映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ステイク・ランド 戦いの旅路
2011年09月30日 (金) | 編集 |



 

5大映画祭特集 最後は、トロント映画祭の作品で締めます。
今日は昨年のミッドナイト・マッドネス部門で最優秀作品に輝いたヴァンパイア・ホラーです。
ステイク・ランド 戦いの旅路(2010) アメリカ
監督:ジム・マイクル
出演:ニック・ダミチ/コナー・パオロ/マイケル・セルヴェリス/ショーン・ネルソン/ケリー・マクギリス

ヴァンパイアの大量発生で、多くの人間が命を落とし大統領さえどこかに逃亡
もはやアメリカは壊滅状態。
家族を失ったマーティンは、ヴァンパイア・ハンター、ミスターに助けられ
出会った人間を迎え入れ、敵を退治しながら
安全な場所とされる聖地を目指し北に向かう・・・
 
 
タイトルのゆえんは、ヴァンパイアに杭(ステイク)でとどめを刺すところからでしょうか。
本作に登場するヴァンパイアは、見た目にもおぞましいゾンビ風でね。
獰猛でスピード感にあふれ、しかもやたらしぶといもんで
彼らとの死闘がえぐいえぐい。
ただ、暴力シーン以外は 本当に静かで
ピアノやヴァイオリンで演奏される音楽も、とても美しい。
この世の終焉を描く ロードムービーという風情は、『ザ・ロード』に似ています。
無名どころの役者の中で、唯一聞いたことのある名前が
『トップ・ガン』のケリー・マクギリス
本作では、途中マーティンらに同行するシスターを演じてましたが
 
いやはや、時代を感じますね~。(←禁句w)

 
あっと、失礼、これはヴァンパイア







こちらが、ケリー・マクギリスさん


ちなみにこちらが、トップガンのトムちんと。 
 
 


グロいながらも、CGに頼らない特殊メイクや映像は、なかなかのクオリティ。
途中、人間がヴァンパイア以上に、恐ろしく描かれているのも印象的でした。
 
終末期を描くものは、ひたすら不条理で救いようのないものが多い中
ラストにかすかな希望を感じられたのも良し。

カナダ=ニューエデンとしたのは
トロント ウケ的には成功だったかもしれません。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。