映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ロブスター
2016年09月03日 (土) | 編集 |
poster3.jpg
 ロブスター(2015 アイルランド/イギリス/ギリシャ/フランス/オランダ/アメリカ
原題:The Lobster
監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:ヨルゴス・ランティモス / エフティミス・フィリップ
出演: コリン・ファレル  / レイチェル・ワイズ/ オリヴィア・コールマン/ ジョン・C・ライリー/ レア・セドゥ/  ベン・ウィショー

【あらすじ
突然妻に去られ、独身となってしまったデヴィッドは兄である犬とともにとあるホテルに送られる。彼はそこで45日以内にパートナーを見つけなければ、事前に希望した動物へと姿を変えられてしまうのだった。ちなみにデヴィッドの希望はロブスター。こうしてデヴィッドのパートナー探しが始まるが、・


【感想
『籠の中の乙女』のヨルゴス・ランティモス監督によるブラックコメディです。

独身者は悪とされる世界(汗)
妻に去られ、ホテルでのネルトン暮らしを余儀なくされるデイヴィッドは、期間内にパートナーを見つけることができるのか、はたまたロブスターに変えられてしまうのか という話。


独自のルールに縛られる空間に生きる主人公が、どんな突破口を見出すかというテーマは前作と同じ。
でも今回はパートナ探しに失敗したら動物に変えられてしまうというSFにパワーアップしちゃってます。

しかも本作ではホテルのほかに「森」という対極の世界が存在し、ここでは恋愛が禁止され、規則を破れば罰則が待ってる。どうすりゃいいのよ状態。
d0160581_1310294.jpg


相変わらずシュールでブラックですが、いくつか面白い視点がありますね。
一つ上げれば、何故かみんなパートナーを見つけるときに、「似たところ」を見つけるのですよ。
ベン・ウィショー君演じる足の悪い男の死んだ妻も足が悪かったとか
相手探しに行き詰ったデイヴィッドが、無感情な女に近づくため、感情のない振りをするし
森で出会ったレイチェル・ワイズを好きになるのも同じ「近視」だったから。
32e28d4bf7bc102bad98c85faa1484c4.jpg
こういうのはルールに縛られ、脱個性に生きる現代人を風刺してるんでしょうね。
ロマンス的には自分を犠牲にして相手に合わせることを揶揄してもいるのかと。

えっと、少し内容に触れて書きたいことがあるので、以下ネタバレとなります。
未見の方はご注意ください。



ブログパーツ


[READ MORE...]
【ネタバレ感想】 『フォーン・ブース』:「滝汗!サスペンス映画100」制覇シリーズ
2014年07月01日 (火) | 編集 |



フォーン・ブース(2002)アメリカ
原題:Phone Booth
監督:ジョエル・シューマカー   
脚本:ラリー・コーエン
出演:コリン・ファレル/ フォレスト・ウィテカー/ラダ・ミッチェル/ ケイティ・ホームズ/ キーファー・サザーランド/ ポーラ・ジャイ・パーカー 
 
「滝汗サスペンス映画100」制覇シリーズ、再見作品が続きます。
今日はジョエル・シューマカー監督&コリン・ファレル主演の『フォーン・ブース』
シチュエーションスリラーとして初見時も十分に楽しめたんですが、今回再見して自分の解釈ミスに気づいてしまった(笑)


以下ネタバレしてますので、未見の方はスルーでお願いしますね

[READ MORE...]
ニューヨーク冬物語
2014年03月09日 (日) | 編集 |

朝起きたら時間が一時間早くなってる。そうか、今日からサマータイム!!
まだ寒いのもあってまるで頭になかったよ~。
変更になるのは日曜日の朝で、生活に負担がかからないようになってるんですが
今日は夫が日本に発つことになっていたので、焦る焦る。朝の一時間は貴重ですよ。
先ほどバタバタと出ていきましたが、忘れ物なかったかな。ちゃんと間に合いますように。

