映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリミナル 2人の記憶を持つ男
2017年02月26日 (日) | 編集 |
Criminal-001.jpg  

クリミナル(2016)イギリス/アメリカ
原題:Criminal
監督:アリエル・ヴロメン
脚本:ダグラス・S・クック/デヴィッド・ワイズバーグ
出演:ケヴィン・コスナーライアン・レイノルズゲイリー・オールドマン/トミー・リー・ジョーンズ/ガル・ガドット/マイケル・ピット
【あらすじ】
謎のハッカー“ダッチマン”の居場所を知るCIAエージェントが任務中に死亡した。世界を救う最後の希望として彼の記憶は死刑囚ジェリコに移植され・・

【感想】
ケヴィン・コスナーがすっごい犯罪者を演じてると話題の本作。”2人の記憶を持つ男”という副題にもそそられました。
criminal2.jpg
冒頭、何者かから追われる様子のビリー(ライアン・レイノルズ)が捉えられ拷問の挙句に非業の死を遂げる
彼はCIAのエージェントで、謎のハッカー「ダッチマン」の居場所を知る唯一の人物だったことが分かります。

ダッチマン(マイケル・ピット)がテロリストに利用されれば世界は大変なことになるってんで
CIAはビリーの情報に辿りつく手段として、彼の脳を他人に移植するという荒業に出るんですな。

CIA指揮官はわれらがゲイリー・オールドマン。脳外科医にトミー・リー・ジョーンズ。
そして脳を移植され「2人の記憶を持つ男」になってしまうのがケヴィン・コスナーです。

これは面白かったね。



ケヴィン演じるジェリコという男、グリコみたいな名前で可愛いですが、これが折り紙付きの極悪人で
まずはケヴィンの悪童ぶりを堪能。
criminal3.jpg
彼はビリーの脳を移植させられたばかりに、CIAとテロリストの攻防に巻き込まれていくわけなんですが
面白いのはモラルもへったくれも持たない男が、移植されたビリーの脳に影響され始めるところ。

店員に悪態をついたかと思えば、そのあと謝ったりする。
そして、今謝ったのは自分じゃないからと言い訳するのがかわゆいの。

まぁね、記憶をつかさどる「脳」の移植が行動や人格に影響を与えるというのは眉唾で、ツッコミどころをあげればきりがないけども、極悪人が人の心を持ち始めるところにグッとくるのです。
しまいには犯罪者として身につけた技と、CIAエージェントのスキルの両方を駆使してテロリストに挑むというのが、一種ユーモラスでもあり、面白い。
criminal-poster1.jpg
ビリーには愛する家族がいて、ジェリコの中のビリーの家族愛がその原動力になってるんですが・・
もしも、もしもね、ジェリコを若くてカッコいい俳優さんが演じていたとしたら、妻ジル(ガル・ガドット)との間にロマンスが生まれても受け入れるかもしれないけれど、ケヴィンではあまりも老けすぎだよね。(身も蓋もなくてスマンw)
ともあれ、ジェリコの思いの処理があいまいなのは続編への布石なのか、そこのところはちょっとモヤっとしたな。

ライアン・レイノルズの役は『セルフレス』を思いだすところ。
家族への思いを残し死んでしまったものとして、『ゴースト ニューヨークの幻』みたいなことになるのかなと思ったら、後半に出番がなくてお気の毒。

続編は『ゴーストエージェント 2人の記憶を持つ男』でお願いします。

お気に入り度4.1

ブログパーツ







【映画】ヒドゥン・フィギュアーズ(原題)
2017年02月06日 (月) | 編集 |
hidden-figures-poster.jpg

 ヒドゥン・フィギュアーズ(原題)(2016) アメリカ
原題:Hidden Figures 
監督/脚本:セオドア・メルフィ
出演:タラジ・P・ヘンソン
オクタヴィア・スペンサー/ジャネーヌ・モネイ/キルスティン・ダンスト/ケヴィン・コスナー

【あらすじ】
60年代初頭、NASAでは黒人女性たちが人間コンピューターとして宇宙開発プログラムに携わっていた

【感想】
 2月はオスカー月ということで、関連作品を観ていきます。
今年のノミネーションのサプライズの一つ、作品賞候補となった『ヒドゥン・フィギュアーズ』を観ました。

監督は『ヴィンセントが教えてくれたこと』のセオドア・メルフィ。
NASA初期の宇宙開発計画に貢献した3人のアフリカ系アメリカ人女性数学者の知られざる実話を映画化した一本です。

