映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】スター・トレック BEYOND
2016年11月10日 (木) | 編集 |
statreposter.jpg
スター・トレック BEYOND (2016 アメリカ
原題:Star Trek Beyond 
監督:ジャスティン・リン
脚本:サイモン・ペッグダグ・ユング
出演:クリス・パイン/ザッカリー・クイント/ゾーイ・サルダナ/サイモン・ペッグ/カール・アーバン/アントン・イェルチン/ジョン・チョウ/イドリス・エルバ

【あらすじ】
カーク船長(クリス・パイン)率いるエンタープライズ号は、未踏の星に不時着した探査船を捜索中、謎の異星人に襲撃される。艦は墜落しからくも脱出したクルーは散り散りに。不時着した惑星でカークが発見したものは・・


【感想】
英国男優50人斬りも残すところあと2人となりました。
今日は総選挙8位にランクインのサイモン・ペッグ斬りのスタトレ最新作です。

5年の任務の3年が経過し、自分の誕生日すなわち父の命日を数日後に控えたころ、カークは宇宙を旅する意義を考えあぐねています。偉大だった父の足跡を辿るべく入ったこの世界。しかし、宇宙に終わりがないなら自分のしていることに意味があるのかと。

そんな折、宇宙で座礁した探査船を捜索中、エンタープライズ号は何者かに襲撃され墜落、脱出ポッドで緊急避難したクルーの行方も分からなくなるという絶体絶命のトラブルに見舞われることになるんですね。
star-trek-beyond.jpg
サイモン・ペッグはいつものようにスコッティ役をこなすと同時に、本作では脚本も共同で書いてます。実際にはロベルト・オーチーの脚本をリライトする形だそうですが、個性が強調され、クルーの絆がより深く描かれているのはサイモンの功績によるもののようです。
昨年二月に亡くなったレナード・ニモイをトリビュートしているのも、製作50周年を迎えたシリーズのファンには嬉しい気づかいだたでしょう。
STB_640x345_acf_cropped.jpg
映画はですね、『スタートレック ビヨンド』というよりも、ビヨンド・スタートレックといった感じでw
宇宙そっちのけで、『ミッション・インポッシブル』か『ワイルドスピード』と見間違うほど荒唐無稽なアクションシーンが繰り広げられる。そこを楽しめればいいですけどトレッキーには不評だっただろうな。
Chekov-350x197.jpg
でも私個人としては、今年27歳で急逝したアントン君に哀悼を捧げたと思われるワンシーンにグッときた。
カークとボーンズが酒を酌み交わすシーンに登場するのが、チェコフのロッカーから持ってきたというウォッカ。
それをもうひとつのグラスに注ぎ、チェコフはウォッカ野郎だよななどと話しながら乾杯する。
本当にさりげないけれど、アントン君への思いを感じられて、ここ好き。


[READ MORE...]
【映画】殺し屋チャーリーと6人の悪党
2015年10月26日 (月) | 編集 |

殺し屋チャーリーと6人の悪党(2014)アメリカ/オーストラリア
原題:Kill Me Three Times
監督:クリス・ステンダーズ
出演: サイモン・ペッグ/スティーヴ・ル・マルカンド/ アリシー・ブラガ 
/ テリーサ・パーマー/ サリヴァン・ステイプルトン / ルーク・ヘムズワース
 カラン・マルヴェイ /ブライアン・ブラウン


美しい海辺の街でバーを営むジャックは妻アリスの浮気に気づき、殺し屋チャーリー・ウルフを雇う。

英国男優総選挙 特集 11回目
 
まだランキング載せちゃだめ?
でも小出しならいいよね?と勝手に判断(笑)

今日は総選挙でなんと3位!に輝いたサイモン・ペッグの出演作品を。
いや~、ペッグがトップ3入りとはちょっと驚いた。

ペッグが演じるのは泣く子も黙るチャーリー・ブラウン・・
じゃなくて、チャーリー・ウルフ! 
強そうな名前に負けず、残忍クールに仕事をこなす殺し屋です。

チャーリーはジャックの妻アリス殺害の依頼を受けるのだけど
アリスの命を狙うものが他にもいたことから、少々ややこしいことになるわけねぇ。



まずペッグをこういう役にあてるところからしてふざけてるよね(笑)
でも冒頭から情け容赦ない冷徹な殺し屋を嬉々として演じていて
彼はこんな役もできるんだと印象付けます。

でもちょっとだけふんわりを見せるのがペッグ流。
多分クールに徹することも出来るんでしょうし、そういうのも観てみたいと思うのだけど
キャラ作りの絶妙な塩梅でクライムドラマをコメディで見せることに成功しています。
ペッグ以外のキャストも頑張っていて
女性陣は綺麗だし、それぞれ必死なのにボケをかますところが可笑しい。
『クラッシュ』方式といいますか、それぞれが少しずつ繋がっているところも面白さでした。



最後に生き残るのは誰かを予想しながら見るもよし。
シニカルでいておばか、風が吹けば桶屋が儲かる的な味わいが楽しい
痛快なクライム・コメディに仕上がってます。





エドガー・ライト監督『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』
2013年08月24日 (土) | 編集 |



