映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『キングスマン ゴールデン・サークル』英国紳士風味が足りない
2017年09月25日 (月) | 編集 |
 kingsmanScreenShot.jpg
キングスマン ゴールデン・サークル(2017イギリス
原題:Kingsman Golden Circle
監督:マシュー・ボーン
出演:タロン・エガートン/コリン・ファース/マーク・ストロング/ジュリアン・ムーア/ペドロ・パスカル/ ハル・ベリー


【あらすじ】
ロンドンの本社が破壊され、残されたキングスマンのメンバーは世界中のドラッグ使用者が人質状態だと知る。
そんなとき、アメリカのスパイ組織の存在を知り
・・


【感想】
あれから3年、『キングスマン』が帰ってきました。
今回はキングスマンのエースとして活躍する成長したエグジーの姿が。

Kingsman-golden-circle.jpg
そこにコリン・ファースの姿がないのは実に寂しいですが、エグジーの中には常にハリーの教えがあるという設定が良い。
冒頭からタロン君も見事なアクションを披露してくれますが・・
なんだろうな。
一作目では、アクションスターでもない中年のコリン・ファースがスパイとしてキレッキレのアクションを見せてくれるところに驚きと面白さがあったのだけど、今回はタロン君がいくら頑張っても「CGだよね」くらいの感慨しかない。前作で使った小道具は新鮮味がなくなるしで、どうしたって二作目のハンディってもんがあるなと。
609920-channing-tatum-kingsman-the-golden-circle.jpg
で、タロン君一人に主役を任せることを不安に思ったか、今回はアメリカの秘密スパイ組織「ステイツマン」ってのが出てくる。お待ちかねのチャニング・テイタム登場は嬉しかったものの、こってこての南部訛りがわかり難いw

で、今回はある世界の一大事に、キングスマンとステイツマンが協力しようって話になるんですが
うーーーん
個人的にはステイツマンいるか??!!ってのが正直な気持ち。
あの方を復活させるために必要だったという事情は分かる。
新しいアクションや小物が必要だったのもわかる

でもなぁ。英国紳士のスパイ組織という映画の最大の売りがすっ飛んじゃって
エンタメ性は十分なのに、前作のワクワク感がないんですよ。
しかもチャニングの出番が思いの他少ないし
というか、ステイツマン出てきてから退屈で少し寝たし(汗)

ま、と言っても、タロン君を中心に、人と人の関係が誠実に描かれてるのがいい。
思わぬロマンス、師弟関係
そして、まさかの大泣き映画だった。

ネタバレしたくないのでこのへんで。

日本公開は正月明け

ブログパーツ



【映画】ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
2016年09月10日 (土) | 編集 |
 
genius_0.jpg
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2016 イギリス/アメリカ
原題:Genius
監督:マイケル・グランデージ
脚本:ジョン・ローガン
出演:コリン・ファース
 ジュード・ロウ  / ニコール・キッドマン/ ローラ・リニー /ガイ・ピアース
日本公開:2016/10/7

【あらすじ
アーネスト・ヘミングウェイやF・スコット・フィッツジェラルドら世界的な作家を世に出した編集者マックスウェル・パーキンズは無名の作家トマス・ウルフに才能を見出し、出版を約束する。

感想
ジュード・ロウコリン・ファースがダブル主演で実在の作家と天才編集者を演じる伝記ドラマです。
ガイ・ピアースがF・スコット・フィッツジェラルド役で登場するので、今日は英国男優3人斬りね。

ジュード・ロウ演じるのはアメリカの小説家トム・ウルフ。知りません(汗)

長けりゃいいってもんじゃないのは顔だけじゃない。
ウルフの持ち込む原稿は莫大な量(しかも手書き)で、どこの出版会社からも相手にされない。
でも名編集者マックスウェル・パーキンズだけはウルフの文に目をとめるんですね。
そこから出版に向けての長い長い道のりが始まります。
genius.png


編集といってもパーキンズが勝手に手直しするわけではなく、真の言葉を導きだすウルフとの共同作業。ダラダラ説明に終始した文が洗練された美しいフレーズに生まれ変わるシーンにはワクワクしました。
名作もはじめから傑作なわけではないですね。

自分で書く力もあっただろうにそうせず、埋もれた才能を開花させることに人生を捧げるマックス。エキセントリックで、できればお近づきになりたくないタイプのウルフに家庭を犠牲にしても固執するのは、その才能を確信しているから。
ウルフの原稿を読むときの至極の表情で、文学への静かな情熱を表現するファースの素晴らしいこと。