舞台となる1961~2年は『ヘルプ~人とつながるストーリー~』と同じ頃。
ヘルプでオスカーに輝いたオクタヴィア・スペンサーが本作でも助演女優賞にノミネートされています。

今回オクタヴィア(ドロシー)の職場はNASA!
NASAは数字に強い黒人女性を雇い、人間コンピューターとして計算業務にあたらせていたんですね。
キャサリン(タラジ・p・ヘンソン)、メアリー(ジャネール・モネイ)も同僚です。

しかし彼女らの職場の部屋には「colored computers」=「黒人のコンピューター課」の標識。
実はNASAでも水飲み場やトイレは「黒人用、白人用」で分けられ、黒人差別が普通に行われていたという事実。
ロケットを宇宙に飛ばそうというNASAで、まだこれだったんだとビックリ。

映画はそんな環境で奮闘する女性陣を描くわけだけど、この映画の面白いのは単なる人種差別映画になってないこと。
キャサリンは子供のころから数学に天才的な能力があり、その才能が宇宙飛行に多大な貢献をするのが痛快で感動的なんです。

しかし、歴史に残る働きに違いないのに、キャサリンの功績が知られてないわけで、それがタイトル「知られざる偉人」の所以でしょう。figuresと複数なのは、それぞれの分野で活躍したドロシー、メアリーを含めるのかと。他にもたくさんの知られざる偉人がいるということかもしれませんね。
Hidden-Figures-1.jpg
本作は先日のアメリカ映画俳優組合賞の、色んな映画賞のアンサルブル演技賞はじめ、様々な賞でアンサンブル演技が評価されています。タラジの天才っぷり、肝の据わったオクタヴィアのリーダー的カリスマ感、ジャネールの負けん気、
加えて、ジンワリ意地悪パンチを食らわすキルスティン・ダンストに代表される典型的な白人たち、(いつオクタヴィアが●●●パイで反撃に出るかとヒヤヒヤしましたがw)、チームの成功に心を尽くす一途さが黒人女性との垣根を取り払うことになるケヴィン・コスナーも機能してる。クライマックスのNASAの一体感も興奮しました。
Hidden-Figures-13.jpg
それにしても黒板につらつらーっと書き連ねた数式が宇宙飛行の成功を左右するんだから、数学ってすごい。
これぜひ子供さんにも見て欲しい。

「黒人」というタグが必要でないほどに、女性として、人として道を拓いた3人
彼らの本物の写真が最後に出てきて、涙腺が緩んだなぁ。
映画も最高に面白かった。



お気に入り度4.5

ブログパーツ


【映画】フィールド・オブ・ドリームス
2016年08月08日 (月) | 編集 |
p8HsQATQBnpUO3EdICYUaaG1HbS.jpg 

フィールド・オブ・ドリームス(1989
アメリカ
原題:Field of Dreams
監督/脚本:フィル・アルデン・ロビンソン
出演:ケヴィン・コスナー/ エイミー・マディガン  / ギャビー・ホフマン/ レイ・リオッタ/ ティモシー・バスフィールド / ジェームズ・アール・ジョーンズ/ バート・ランカスター 

【あらすじ
農場主レイ(ケヴィン・コスナー)は、ある日「それを作れば彼が来る」という声を聴く。
「それ」が「野球場」であることに気づいたレイは収穫まじかのトウモロコシ畑をつぶして
野球のフィールドを作ってしまう。
やがてそこにかつて野球賭博で球界から追われたシューレス・ジョーが現れ、仲間たちと野球を始める・・

【感想
スピリチュアル特集2本目はケヴィン・コスナー主演の『フィールド・オブ・ドリームス』を。

死人が現れて野球を始めるなんて、普通に考えたらかなり怖い話です。
もしも主人公や家族がそれを怖がったら立派なホラーになってしまうのでしょうけど
これはそういうジャンルではなく、ファンタジーな家族ドラマです。

Field-of-Dream.jpg 
トウモロコシ畑でレイが聴く声の主が誰であるかはわからない
スピリチュアル的には神とか、守護霊ってことになるでしょうか。
-3c8fe36609a356cf.jpg
野球場を作ること、心を癒すこと
不思議な声に従って行動するレイは、その意味を模索します。
誰が来るのか、誰の心を癒さなければならないのか
そうして出会うシューレス・ジョーや作家や町医者は確かに夢半ばで野球をあきらめた面々
気づけばそれらは、プロ野球の選手を目指しながら、現実に阻まれ夢をあきらめた父親にも重なるもの。
旅の末に、レイはついに本当の目的、声の理由を見いだすのです。

