映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ジャッキー/ファーストレディ最後の使命
2017年01月28日 (土) | 編集 |
jackie-kennedy.jpg

 ジャッキー/ファーストレディ最後の使命(2016 アメリカ/チリ
原題:Jackie
監督:パブロ・ラライン
脚本:ノア・オッペンハイム
出演:
ナタリー・ポートマンピーター・サースガード/グレタ・ガーウィグ/リチャード・E・グラント/ビリー・クラダップ/ジョン・ハート

【あらすじ】
1963年11月22日、テキサス州ダラスを訪れたケネディ大統領が、パレード中に何者かに射撃される。妻ジャクリーンは悲しむ間も与えられず、葬儀の取り仕切りや副大統領の大統領就任式への出席等対応に追われ・・


【感想】
  ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディの視点で大統領暗殺を描く伝記ドラマ。
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされています。

ケネディが銃弾に倒れた直後、ジャクリーン夫人が後ろに飛んだ頭蓋骨のかけらに手を伸ばそうと、リムジンのトランクに這い上がる映像は、世界中で何度も再生されたであろう衝撃的瞬間です。
夫人がどんな思いでその悲劇に対峙したのかに興味もあり、劇場に足を運びました。


もともとはダーレン・アロノフスキー監督、レイチェル・ワイズ主演で企画が進んでいたらしいですが、破局によりレイチェルが降板。製作に回ったアロノフスキーの代わりにチリのパブロ・ララインがメガホンを取り、ナタリー・ポートマンを主演に迎えて制作にこぎつけました。映画は暗殺直後のジャクリーヌ夫人(ポートマン)が、ファーストレディとしての最後の使命を果たす姿を描いていきます。


New-Jackie-Stills-2016-natalie-portman-40047351-500-334.jpg
大統領の仕事は待ったなしなので、目の前で夫を殺された2時間後には血の付いたままのスーツで次期大統領の宣誓式に臨むジャッキー。すぐにホワイトハウスからの退去も余儀なくされるわけで・・
大統領夫人の肩書も失い、自身の存在価値さえなくことになるなんて残酷ですねぇ。

彼女は大統領の記憶を最高のものとして後世に残したいと、暗殺から一週間後には雑誌ジャーナリスト(ビリー・クラダップ)を招きます。クラダップのインタビューに答える形でランダムなイベントがフラッシュバックで再現される中、ジャッキーの発言に段々と違和感を感じる部分が出てくるんですよね。ずっと煙草を吸ってるのに「タバコは吸わない」と言ってみたり。
言ったばかりの言葉をなかったことのように否定するシーンでは会場中が「へっ?!」でした。

ジャッキーはすでにPTSDに近い状況だったのか。
その辺が少し曖昧で、ジャッキーが変な人に思えてしまった。

終盤ジャッキーの孤独な悲しみと『キャメロン』の歌詞が重なり、その心情も理解できるのだけど、それまでにすでに心が離れてしまっていたのは残念。これレイチェル・ワイズがやった方が似合ってたかもなぁ。顔もレイチェルの方が似てますよね。

左は本物のジャクリーヌ夫人。 ポートマン(右)はファッションも再現

jackie-cbs-1.jpg


大統領暗殺の瞬間をジャッキーの視点で見せる映像は新鮮で、本作のハイライトでした。
johnhurt.jpg
終盤、神父役でジョン・ハートが登場します。
随分と歳をとったという印象で、一瞬彼とわからなかったんですが、まさかその日に訃報に触れることになるとは。
わずかな登場時間でも、含蓄のあるお言葉で映画にしっとりした余韻を残すのが流石でした。
心からご冥福をお祈りします。

追悼は次記事で。




お気に入り度3.4
・ジャッキーの喪失と困惑も最後には理解できるけれど、いい映画を観たという満足感を得られなかった。
・ポートマンの喋りに方に違和感。ジャッキーに似せたのだろうけど生理的になんか嫌w
などの理由で低めです。

ブログパーツ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。