こんな暑い・・もとい熱いジュードを観るのはたぶん初めてで、俳優としてのジュードの変化も感じました。

Jude-Law-and-Colin-Firth-in-Genius-1080x675.jpg
この表情。心を通わせていく二人に言葉はいらないっていうね。


本作が初監督というマイケル・グランデージは舞台の演出家として活躍する方らしく、ウルフと愛人役ニコール・キッドマンのやり取りなどには舞台風な演出も見て取れます。
でもいったんカメラが外に飛び出すと、雰囲気は一転。
セピア色に彩られた20年代から40年代のニューヨークが、舞台ではどうしても表現できないだろう重厚さとスケールで映し出され、圧巻なのですよ。
ジャズをはじめとする音楽も本当に素晴らしく、映像と音楽だけでも「いい映画を観た!」という気にさせてくれる。

マックスの妻を演じたローラ・リニー、ウルフの愛人役ニコール・キッドマン、フィッツジェラルド役のガイ・ピアースもいい。精神を病んだ妻を支えるため小説家活動に没頭できなかったフィッツジェラルドのことなど、有名作家にまつわるエピソードも文学好きにはたまらないでしょう。

これしみじみよかった。
監督は今年のトップ10入り確実です。


ブログパーツ


[READ MORE...]
【映画】アパートメント・ゼロ
2015年10月20日 (火) | 編集 |

アパートメント・ゼロ(1988)イギリス
原題:Apartment Zero
監督:マーティン・ドノヴァン
出演: コリン・ファース  /ハート・ボックナー / ドーラ・ブライアン/ リズ・スミス/ ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ


エイドリアンは部屋代の節約のため、ルームメイトを募集した。やってきたジャックという青年は、ごく平凡な男に見えたが……。

英国男優総選挙 特集 10回目
 
カウントダウンといきたいところだけど諸事情のためランダムになります
今日はマイトップ10、5位にランクインのコリン・ファース !!

アルゼンチン生まれのマーティン・ドノヴァンが監督&脚本を務めたサスペンス。
ブエノス・アイレスを舞台に神経症気味の青年が体験する恐怖を描く作品です。

コリン・ファースが演じるのは映画館を経営する青年。
部屋代節約のためルームメイトを募集し、ジャック(ハート・ボックナー)という青年を気に入ります。

「洗濯のついでだから」といきなり汚れ物を持っていこうとするエイドリアンに戸惑いながらも親切を受け入れる一見人当たりのいいジャックですが
彼には裏の顔があって・・・という話

こう書くといかにも巻き込まれ型スリラーのように思うところだけど
ちょっと違いました。
いや、実際ジャックの周りでは殺人事件も起こっていて
彼の正体を暴くスリラーではあるんですが

本作はむしろ、ようやく信頼できる友を見つけたエイドリアンが
ジャックを失わないかと恐怖に怯える話しなんですよね。

愛する母に死期が近づいている今、ジャックが怖れるのは
また壁に向かって喋るだけの自分に戻ること

コリンはこのときまだ20代と思われますが、
演技的にはやや大げさではあるものの、孤独と不安に苛まれた
壊れた青年をナイーブに演じていて新鮮です。


映画館を経営する映画フリークでもあって
ジャックと2人でタイトル当てゲームをする様子が微笑ましいのですよ。

映画をそれほど好きでもないジャックに登場人物3人を言わせて
エイドリアンが答えるというゲームなんですけどね
ジャック「アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ダイアン・キートン」
エイドリアン「・・・・ゴッドファーザー。もっと難しいのでいいから!」とかねw

雨も降ってないのに傘を持って出かける姿は『キングスマン』を彷彿とさせます。

ジャックに固執するエイドリアンという図は、ゲイ映画にも取れるところだけど
はじめのほうで「そっちじゃない」とコリンに言わせているので
作り手の意図としては違うんでしょうかね。

終盤はサイコVSサイコの構図となっていき、衝撃のラストへ。

あまり高く評価はされてないみたいだけど
エイドリアンのブルジョア気質とか、おそらくは父親に捨てられたであろうトラウマとか、細かいキャラクター付けが行動の鍵となっているところが面白い作品でした。





