映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間
2013年12月08日 (日) | 編集 |
ただいま(・∀・)つ
常夏のハワイから戻ってみれば、何故かダラスは氷の世界。
こんなときは家篭り。ゆっくり氷が解けるのを待つとしましょう。


旅行中、機内上映含め6本の映画を観たので、いくつかを記事にします。
まずはケネディ暗殺を描く『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』から。



パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間(2013)アメリカ
原題:Parkland
監督:ピーター・ランデズマン
出演:ザック・エフロン/ビリー・ボブ・ソーントン/;ポール・ジアマッティ/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ジャッキー・ウィーヴァー
日本公開:2014/初夏
 ケネディ大統領がダラスで暗殺されてから、今年で50年。
節目にあたって、暗殺に関するテレビ番組が放送されたり、『JFK』も劇場でリバイバル上映されましたが、ケネディ暗殺の4日間に的を絞った本作もその流れでしょう。

 ケネディが運び込まれたパークランド病院のスタッフ、FBI、シークレットサービス、ダラス警察、副大統領、ジャクリーン、狙撃犯とされるオズワルドとその家族など、運命の日に直接関わった人々の4日間が、ドキュメンタリー的に描かれる中、暗殺の瞬間を捉えた有名なビデオを撮影した人物のことなど新鮮に観ました。
 
 ケネディ暗殺の瞬間から搬送先でのドタバタはかなり生々しいものがあり、事件に関わった人々の運命が大きく変わっていったことなども興味深いんですが、ケネディ暗殺に関する憶測が飛び交う今、私たちの興味はもはやオズワルドにはないんですよね。
誰もが封印された真実に迫ることを期待する中、敢えて4日間に絞る意味があるのかというのは疑問で、そういう意味では期待したものと違いました。

 監督はこれが初監督のピーター・ランデズマン
製作にトム・ハンクスが関わっている関係か、出演者は渋いところを集めています。
でも病院の医師にコリン・ハンクスが出てくると、父ちゃんが製作だからなと思っちゃう。親の七光りは喜ぶべきか悲しむべきか、役者には微妙ですね。




 主演はザック・エフロンかな。重責の中、力を尽くす若い医師を普通に演じてます。看護師長マーシャ・ゲイ・ハーデン  、オズワルドの母ジャッキー・ウィーヴァー、ビデオを撮影したポール・ジアマッティなどは流石にうまい。特にジャッキー・ウィーヴァーの異常感が半端なく、ジャッキーママ異彩を放ってますわ。ジャクリーン役にはもっと心情を演じきる女優を起用して欲しかった。



個人的に好きだったのはオズワルドの兄を演じたジェームズ・バッジ・デール。世間の冷たい目にさらされ、それでも逃げることなく今もダラスに暮らす兄がいたことをはじめて知りました。

 大統領の死を悲しむ国民や、亡骸に誠意を尽くそうとする関係者など、就任期間は短いながらも、人を魅了し愛されたケネディの一面が偲ばれる描き方は良かった。

帰りの飛行機の中で、隣に座ったお兄ちゃんがラップトップでこれ観ていて、感想聞きたくてウズウズしたけど聞けなかった(_´Д`) アイーン

      

ペーパーボーイ 真夏の引力
2013年02月04日 (月) | 編集 |



ペーパーボーイ 真夏の引力
(2012)アメリカ
原題:The paperboy
監督:リー・ダニエルズ
出演:ザック・エフロンマシュー・マコノヒーニコール・キッドマンジョン・キューザック、デヴィッド・オイェロウォ
7/27 公開決定




理想に燃える記者のウォード・ジャンセン(マシュー・マコノヒー)は、記者ヤードリー(デヴィッド・オイェロウォ)と実家で新聞配達を手伝う弟ジャック(ザック・エフロン)とともに、白人保安官殺害事件の調査を開始する。3人は恋人の無罪を信じる恋人のシャーロット(ニコール・キッドマン)を伴い、容疑者ヒラリー(ジョン・キューザック)と刑務所で接触を試みる・・。

保安官殺人事件の真相を追うミステリー小説をもとに
『プレシャス』のリー・ダニエル監督が、エロとバイオレンス溢れるスリラーとして仕上げた一本。

これね、今のとこ日本未公開だし、あまり世間の評価も良くないので
裏ブログで取り上げようと思ったんですが、観てみたら凄く面白いんで驚いてます。

まず凄いのがニコール・キッドマンですなぁ。
ケバいバービー人形のようないでたちで、エロを炸裂させるニコールは
役作りのために囚人を恋人に持つ5人の女性と会って話を聞き、イメージを作りあげたのだとか。




刑務所でヒラリーと面会する序盤で、ジャンセン兄弟とヤードリーの男三人のいる中、
ヒラリーのリクエストに応じ、脚を開きフェラの口真似wをするニコールには度肝を抜かれました。
海でくらげに刺された設定のザック君にオシッコをかけるシーンも実際にやってるようでちょっと引く。シャーロットは自分に正直で、ストレートに行動する女性。
そんなシャーロットに惚れてしまうのがペーパーボーイのジャック(ザック・エフロン)なんですね。

映画はヒラリーの証言を確かめるため、舞台を南部に移動する。
そこに60年代の緊張を盛り込みつつ、ジャックのシャーロットへの恋心が引き起こす事件を
スリリングに描く手法。

監督は製作予定だったマーティン・ルーサー・キング・Jrの映画が予算の都合でおじゃんになったこともあり、黒人差別問題を本作に盛り込んでるわけなんですが、そのことで保安官殺人のミステリーがおざなりになり、主眼がとっちらかった感は確かにあります。
けれども、この人がここまで!?という、キャストそれぞれの演技に圧倒されるし
今後カルト的な存在になっていく気がしますね。

危険な男ヒラリーに惚れて、人生を狂わす哀れな女を演じたニコールは
SAGで助演女優賞にサプライズ・ノミネートされました。

日本公開、もしくはソフトリリースを強く希望します。

★★★★