映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】世界一キライなあなたに
2016年09月29日 (木) | 編集 |
 
6835_5068.jpg
世界一キライなあなたに(2016 アメリカ /イギリス
原題:Me Before You
監督:テア・シャーロック
脚本/原作:ジョジョ・モイーズ
出演:エミリア・クラーク
サム・クラフリン/ジャネット・マクティア/チャールズ・ダンス/ブレンダン・コイル/スティーヴン・ピーコック
日本公開:2016/10/1

感想
ジョジョ・モイーズの『ミー・ビフォー・ユー きみと選んだ明日』というベストセラー小説の映画化だそうです。

「英国男優50人斬り」今日のイギリス男優は主人公ウィルを演じるサム・クラフリン
ウィルは事故で四肢麻痺になり、2年間介護を受けながら暮らしています。

エミリー・クラーク(『ターミネーター:新起動/ジェニシス』)演じるルイーザ(ルー)は、6年間勤めたカフェの閉店で職を失い、職安でウィルの介護の仕事を斡旋されるのです。

お洋服が大好きというルーのファッションがダサ可愛いくてね
ウィルはそのセンスを面白がりつつ明るいルーに心を開き始め、ルーもウィルに惹かれていきます。
でもウィルはルーに会う前にある重大な決心をしていたのです。

MBY-00934r-large_trans__piVx42joSuAkZ0bE9ijUnGH28ZiNHzwg9svuZLxrn1U.jpg

てっきり『最強のふたり』の恋愛バージョンみたいなものを想像してたんですが、これがちょっと違った。
というのも、恋も仕事も充実し人生を謳歌していた矢先に事故に遭ってしまったウィルのその喪失はとてつもなく大きくて、何をもってしても埋めることなどできないんですよ。

切ないなぁ。多分これ障害者には辛い映画で反論も多くあるでしょうね。
でも生きる上でどこに意味を見出すかは人それぞれ、こればっかりは自分の価値観や一般論を振りかざして、どうのと言えない。

でもウィルとルーを対比させ、クオリティ・オブ・ライフ(人生の質)について考えさせるのがこの映画の主題だと思う。
最後はちょっとお膳立てしすぎと思うところはあるけれど、なんでもできるのに何もせず、世界を狭めていたルーの前向きな変化には清々しいものがありました。
max.jpg
エミリー・クラークは眉毛が表情ありすぎだけどキュートよね。
サム・クラフリンはウルバリン以前のヒュー・ジャックマン似の王子様系ハンサム君。
瞳がきれいで一気に惚れた(笑)
本作ではほぼ動きがない役だったけど、アクションもいけそうなので、次の次あたりボンドにどうでしょう。

ウィルのお父さん役のチャールズ・ダンスさんが、息子を愛しすべてを受け入れる富豪の父親をあたたかく演じていて最高でした。

劇中流れる映画は『神々と男たち』かな。
字幕映画を嫌うのはイギリスもアメリカと同じだと知った。



[READ MORE...]
で、どっちが好きなの?『スノーホワイト』
2012年06月02日 (土) | 編集 |
グリム童話『白雪姫』を題材に、邪悪な女王に立ち向かうプリンセスの姿を描くアドベンチャー・ファンタジーです。
スノーホワイト 2012年(アメリカ)
原題:Snow White and the Huntsman
監督:ルパート・サンダース
出演:クリステン・スチュワートシャーリーズ・セロンクリス・ヘムズワースサム・クラフリンイアン・マクシェーンボブ・ホスキンスレイ・ウィンストンニック・フロストトビー・ジョーンズルパート・サンダース
 
グリム童話をもとにしたお話ですが、邪悪な継母女王(シャーリーズ・セロン)に殺されそうになった白雪が
ノホホンと森で暮らし、リンゴをかじって歯茎から血を出し・・もとい、死んだと思ったら
素敵な王子のキスで生き返り、幸せに暮らしましたとさ、、というオリジナルとはちと違う。


 

白雪を演じるのが『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートとあって
森に逃げ込んだ白雪の刺客に送り込まれた猟師に惚れられ王子様キャラの幼な馴染みウィリアムにも愛されて、
お約束のプチ三角関係成立とあいなるのです(笑)
 
 

 

そっちかよ~ってところだけど、猟師役のクリス・ヘムズワースは『マイティ・ソー』でお気に入りだし
ウィリアムのサム・クラフリンは男前だしで、やっぱり羨ましい(笑)

おまけにクリス君の武器は斧!w  白雪ちゃんはどっちが好きなのかなぁとヤキモキさせられますがそこは置いといて・・(って、置くんかい?って話だけど)、今回クリステンはジャンヌ・ダルクよろしく戦います! 監督のルパート・サンダースはCM畑の方らしく、映像が見所ですね。森の動物たちもファンタジックに描かれ、継母を演じるセロン嬢の映像も良かった。少々『ブラック・スワン』入りますw 7人の小人にボブ・キンスニック・フロストエディ・マーサンなど意外な顔ぶれもいてね。観てる間、ニックは気づきませんでしたけどw

継母の背景を描いてるのも目新しかったしセロン嬢の演技も凄みがあってよかったのだけどいかんせん中途半端というか、
尻切れトンボな印象で消化不良感が残ります。
その辺は初監督作品の演出の未熟さでしょうか。
セロン嬢もイメージを覆す役で頑張ってただけに、バシっと決めたかっただろうなぁ。
まぁ、クリス君は惚れ直すほどカッコいいし、映像も面白くそこそこ楽しめたのだけど、個人的にスッキリしないのはクリスとウィリアム、どっちやねん!ってとこヾ(´ω`=´ω`)ノ続編があるのか?(笑) 日本公開は6/15~ ★★★☆

トラックバック一覧

  1. 1. 美しさは権力なのか 『スノーホワイト』

    • [映画部族 a tribe called movie]
    • June 30, 2012 01:53
    • 監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンアメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点
  2. 2. スノーホワイト

    • [いやいやえん]
    • October 28, 2012 10:51
    • いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。 戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力ってものがあるでしょうよ。そんでもってシャーリーズの存在