さて、先日は『白夜』を書きましたが
まもなくホワイトデーということで、プチロマンス特集&「白」にまつわる映画を観ていきます。
まずはコリン・ファレル主演のファンタジーロマンス『ニューヨーク冬物語』を。



ニューヨーク冬物語(2013)アメリカ
原題:Winter's Tale
監督:アキヴァ・ゴールズマン
出演:コリン・ファレル/ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ/ラッセル・クロウ/ジェニファー・コネリー
日本公開:5月
 
幼い頃に両親と生き別れ、気がつけばニューヨークの裏社会を支配する男のもとで、悪に手を染める日々を送るピーター(コリン・ファレル)は、ある日盗みに入った屋敷で美しい令嬢ベバリー(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)と出会い恋に落ちる。
しかしべバリーは不治の病に冒されており、やがて命の火が消えた。
それから100年、ニューヨークの街角では、記憶を無くした男が地面いっぱいに赤毛の女性の姿を描き続けていた・・

原作はマーク・ヘルプリンの「ウィンターズ・テイル」
とにかくこれ予告が素敵でね。壮大なロマンスを期待して劇場に足を運びました。

ピーターがべバリーと過ごしたときと、それから100年後。二つの時代を描く作品です。
あまりにもべバリーを愛してしまったピーターの記憶が、100年の時を経て転生した男の中で蘇る・・
時空モノ大好きなのもあって、そんなミステリアスでファンタジックな物語を勝手に想像したのだけど
違ってました(笑)



いや、ファンタジーには違いないんですけどね。
もうね、馬とか、ラッセル・クロウとかウィル・スミスとか馬とか・・(馬2回言っちゃうw)
もろもろに突飛過ぎて、ここまできたら笑うしかないというレベル。
馬なんか登場するたびに笑いが込み上げて、我慢するのに涙が出るというw
途中席を立った人が帰ってこなかったのも無理なし。
まぁ、こんな映画だと知って観たら、まだ受け入れられたのかも。



原作は大ベストセラーらしいから、映像にするとチャチになるといういい例かな。
ヒロインは綺麗だし、瑞々しい映像も本当に美しい。
恋するコリンというのも悪くなかったのだけど、ある時点からドン引きますw
前述したように、転生もしくは時空物のロマンスにしてくれたらよかったなぁ。
でも、純粋に楽しめる人も多いでしょうし、ドン引き加減を確認するのもよいかも。

監督は、『評決のとき』『ビューティフル・マインド』などの脚本家として有名なアキヴァ・ゴールズマン
脚本の仕事を通じて絡んだ俳優たちがたくさん出演してるわけですね。なるほど。







デッドマン・ダウン
2013年08月10日 (土) | 編集 |





今年はイザベル・ユペールの出演作品が日本で5本公開されるんだそうです。これは凄いことですよね。
シャブロルやハネケ作品でおなじみのユペール
今彼女が求められるのは何故か。
この機会にその魅力を探るべく、ユペールの出演作品を観てみようと思います。
まずは、秋に公開予定の本作から。



 

デッドマン・ダウン(2013)アメリカ
原題:Dead Man Down
監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
出演:コリン・ファレル/ノオミ・ラパス/ドミニク・クーパー/テレンス・ハワード/イザベル・ユペール


『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴ監督のハリウッドデビュー作品です。

コリン・ファレル演じるビクターは、ニューヨークのギャングのボスの右腕的存在。
実はあることから組織に恨みを持ち、ビクターはひそかに復讐計画を実践しているんですね。
そんな彼が知り合うのが、アパートの向かいに暮らすベアトリス(ノオミ・ラパス)。
交通事故で顔に傷が残ってしまったベアトリスは、ビクターと「復讐」という共通項で繋がっていくのです。

