映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラ・ポーリー監督最新作『テイク・ディス・ワルツ』
2012年06月30日 (土) | 編集 |
サラ・ポリー監督2作目は、ミシェル・ウィリアムズセス・ローゲンを主演に迎え
結婚5年目の若い夫婦に訪れる変化を描くヒューマンドラマです。



テイク・ディス・ワルツ
2011年(カナダ)
原題:Take This Waltz
監督:サラ・ポーリー
出演:ミシェル・ウィリアムズセス・ローゲン
ルーク・カービーサラ・シルバーマン



ミシェルとセスが演じるのは結婚5年目の夫婦マーゴットとルー。
いつも冗談を言い合って、友達のような2人だけど
料理研究家で優しいルーは空気のような存在で、
マーゴットは平和すぎる暮らしに、どこか物足りなさを感じている。
そんなとき知り合ったダニエル(ルーク・カービー)はルーとは違うタイプの青年
ダニエルが向かいの住人だったことから、二人は徐々に交流を深めていき・・・


今週公開の映画ですが、テレビで放送してくれて観ることができました。

監督のサラ・ポーリーは今回も自ら脚本を手がけています。
優しくて居心地のいい夫との暮らしがありながら
情熱的なダニエルには恋に落ちる瞬間のドキドキを感じてしまうマーゴット。
そんなヒロインの葛藤と恋の行方を、サラはクールかつリアルに描き
確かな実力を見せ付けます。




ミシェルの上手さは言うまでもないですが、
本作では夫ルーを演じるセスに新たな魅力を発見しましたよ。
心から妻を愛し、傷つきながらも彼なりの優しさで包みこむ。
彼の切なくシリアスな演技に胸キュンでしたもん。
オスカーに絡んだりしないかなぁ。

映画の中で、ルーがマーゴットに毎日ある悪戯をするのだけど
これが後半彼の大きな愛を表現することになり、泣かされました。

恋のときめき、後ろめたさと渇望、
心が離れていくのを止められないもどかしさ  などなど
サラは驚くべく観察力と洞察力で日常と人の心をみつめます。

この物語の結末は人によって捉え方が違ってくるかもしれません。

恋する気持ちに正直であることって素晴らしい
けれど、その結果がもたらすものを受け入れる覚悟も必要。
ただの不倫物語に仕上げていないところが
サラ・ポーリーらしさでもありますね。

恋のエッセンスがギューっと詰まって、ときめきを覚える一方で、
揺れる恋の行方がほろ苦い、大人な作品でした。
日本公開は8月

★★★★☆



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。