長い間のわだかまりが一玉ごとに解けていくような
レイと父のキャッチボールシーンがたまらなくいい。

前に、テレビで小泉 孝太郎さんが、子供のころ父親、純一郎氏と少しの時間でもキャッチボールをしてもらえたことが、親子のかけがえのないコミュニケーションになっていたと話しているのを聞いたことがあります。
父と息子にとってのキャッチボールは心の絆を結ぶ大切なツールなんだろうな。

この映画は親との間に誤解から確執のあるような人が見るとぐっと感じるものがあると思う。
心を開きあうことなく親を亡くした人には一層響くだろう、そんな作品。
Field-of-Dreams-05.jpg
まだハンサム真っ盛りのケヴィン・コスナーも素敵だけど
夫を信じ支える妻アニーを演じたエイミー・マディガンが好き。

シューレス・ジョーを演じたレイ・リオッタは控えめながらうまいし
ジェームズ・アール・ジョーンズ、 バート・ランカスターの両人が短い出演時間ながら存在感を際立たせている。


50年代の野球事情に詳しいと一層楽しめるかもしれない
でも知らなくても、穏やかな郷愁と幸福感が体中に染み渡って心地よい。

野球好き、親子の関係に悩む人、映画好きのすべての人にお勧めしたい珠玉の一本


ブログパーツ


[READ MORE...]
マン・オブ・スティール
2013年07月11日 (木) | 編集 |




『スーパーマン』シリーズのビギニングとなる作品です。
マン・オブ・スティール(2013)アメリカ
原題:Man of Steel
監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カヴィルマイケル・シャノンラッセル・クロウエイミー・アダムズダイアン・レインケヴィン・コスナーローレンス・フィッシュバーン
日本公開:8/30
 生まれてまもなく、死に行く惑星クリプトンから地球に送られたカル=エルは、宇宙船を発見したケント夫妻によりクラークと名づけられ大切に育てられる。人間離れした能力に悩み孤立する少年時代を過ごしつつも、徐々に力を人のために使い始めるクラーク。そんな彼の前に、クリプトンの生き残りゾッド将軍が現れ・・


スーパーマンが地球に送られた理由や、ロイス・レーンとの出会いが描かれ
地球とクラークを滅ぼしにやってくるゾッド将軍との壮絶な戦いを通し、地球を守る真のヒーロー、スーパーマンの誕生までを描く作品です。
スーパーマンことクラーク・ケントを演じるのはヘンリー・カヴィル
育ての親ケント夫妻にケヴィン・コスナーダイアン・レイン、ゾッド将軍にマイケル・シャノン
クラークの実の父にラッセル・クロウ、恋人となるロイス・レーンにエイミー・アダムズというキャスティング。

クラークは少年時代、異質なものとしての自分を疎み、悩みます。
そんなクラークをケヴィン・コスナーとダイアンのケント夫妻が優しく守り導くんですが
特にコスナーとの父子関係がの描き方は好みでした。



しかし、いかんせんアクションシーンが長いのが気になります。
CGを使ってのゾッド将軍とのあり得ないバトルは笑うべきなのか(汗)
どう投げ飛ばしても、決定的なダメージを与えられないなら、なぜビルを壊す。
死人も出ただろうなどとついツッコんでしまいました。

ま、そんな遊びすぎ(?)なところもあるものの、ゾッド将軍らにより都市が破壊されるシーンは911を髣髴とさせるディザスター映画のごとき。クリストファー・ノーランが製作に加わっているということで、その迫力とダークさ、ビジュアルの美しさは100点満点でしょう。




元々『スーパーマン』をちゃんと観てない私には分からないんですが、今回のリブートをファンはどう受け止めてるんでしょうね。荒唐無稽なアクションがあってこそのシリーズだとは思うし、スーパーマンの起源が描かれることは嬉しいに違いないけど、個人的にはもっとユーモアがるとよかったな。
新スーパーマンのヘンリー・カヴィルは、悩みつつも運命を受け入れ、弱さと強さと、優しさを持ち合わせたナイーブなスーパーマンを好演していたと思います。
エイミーとはお似合いでした。ただもう少し胸キュンさせて欲しかった。