク・リー
出演:ジョシュ・ブローリン/エリザベス・オルセン/シャールト・コプリー/サミュエル・L・ジャクソン
日本公開:2014/6/28
■感想
酒に酔ったある夜、突然拉致され、テレビだけが置かれた部屋に閉じ込められたジョー・ドーセット。気づけば妻殺しの汚名をきせられ、理由もわからぬまま20年に及ぶ監禁生活を強いられる・・。
韓国の鬼才パク・チャヌクによる名作『オールド・ボーイ』を スパイク・リーがリメイクした一本。
・・ですが、監督は「リメイクと呼んでくれるな」とのこと。
リー監督によると「reinterpratation」。直訳すれば再解釈。
ま、新説って感じでしょうかね。
オリジナルを再見してないので、細かいところ忘れてて
どこが新解釈か比較説明できないんですが(オイ、オイ)
 
確かにところどころ設定は違ってますね。
監禁年月もオリジナルは15年でしたが今回は20年。
オリジナルは2003年製作だったので、それから10年経ってるんですよね。
劇中もスマホが大活躍だったりで、ブローリンのますますの浦島太郎振りも楽しめます。
あと、主人公のもとのキャラが、随分といい加減なやつだったけど
オリジナルもそうだっけ?

仕事中にも酒を飲み、大事な取引相手をナンパするようなめだめアル中男。
それは妻に離婚され、3歳になる愛娘と引き離されていることにもよるのでしょう。
娘への愛情を強調するのと、変わっていく様子のギャップを見せるのに効果的だったと思います。

一体誰が何のためにこんなことを?で引っ張る前半はとにかく面白いですよね。
ただし後半、特に監禁した謎の男が現れてからトーン・ダウンです。
内容を知ってるからというのもあるし、オリジナルに比べ、犯人の異様さが足りないのもあるかな。途中悪の巣窟でブローリンが大暴れするアクションシーンは良かった。
グロいんだけど、ゲームを見てるような面白さがあって、思わず手をたたきたくなるほどでしたサミュエル・L・ジャクソン が出て例の台詞を言ってくれたのも嬉しかったしねw
ただ残念なのは結び方ですなぁ。
正直、最後のブローリンの状況がわかりづらいし、その表情の意味するところも読めなかった(汗)
ダメジャン。私の読解力の問題?

競演にちょっと大人びたエリザベス・オルセン
今回はその巨乳を惜しげもなくさらしてくれます。
おっと、またおっさんになってしまったw
ってか、どう見てもリメイク!!




スポンサーサイト
マット・デイモン『エリジウム』
2013年08月12日 (月) | 編集 |



『第9地区』のニール・ブロンカンプ監督の「空にぽっかりシリーズ(←勝手に命名)」第2弾
『エリジウム』を観てきました。
エリジウム(2013)アメリカ
原題:Elysium
監督:ニール・ブロンカンプ
出演:マット・デイモン/ジョディ・フォスター/シャールト・コプリー/アリシー・ブラガ/ディエゴ・ルナ/ワグネル・モウラ/ウィリアム・フィクトナー
日本公開:9/20
 
2154年
1%の裕福な人間は空に浮かぶスペース・コロニー「エリジウム」で理想的に暮らし、
残り99%は、人口の過密した荒廃した地球で貧しい暮らしを余儀なくされている。
マックス(マット・デイモン)は車泥棒として荒れた暮らしをしていたが、
工場での職を得て、まじめに生きようとしていた矢先、ある事故から余命5日と宣告されてしまう。
助かるためには「エリジウム」に行くしかないが、高価なチケットが手に入るはずもない。
そんなマックスにあるオファーが舞い込む。

マット・デイモン主演のSFアクション映画です。
140年後、荒廃した地球に溢れる貧困層の多くがヒスパニック系というのが
アメリカの未来を予見してるようです。
面白いのは、かつて国境を越えて移民してきた彼らが
今度は宇宙を渡ってエリジウムに不法に入ろうとすること。
エリジウム側は徹底的に排除しようとすることから、移民たちは命がけ。
このあたりケイリー・フクナガの『闇の列車、光の旅』を思い出します。
勿論移動手段は列車ではないですが・・。

この映画には、不法移民を助ける組織が存在し
マックスはその組織のリーダーにあるミッションを託され、エリジム側と戦うことになるんですね。

富裕層と貧困層に分割した社会の描き方は、リメイク版『トータル・リコール』を思い出すけれど 本作はさすがブロンカンプ監督作品、空に浮かぶエリジウムなど圧倒的なビジュアルが見もので 究極の移民対策など社会派的な視点が面白い作品になっています。

マット・デイモン演じるマックスは、カトリック系の孤児院で育っていて
かつてシスターに「あなたは救世主となる人」と言われてたんですね。
そのことが重責となり、どうにもならないもどかしさから犯罪にも手を染めたけれど
余命5日を宣告され、なくすもの等ない彼は、人類のために命を懸けようとするのです。
銃を構えるマットはスキンヘッド版ボーン!



細かいことを言うと、スキンヘッドギアの使い方も「??」で
ビジュアル的な効果以外にさほど意味を成さない気がしたり
孤児院で一緒に育ったフェイとの関係も子供を絡ませないほうがシンプルな
ロマンスになったんじゃないかなぁとも思います。
ファクトナー演じる人物をめぐるあれこれや、途中のグダグダをもう少しスッキリさせると
地球を救うというテーマがより浮き上がるんじゃないかな。

とは言え、マックスを突き動かすものが愛する人を救うためであり
神に課せられた任務である というような運命的な描き方がとっても良くて
最後は切ないながら感動します。

共演陣は
ジョディ・フォスターは移民を徹底的に取り締まり、エリジウムの保安に躍起になる高官を冷酷に演じていて、悲しい悪役が似合ってる。
『第9地区』で主演を演じたシャールト・コプリーが、地球側で移民を取り締まるクルーガーを演じていて、思えば移民を取りしまる中間責任者という役割は『第9地区』と同じ。
前作でお役人風が嵌ってたコプリーですが、今回はこの風貌で大暴れ。



マックスの親友フリオ役のディエゴ・ルナが、刹那的にカッコよくて最高。泣かせました。

移民問題や、裕福なものだけしか文明の恩恵に預かれない社会ってどうよ など
さまざまな社会問題について考えさせられる作品でもありますね。







 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。