【映画】『キングスマン』コリン・ファースがキレッキレ!
2015年07月18日 (土) | 編集 |


キングスマン(2014)イギリス
原題:Kingsman: The Secret Service
監督:マシュー・ボーン
日本公開:2015/9/11

『キック・アス』のマシュー・ボーンマーク・ミラー原作によるコミックをマシュー・ボーン自ら監督したスパイアクションです。

あらすじ
ロンドンの高級スーツ店“キングスマン”の実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。ハリー(コリン・ファース)は“キングスマン”のエリートスパイだ。ある日、チームの一員が何者かに惨殺され、組織は新人をスカウトすることに。

感想
モサドでもMI6でもない、スパイ機関キングスマンが存在し、密かに悪と戦っているという話。

まずはあのコリン・ファースがキングスマンのエージェントとして、キレッキレなアクションを披露してくれるのが新鮮です。
CGの助けがあるとは思うものの、いかにもコミック原作という劇画的な流れがしっかり演出されているのは、さすがライターと劇画の原作者たちの仕事っぷり。



キングスマンも人手不足に陥り、新人を発掘することになる
そこでハリー(コリン・ファース)がスカウトするのが不良少年イグジー。
実はハリーとは子供の頃から通じるものがあって、ハリーとイグジーの師弟関係がちょっといいドラマを生むんですね。

仕立てのいいスーツを着こなし、どこか影のあるハリーを演じたコリンははまり役。
イグジー役の新人タロン・エガートンは見たことのない役者だったけど、運動能力の高さを感じさせてくれる逸材の予感。トムハ主演の『レジェンド』に出てるようなので期待です。
他の共演者も組織の長アーサーにマイケル・ケイン、指揮官にマーク・ストロング
んまぁ贅沢なこと。しかもみなさんピタリと嵌りますからね。


スーツ店の奥はこんなことに?という、ありえへんがなな光景もワクワクポイント。

前半は新人教育をコミカルなアクションで見せ、後半からはある敵と立ち向かう展開に。
過激なアクション満載で、人が死にまくることになるものの
キングスマンが対峙する敵の設定は新作『ターミネーター』に通じるものがあって、しかも『ターミネーター』よりも現実的な「そこにある恐怖」を感じさせてくれるのが面白いと思う作品でした。


【映画】リピーテッド
2015年03月08日 (日) | 編集 |



雪の日、コリン・ファース主演の映画を観にいこうと思ってて叶わなかったので、代わりにこちらを観ました。
リピーテッド(2014)アメリカ/イギリス/フランス/スウェーデン
原題:Before I Go to Sleep
allcinemaデータ
 


ある朝ベッドで目覚める二コール・キッドマンの隣には見知らぬ男(コリン・ファース)。
裸のままベッドから抜け出すと、リビングには自分とその男の結婚式の写真などが貼られている。困惑する二コール。お尻が美しすぎる。

すると寝室から男の声
「おはよう、クリスティーン。僕はベン。君の夫だ」


実は二コール演じるクリスティーンは朝起きると前日の記憶が全て失われているという設定。
クリスティーンが事故で記憶障害を発症したこと、2人は結婚して14年になることなどをコリン・ファース演じる夫ベンが教えることで一日が始まる。
『50回目のファースト・キス』じゃん!
でもポスターの雰囲気からもわかるように、ラブコメじゃありません。

本作が新しいのは記憶を呼び起こす手段にデジカメを利用していること。
実はクリスティーンは毎日、医者と名乗る男(マーク・ストロング)から電話を受け取り、男の指示でクローゼットの奥に隠したカメラを取り出し、その日知り得たことを語り録画しています。
研究の一環ながら治療に繋がることを毎回説明され、従うクリスティーン。でもこれ夫には内緒。

やがてクリスティーンは医者からある衝撃的な事実を聞かされることになるんですが・・・
まぁ、この衝撃的な事実はかなり序盤に明かされ、映画はそこからが本番なんですけどね。
なんせ「何も言えねぇ」タイプのミステリーなので諸々ネタバレはやめときます・・
でもひとつ言うと、ベンは色んなことを隠している。
何故ベンは嘘をつかなければならないのか というのが映画の核となります。

困惑しても美しい二コール・キッドマン、献身的にクリスティーンを支え、それでも辛いこといっぱい、でもなんか影があるコリン・ファース、ちょっと記憶探偵入ってるぞのマーク・ストロングと、3人はそれぞれ確かな演技で魅せてくれます。ミステリーの明かし方も秀逸で9割がた面白いんですよ。
ところが最後の一割でモヤモヤしたものが残っちゃうんだなぁ。
本当にクリスティーンを愛してるのは誰だ ってね。
あーーーー、語りたい!でも我慢。

5月の公開です。




[READ MORE...]