映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ヘイトフル・エイト
2016年01月03日 (日) | 編集 |
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

2016年劇場映画1本目はタランティーノの新作『ヘイトフル・エイト』に行ってきました。



hatefuleight-poster11.jpg
ヘイトフル・エイト(2015)アメリカ
原題:The Hateful Eight
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:サミュエル・L・ジャクソン /  カート・ラッセル/ ジェニファー・ジェイソン・リー/ ウォルトン・ゴギンズ/ デミアン・ビチル / ティム・ロス /マイケル・マドセン/ ブルース・ダーン

日本公開:2/27

【あらすじ
ワケありの男女8人が雪嵐のため山小屋に閉じ込められる

タランティーノ長編監督8本目は、南北戦争後数年のワイオミングを舞台にした西部劇です。

バウンティ・ハンターのカート・ラッセルは女罪人ジェニファー・ジェイソン・リーを駅馬車で護送中。
そこに同乗してくるのが同じくバウンティ・ハンターのサミュエル・L・ジャクソン

気づけば、もう一人同乗者が増え・・
はい、すみません、ちょっと寝てました(汗)
外は大変な吹雪となり、4人は今で言う「道の駅」みたいなロッジに立ち寄ります。

あいにく主人が留守のそのロッジには数人の先客がいて、思い思いにシチューを食べ
言葉を交わすのですが、そのうちに不穏な空気が立ち込め・・・
吹雪に閉ざされたロッジで何が起きるのか という話。

正直前半は退屈で、うとうと(汗)
ロッジの空気が怪しくなる中盤からは俄然面白くなりますね。

ポイントは南北戦争終結から数年という時代設定

サミュエル・L・ジャクソン演じるバウンティ・ハンターが元北軍の少佐で、
先客の一人ブルース・ダーンが南軍の大将だったことや
ワイオミングという土地柄、黒人、リンカーンといったアイテムがキーワードとなって
登場人物たちの確執が浮き彫りになっていくわけ。


1人2人と死人が出はじめ、犯人は誰で目的は?というミステリーをあおりつつ
タランティーノらしいバイオレンスを炸裂させていく
ひーっと最初はのけぞってた私も終いにはブラックさに笑ってました。


日本公開前なので多くは語りませんが
登場人物の中では護送される犯罪人デイジー役のジェニファー・ジェイソン・リーがいい。
マイケル・マドセン、ティム・ロスなどのタランティーノ組を尻目に
オスカーノミネートに期待のかかる怪演ですな。
タランティーノのサディスティックな演出に良くぞ耐えた。


話題の70mmフィルムを使ったらしい映像は前半こそ生かされてるけど
中盤以降はすべてロッジ内という展開なので、その効果のほどはどうなんでしょ。

勿論室内でもカメラワークは秀逸で、細かいところのうまさは感じるものの
187分という上映時間がちょっとなぁ
3時間超えでっせ!
長すぎるよ~。

と思ったけど実際には3時間なかったな。
他のユーザーレビュー読むとインターミッションが入ったと書いてるけど
私が観たものはなかったよ。その分短かったのか、劇場によって違うのかな。

最近のタランティーノは人種差別問題に興味があるのでしょうね。
その辺り、ユーザーの受け入れ的に好みが分かれるかな。
冒頭、エンニオ・モリコーネの曲が流れる中 映し出される張り付けのキリスト像が
その後に描かれる人間の愚かさを象徴していたように思います。


ブログパーツ
スパイク・リー版『オールド・ボーイ』
2014年05月06日 (火) | 編集 |








 
今週は久々にリメイク作品特集。
比較的新しいものをいくつかいっときます。
まずはハリウッド版『オールド・ボーイ』から。
オールド・ボーイ(2013)アメリカ
監督:スパイク・リー
出演:ジョシュ・ブローリン/エリザベス・オルセン/シャールト・コプリー/サミュエル・L・ジャクソン
日本公開:2014/6/28
■感想
酒に酔ったある夜、突然拉致され、テレビだけが置かれた部屋に閉じ込められたジョー・ドーセット。気づけば妻殺しの汚名をきせられ、理由もわからぬまま20年に及ぶ監禁生活を強いられる・・。
韓国の鬼才パク・チャヌクによる名作『オールド・ボーイ』を スパイク・リーがリメイクした一本。
・・ですが、監督は「リメイクと呼んでくれるな」とのこと。
リー監督によると「reinterpratation」。直訳すれば再解釈。
ま、新説って感じでしょうかね。
オリジナルを再見してないので、細かいところ忘れてて
どこが新解釈か比較説明できないんですが(オイ、オイ)
 
確かにところどころ設定は違ってますね。
監禁年月もオリジナルは15年でしたが今回は20年。
オリジナルは2003年製作だったので、それから10年経ってるんですよね。
劇中もスマホが大活躍だったりで、ブローリンのますますの浦島太郎振りも楽しめます。
あと、主人公のもとのキャラが、随分といい加減なやつだったけど
オリジナルもそうだっけ?

仕事中にも酒を飲み、大事な取引相手をナンパするようなめだめアル中男。
それは妻に離婚され、3歳になる愛娘と引き離されていることにもよるのでしょう。
娘への愛情を強調するのと、変わっていく様子のギャップを見せるのに効果的だったと思います。

一体誰が何のためにこんなことを?で引っ張る前半はとにかく面白いですよね。
ただし後半、特に監禁した謎の男が現れてからトーン・ダウンです。
内容を知ってるからというのもあるし、オリジナルに比べ、犯人の異様さが足りないのもあるかな。途中悪の巣窟でブローリンが大暴れするアクションシーンは良かった。
グロいんだけど、ゲームを見てるような面白さがあって、思わず手をたたきたくなるほどでしたサミュエル・L・ジャクソン が出て例の台詞を言ってくれたのも嬉しかったしねw
ただ残念なのは結び方ですなぁ。
正直、最後のブローリンの状況がわかりづらいし、その表情の意味するところも読めなかった(汗)
ダメジャン。私の読解力の問題?

競演にちょっと大人びたエリザベス・オルセン
今回はその巨乳を惜しげもなくさらしてくれます。
おっと、またおっさんになってしまったw
ってか、どう見てもリメイク!!