組織内に潜入しつつ、ひそかに脅しをかけボス(テレンス・ハワード)を追い詰めていくコリンは静かな怒りを秘めた悲しきアウトローが似合いますよね。

一方ノオミ演じるベアトリスは、復讐に身を焦がし、本来ある人間性さえなくしかけた女。
そのベアトリスをかろうじて救っているのが、ユペール演じる可愛らしい母親です。

でもね、これユペールじゃなくてもいいわぁ。

聴力障害という設定や、ユペールを起用したことが後半きっと意味を持ってくるだろうという期待は裏切られ物足りなさを感じます。
一度は出演を断ったユペールにノオミ・ラパスが長いE-mailを書き説得したようだけど。。
ふむ、名前で映画に格を添えた以外に、彼女の価値を感じられなかったのが残念ですよ。
ナタリー・バイとか、フランス語を喋るおっとり系の女優さんはいくらでもいると思うんだけどね。





静かなスリルにグロテスクなバイオレンスが盛り込まれているのはミレニアムの監督らしいところ。
そこにちょっぴり恋愛風味を加味したいという狙いは分かるけど
個人的にノオミに魅力を感じないのもあって、ロマンス部分にときめきはなかった。

何かとリアリティに欠け、ユペールの使い方にも不満を感じるけれど
コリンファンなら一見の価値あり。

 

■トラックバックいただいてます

Tracked from ここなつ映画レビュー at 2013-11-13 13:57 x

タイトル : 「デッドマン・ダウン」
いや~B級作品でした。何がB級かって、唐突に流れてくるラップ調の音楽のせいでもなく、テレンス・ハワードに大物感がゼロだからでもなく、ともかく、女がステレオタイプというか、古い考え方や趣味に凝り固まっている設定でイライラ。「男は胃袋で掴むのよ」なーんて、イマドキあなた…。交通事故で顔に傷はお気の毒だけど、だからって轢いた相手を殺してやりたいなんて、女のどろどろはそこかい?しかもノオミ・ラパスが顔の傷が似合っちゃうようなイメージだもんだから尚更収まりが悪い。頼まれたメール便も「あなたのためを思って」中......more




オンディーヌ 海辺の恋人
2013年07月17日 (水) | 編集 |




オンディーヌ 海辺の恋人(2009)アイルランド/アメリカ
原題:Ondine
監督:ニール・ジョーダン
出演:コリン・ファレル/アリシア・バックレーダ/アリソン・バリー/スティーヴン・レイ
日本未公開
 ニール・ジョーダン監督、コリン・ファレル主演
アイルランドの海辺の町をを舞台に、漁師の男と自らを人魚と名乗るミステリアスな女性との恋を描く作品。

コリン演じるシラキュースは妻と別れ、腎臓病もちの娘と暮らす男。
アル中の既往を持ち、今もリハビリ中だが、子供のためにまじめに生きようとしている。
ある日、彼の網に女性がかかり、自らをオンディーヌと名乗った。
誰とも会いたくないというオンディーヌを亡き母の家に匿うシラキュースだったが・・。



オンディーヌ(アリシア・バックレーダ)が海からやってきたことは勿論のこと
世間の目を避けようとすることや、美しい歌を歌えば大漁になること
幼い娘がオンディーヌを人魚と信じて疑わないことなどから
私もいつしか、「人魚と漁師の恋」を応援してしまってました。

ジョーダン監督は『狼の血族』『インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア』など
かつてはおとぎ話や伝説をベースにサスペンスやロマンスを描いてましたね。
そう言えば新作『ビザンチウム』は久々にヴァンパイアものだとか。

アイルランドの漁師町の風景や、コリン・ファレルの朴訥とした雰囲気も嵌っていて
こんなファンタジーもありかもと思わせる。
ところが、そうして能天気に見れば見るほど、終盤明かされる現実にドン引きますw

いやいや、ミステリーのもっていき方としてはうまいんですけどね
謎の正体がもう少し気持ちのいいものであって欲しかったとは思います。



監督の男ミューズ、スティーヴン・レイが主人公の告解を聞く牧師役で登場
コリンとの会話がユルい笑いを提供してくれてこれが最高w
登場時間は少ないながら絶妙なサポートでした。さすが!

人魚伝説をだまし絵に、思いがけずリアルな現実を描く作品でしたが
再生の物語としては悪くなかったです。