映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
2016年09月16日 (金) | 編集 |
Stonehearst-logo.jpg  

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014 アメリカ
原題:Stonehearst Asylum
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:ジョー・ガンジェミ
出演:ケイト・ベッキンセール
ジム・スタージェス/ブレンダン・グリーソン/ベン・キングズレーマイケル・ケイン

【あらすじ
研修医のエドワードは精神薬学を学ぶためストーンハースト病院にやってきた。


感想
エドガー・アラン・ポーの短編小説『タール博士とフェザー教授の療法』をもとに、ブラッド・アンダーソンが監督したサイコ・スリラーです。
StonehearstAsylum.jpg
19世紀末のイギリス。舞台となるストーンハースト病院は、ラム院長(ベン・キングズレー)のもと、この時代には珍しく解放病棟で精神疾患患者を治療している。研修医として着任したエドワードは美しい患者のエリザ(ケイト・ベッキンセール)に一目ぼれ。しかし、エドワードはまもなく病院内の異常な事実を知ることになり・・といった風で始まる本作。
早い時期に明かされるその事実から、私たちは病院の善悪を目の当たりにする。
そしてエドワードと同じ視線で善を応援しようとするのだけど、次第にその判断基準を失って困惑することになります。すなわち、善と思っていたことが本当に正しいのか?真実の医療はどこにあるのかを考えさせられるんですね。

でもそんな話に終わらないのが流石アラン・ポー原作。
それまでに感じた様々な疑問や違和感が伏線として一気に回収される後半の展開に、ただ脱帽です。
asylum20caine.jpg
ネタバレしたくないので詳細は書きませんけど、今日はベン・キングズレージム・スタージェスだけでなく、ブレンダン・グリーソン、マイケル・ケインも一気斬り。
それぞれいい演技だったけど、ベン・キングズレーが素晴らしい。
stonehearstasylum3.jpg
あまりにも大きな悲しみを背負った者が正気のまま生きるのは過酷なことで
全てを忘れられるのはある意味で幸せなのかもしれないと思ったり。

劇中、ナースがエドワードに助言するラム医師の心を知って彼の心を癒しなさいとする言葉は医療の真髄にあたたかく迫るもので感動した。

ケイト・ベッキンセールが最後にアクションスターの片りんを見せてくれたのには爆笑。
ミステリーとしても超一級。これは面白かった。


ブログパーツ

[READ MORE...]
スポンサーサイト
タイニー・ラブ
2013年03月03日 (日) | 編集 |


TiVoが賢いのは、一度録画予約したら主演や監督の関連作品を次々に録画してくれること。今日はその中からマシュー出演のこんな作品を。



タイニー・ラブ(2003)アメリカ
原題:Tip Toes
監督:マシュー・ブライト
出演:ケイト・ベッキンセイル、 ゲイリー・オールドマンマシュー・マコノヒー、 ピーター・ディンクレイジ、 パトリシア・アークエット

ポスターからしてマシューとケイト・ベッキンセールのラブコメという雰囲気なんですが、これが意外にシリアスなドラマでした。

新鋭画家のキャロル(ケイト・ベッキンセール)はある日、同棲中の恋人・スティーヴン(マシュー・マコノヒー)の子供を妊娠する。しかし、子供を欲しがっていたはずのスティーヴンが、何故か喜んでくれない。

結婚を前提に付き合っていた恋人同士が、妊娠を機に
思いがけない危機に直面する姿を描く作品です。

まぁ大前提なので言いますが、
マシュー演じるスティーヴンの家族は両親も双子の兄も小人症なんですね。
生まれてくる子供も小人症の可能性が高いことから、さぁどうするということになるわけです。

アメリカでは小人症の俳優も多く、コメディもこなすのでこういう映画も受け入れやすいのかもしれないけど、日本ではおそらく作られないタイプ。
ある意味タブーな作品ですよね。

映画は身障者に対する偏見や、本人家族の葛藤に迫りながら恋の行方を追います。
これがおよそラブコメではありえないような予想外な展開となり驚きます。

スティーヴンの双子の兄を演じるのは、なんと小人症のお姿のゲイリー・オールドマン。ベンジャミン・バトン同様な撮影法でしょうか。

この映画日本でも未公開だったけど、こちらでもえらく評判が悪いのね。
コメディかシリアスかわからない描き方でテイストが掴みにくいのと
無駄と思えるドタバタシーンが多いのが問題かな。
ゲイリー・オールドマンの元カノのことや、ピーター・ディンクレイジ&パトリシア・アークエットのこととか無い方がよっぽどすっきりしそう。




それでも身障者を描くことに真摯に向き合う姿勢は好感が持てるところで
マシューの葛藤も、ベッキンセールの母性も理解できた。
どんでん返し的ではあるけれど、穏やかな余韻を残すラストも良かったと思います。
ドタバタさせなければもっといい作品になったんじゃないかな。惜しい。

映像はあまり良くないですが、動画貼っておきます。




ケイト・ベッキンセールがS・ストーンの100倍怖い『トータル・リコール』
2012年08月10日 (金) | 編集 |
フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。
シュワルツェネッガー主演、ポール・バーホーベン監督のオリジナル版公開から22年
リメイク作品『トータル・リコール』を観て来ました。





トータル・リコール
20124年(アメリカ)
原題:
Total Recall
監督:レン・ワイズマン
出演:コリン・ファレルケイト・ベッキンセールジェシカ・ビール
ブライアン・クランストンボキーム・ウッドバイン


戦争の果てに環境が荒廃した近未来。工場労働者のダグラス・クエイドは、退屈な日々の生活に嫌気がさし、記憶を売買するリコール社を訪れる。しかし、クエイドが新しい記憶を植えつけられようとしたとき、突然、警官隊が襲来。クエイドは思わぬ戦闘能力を発揮する・・

90年のオリジナル版を予習して臨みましたが
オリジナルを踏襲した導入が終わると、
多くの部分で変更が加えられてることに驚きます。
前作で火星という設定は、地球上のコロニーに、
地球は汚染されていないブリテン連邦を除き、
戦争の影響でガスマスクなしには暮らせなくなっているなど、
近未来の描き方は現実味を帯びたものに。

クエイド(コリン・ファレル)が別の世界に思いを馳せ
リコール社を訪れるという設定や、自分のアイデンティティを模索しながら
強欲な悪と対峙するプロットは大きくくくると同じ。
なのに、本作はまるで別ものに感じるのはSFの世界観がまるで違うから。
コロニーは『ブレードランナー』風の多国籍観
(中国系がやたら多いのは現在ならでは)
地球を貫通しコロニーとブリテン連邦を結ぶ巨大エレベーター風のフォールなど
スクリーンに映し出される未来映像には目を見張るものがありました。



しかし、なんだろな、
内容が進んでないのに、やたらCG満載のアクションを見せられので
途中から退屈し、どうでもよくなるんですよ。
シュワルツェネッガー作品にあったユーモアも殆どなし。
そんな中、空港のセキュリティチェックのシーンは面白かった。
オリジナルと変則的にリンクしてるのがポイント高くてニヤリ。

出演者ではクエイドの妻ローリー役のケイト・ベッキンセールが最高です。
前作で同役を演じたシャロン・ストーンの100倍しつこくて怖い!!
思わず「女ターミネーターかっ?!」とツッコミたくなったけど
彼女の存在がいい刺激剤になりました。


それでも、SFもここまで来たかと思えるほどの世界観を体験できたのは
楽しかったので、アトラクション気分で見るのがいいかも


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。