映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『グッバイ・モロッコ』
2014年10月14日 (火) | 編集 |



旅に出たくなる映画特集
今日は一気にアフリカ大陸「モロッコ」に飛びましょう
グッバイ・モロッコ(1998)イギリス/フランス
原題:Hideous Kinky
監督:ギリーズ・マッキノン
出演:ケイト・ウィンスレット/サイード・タグマウイ/ ベラ・リザ/ キャリー・ムーラン/ ピエール・クレマンティ/ アビゲイル・クラッテンデン/ アミドウ
 
 
モロッコは景観の美しさから様々な映画の舞台となっています。
代表的なものは『カサブランカ』(実際にはハリウッドでのオール・セット)
モロッコとして登場しない『アラビアのロレンス』『ハムナプトラ』なども含め『シェルタリング・スカイ』『知りすぎていた男』等、有名な映画で使われているんですね。



今日紹介する『グッバイ・モロッコ』はモロッコのマラケシュという街が舞台。
ケイト・ウィンスレット演じるジュリアは2人の女の子とロンドンからやってきたシングルマザー。
大道芸人のアラブ人ビラルとも懇ろになり自由な生活を満喫するジュリアですが、
やがて生活費は底をつき、子供たちは不安をつのらせていきます。

本作は、精神分析の権威フロイトの孫にあたるエスター・フロイトの自伝を元にした作品で、
ヒッピーまがいの主人公が、モロッコでの様々な体験から、自分の進む道を見出す姿を描くもの
だそうですが・・

うーーん、これね、映画的に物凄くいいものを感じる一方で、何か釈然としないものがあるんですわ。



まずいいところは、前半、可愛らしい子供に囲まれたジュリアの毎日がとても微笑ましいこと。
純粋で陽気なアラブ人ビラルもいい味出してます。
生活費を得るため、人形を作って道で売ろうとするジュリアが女性たちに袋たたきに遭うシーンには、あぁ、ここでは女性は働いてはいけないんだと知ることになったり、一夫多妻制のことが時にユーモラスに語られたり、イスラム教の慣わしが自然と見えてくるのもうまい。

ケイト・ウィンスレットの好演もあり、観てるときには彼女なりに子供を愛し、子供にも慕われるジュリアにそれほど悪い印象はもたず、ラストシーンにも清々しい感動があるんですが、よくよく考えたら、ヒロインってなんだったの?って思ってしまうんですよ(笑)
夫(といっても妻子のある男)と別れ、別天地のモロッコで異教に憧れるジュリアは現実逃避してるだけ。
時に子供に現実を突きつけられながら、ようやく目を覚ますという話なので仕方ないんですけど
生活を元夫や他人に頼ろうとし、子供の選択の自由も奪ってしまう無責任母なヒロインに共感するのが難しいと思ってしまった。




成長を描くものは好みですが、本作は最後まで成り行きな感じで、ヒロインが実質変わってないのが残念。
せめて回想の形でもとって、その後の心境を語らせたら違ったものになったかも。

ましかし、原作が母親とモロッコを旅した思い出が元ということならば、書き手の視点は子供にあるわけですね。大人の事情はよくわからないながら、母が遠くの世界に行ってしまうことや、不通の生活から遠ざかることに不安を感じる子供たちの心情は痛いほど伝わったので、その点では秀逸ですね。
ビラルから無償の愛も子供たちのためと思えば納得します。

ちなみに原題でもあり、劇中何度も登場する「Hideous kinky」という言葉は
直訳すれば「酷い変態」みたいなことになってしまうのだけどw
英語圏の人もレビューで「どういう意味か判りません」と書いているところをみると、そのままでは意味を成さない言葉のようです。
これは姉妹が鬼ごっこなどの遊びの中で使い始めたもので、その後使われるシチューエーションを見ると
喜びや驚きなど、様々な感情を代弁する意味合いがあるように思いました。

最後は
「ありがとう!!」
「グッド・ラック!!」
かな。
異国情緒溢れるモロッコの街並み、色彩豊かな人々の暮らし振りに心惹かれる作品でした。

トレーラー貼っておきます









タイタニック(3D版)
2012年04月05日 (木) | 編集 |

『タイタニック』3D版が公開になったので観てきました。
何度か観てるのに新たな発見があって良かった!

blog_import_566b9e8327180.jpeg 

タイタニック(3D版)
2012年(アメリカ)
原題 Titanic 3D
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットビリー・ゼインキャシー・ベイツフランシス・フィッシャービル・パクストン
【ストーリー】
1912年4月10日、イギリスの豪華客船タイタニック号がニューヨークに向けて処女航海に出発する。出港直前に乗船券を手にした画家志望の青年ジャックは、新天地アメリカを夢見てタイタニック号に乗船。船内で出会った名家の令嬢ローズと恋に落ちるが、出発から4日目の深夜、タイタニック号の船首が巨大な氷河に激突してしまう。(映画.comより)


多くの人に愛され、レオを一躍トップスターにした『タイタニック』。
オリジナル公開から15年ということもあり、今回は内容に触れるものになってるので
未見の方はスルーしてください。

私は今回初めての劇場鑑賞となりましたが、これまでに何度かTVやDVDで観てます。
最初に観たときには、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)が死んだことがショックでね。
ローズ(ケイト・ウィンスレット)がもう少し痩せてたら
ジャックも一緒に助かったんじゃないかと思ったり(笑)
ローズの強さが十分に理解できてなかったんだよね。
でも、2度目に観たときに、ジャックが「しっかり生き抜く」ことをローズに約束させ
ローズはその約束を必死に守ったんだと気づき、その瞬間から泣けて仕方なかった。

そして今回さらに気づいたことが。
ラストシーン、私は前に観たときにはばぁちゃんローズが当時の夢を見てるんだと思ってたのだけど
ばぁちゃんは静かに死んだんですね。(多分)
今まで何観てたんだって話ですけど(汗)
ばぁちゃんの周りには、家族も持ち、当時の女性としては革新的ほど奔放に生きた
ローズの写真が飾られている。
「精一杯生きて、君はここではなくベッドの上で死ぬんだ」と言うジャックの言葉が蘇る。
ローズはジャックとの約束を懸命に守り、精一杯生きてベッドの上で人生を終えた。
そして、タイタニック号でようやく再会を果たすんですよね。
あの時船で死んだ人たちがみんなで二人を祝福する。
ジャックの友人も、船長も、最後まで楽器を演奏していた3人もいる。
85年だっけ?本当に長かったよね。
階段の上でジャックが振り返った瞬間、涙腺再び決壊になりました。

最後まで船上で演奏を続けた3人による楽器演奏が、
タイタニック沈没までの壮絶なカオスシーンに重なり、パニックシーンを物悲しく彩る。
生き延びた人たちも悔いと負いを感じながらの余生となっただろうことも想像できる。
故郷を捨て、アメリカに夢を抱いて移民を果たそうとする人々の思いや
階級の違い、差別意識などもしっかり描かれ、何度観ても飽きない。
やっぱり名作だと思います。