エドガー・ライト監督のSFアクション・コメディ。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ』とあわせて3部作の完結編とされる一本です。
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013)イギリス
原題:The World's End
監督:エドガー・ライト
出演:サイモン・ペッグ、 ニック・フロスト、 パディ・コンシダイン、 マーティン・フリーマン、 エディ・マーサン、 ロザムンド・パイク
日本公開:2014年春
 【ストーリー】
青春をともに過ごした仲間5人が、ゲイリー(サイモン・ペッグ)の呼びかけで20年ぶりに集まった。
いまや中年の彼らがやろうとするのは、かつて完遂することが出来なかった12軒のパブ・マラソン。
しかし、その頃街ではとんでもないことが起きていて・・

いや~、面白かった。




今回お馬鹿5人組を演じるのは、おなじみサイモン・ペッグニック・フロストに加え、パディ・コンシダインマーティン・フリーマンエディ・マーサンという顔ぶれ。

最初は気乗りのしなかった面々も一旦集まると、じきに昔の心が蘇る
お酒が入り、徐々によっぱになる様子が楽しくて、ニマニマしながら見ちゃいます。

でもエドガー・ライト監督作品だからね、ただの同窓会で終わるはずがない。
最後のパブの名前がThe World's Endということから想像つくと思うのだけど
久々に帰った故郷なのに、何だか変・・と気づくときには、街はどえらいことになってる
でも発起人のゲイリーにはある思いがあって、何が何でもゴールを目指したいわけですね、はい。

今をときめく中堅どころの共演陣が脇をがっちり固め、それぞれのキャラが輝いてる。
体を張ったギャグやアクション、未知なる敵の思いがけない動きなど
オーソドックスから新鮮なものまで、笑いの要素満載。
加えて、友人たちがみな仕事や家庭を持ちしっかり生きてるのに、一人取り残される40代男の悲哀など、センシティブな部分も描かれ、可笑しいだけのコメディに終わってないのがいい。
サイモンとニックの友情の描き方にはしんみりさせられました。三部作の最後と思うと余計にね。

ただ、サイモン演じるゲイリーの初心はどう貫徹されたのか、顛末は目標に見合ったものだったのかなど、やや曖昧な描き方になっているのは残念かな。

とはいえ、SF要素は痛快で、ホラーの名作へのオマージュにもニンマリ
アポカリプトを描くものとしては、その完結の仕方に監督の優しさを感じます。
下ネタ頼りのハリウッドコメディとは格の違いを見せ付ける一本ですね。


      

トラックバック一覧

  1. 1. 「ワールズ・エンド」はジョン・カーペンターファンの私にうれしい映画、面白い。

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • April 26, 2014 15:43
    • 今回は新作の「ワールズ・エンド」を川崎チネチッタ5で観てきました。消費税の増税に伴い、映画のプログラムが値上がりしていました。まあ、仕方ない部分もあるのですが、3%から5%になったときにこういう端数の出る値上げをしたっけかなあ。 1990年、イギリス郊外の
  2. 2. ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

  3. 3. ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!

    • [いやいやえん]
    • October 16, 2014 08:47
    • 【概略】 学生時代に達成できなかった“ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒”をするべくイギリス郊外の街に戻って来たアラフォー男たち。だが、街の人々は何者かに操られており…。 SFコメディ 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「HOT FUZZ/ホット・ファズ -俺たちスーパ



ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 
2011年12月17日 (土) | 編集 |
 
『ミッション:インポッシブル』シリーズ第4弾となるトムちんの新作観てきました。
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011) アメリカ
監督:ブラッド・バード
出演:トム・クルーズ/ジェレミー・レナー/サイモン・ペッグ/ポーラ・パットン/ミカエル・ニクヴィスト
   ウラジミール・マシコフ/ジョシュ・ホロウェイ
 
今日は初登場2本斬り~。
まずはお友達のレビューがこれで埋め尽くされる前にこちらから。
 
いや~、面白かった。
Extream diditalの大きなスクリーンでスリリングなアクションを堪能しました。
シリーズ最高という評価を目にしますね。
 
今回はロシアの刑務所から脱獄するシーンから始まるのだけど
しょっぱなからトムちんのわがままぶりが最高。
時を同じくしてクレムリンで爆破事件発生、
なぜかその容疑をかけられたイーサン(トム・クルーズ)らのIMFのチームが
孤立無援の中で事件の黒幕を追うというお話し。
 
まずは世界を股にかけ、過酷なアクションに挑戦したトム・クルーズあっぱれです。
世界1の高さを誇るドバイの超高層ビルでのアクションを
スタントなしにこなしてるのには、頭が下がりますよ。
ワイヤーなんかをいっぱい使ってはいるでしょうけど、地上130階ですよ。
もはや『ハートロッカー』のジェレミー並に
刺激なしには生きていけない病なのかもしれないね。
 
 
でも凄いアクションもずっと観てると案外疲れるし、飽きてくるものだけど
(実際120分に納めてくれるといいと思ったし)
本作ではサイモン・ペッグの天然のユルさがいい塩梅に絡んでくるから、
笑いもいっぱい。トムちんやジェレミー・レナーとの掛け合いも最高。
 
モチロンスパイ映画らしい、ぎりぎりのところでハラハラさせるプロットもあり
ここで女性エージョントのポーラ・パットンが活躍。
 
終盤のサプライズにはちょっぴりホロりだったよ。
 
監督のブラッド・バードは、『レミーのおいしいレストラン』などアニメを手がけてきた人で
実写の監督はこれが初というから驚き。
新しい旋風を期待したいですね。
 
ひとつ苦言を呈するならば・・
途中長崎・広島という言葉があの形で使われたのだけは、ちょっとなぁ。。。