映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 『アンブレイカブル』:「滝汗!サスペンス映画100」制覇シリーズ
2014年06月29日 (日) | 編集 |



アンブレイカブル(2000)アメリカ
原題:Unbreakable
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ブルース・ウィリスサミュエル・L・ジャクソン/ ロビン・ライト・ペン/ スペンサー・トリート・クラーク/イーモン・ウォーカー/ シャーレイン・ウッダード/レスリー・ステファンソン 
 
【ストーリー】
乗客131人が死亡するという悲惨な列車事故が起きた。その中で中年警備員デイヴィッド(ブルース・ウィリス)だけはかすり傷1つ負わずに生き残る。ある日彼の元に、イライジャ(サミュエル・L・ジャクソン)と名乗る人物から手紙が届く。イライジャは骨形成不全症という難病を持って生まれ、今はコミックのコレクターとして画商を経営している。ガラスの身体を持つイライジャはデイヴィッドとは対照的な存在だった。

M・ナイト・シャマラン監督によるファンタジー・スリラーです。
『シックス・センス』で人気を博し、その次の作品ということで大いに期待されたものの、世間の評判はもうひとつに終わりました。
私も前に観たときにはサミュエル演じるイライジャが、自分とデイヴィッドの立場をコミックに例えるのをウザく感じて入り込めないところがあったんですよね。
ところが今回再見して気づいたのは、この映画自体がアメコミの世界だったということ!


ここからプチネタバレで書いてますのでご注意くださいね。




ブルース演じるデイヴィッドは、事故をきっかけに自分が「不死身」であることに気づき、同時にヒーローとしての役割を認識していくんですよね。イライジャはその過程に深く関わることになるのですが、その関わり方が助言とかのレベルでなかったことに、驚愕のオチが待っていました。
生きていることになんの価値も見出せないでいた男が、自分の可能性を模索する。2人それぞれに求めるものは同じかもしれないのに、生み出す結果は間逆という皮肉。同時に「悪と正義」の境界はどこにあるのかと考えさせられました。

途中、どこに向かうのか分からず興味を持続しにくいところがあったし、実写としては突飛さが際立ってしまうところもありました。
でもこれを『バットマン』のようなアメコミとして捉えたなら十分楽しめます。
-ヒーロー誕生の陰には悲しい男の物語あったー
『バットマン』のスピンオフのような形でノーランにでも撮らせたら、渋くカッコいい一本になりそうです。