映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】パッセンジャー
2016年12月22日 (木) | 編集 |
passengersposter.jpg

 パッセンジャー(2016 アメリカ
原題:Passengers
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本:ジョン・スペイツ
出演:クリス・プラットジェニファー・ローレンス/マイケル・シーン/ローレンス・フィッシュバーン

【あらすじ】
5,259 人の乗客を乗せて地球を後にした豪華宇宙客船アヴァロン号。目的地となるコロニー、ホームステッドまで乗客は120年間カプセルの中で眠るはずだが、2人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう。絶望的状況の中惹かれ合う2人だったが・・


クリスマスを前に話題作が続々公開になります。
全部観たいけど、そういうわけにもなぁ。
今日は『アサシン・クリード』と迷ってこちらをチョイス。
クリス・プラットジェニファー・ローレンスが120年の長い宇宙旅行の途中、90年も早く目覚めてしまった乗客を演じるSF大作です。
メガホンをとったのは『ヘッドハンター』『イミテーション・ゲーム』のノルウェー監督モルテン・ティルドゥム

最近は退廃的な地球を舞台にした近未来ものが多い中、舞台が完全に宇宙(宇宙船内)というのはまずクール。
船内に男女が2人という設定は『青い珊瑚礁』なんかの好きな漂流ものを彷彿とさせるわけで面白くないわけがない。しかも90年も早く目覚めたら、どう頑張っても目的地に着くまでに老衰!2人のサバイバルにどんなオプションがあるのかと興味津々で見ることになりました。

passengers2016-6b.jpg
まずはエンジニアであるクリスが色んな道具を持ち出して壊したり作ったりするのが楽しい。
そもそも彼がコロニーへの移住を決めたのは、物作りに生きがいを持っていた彼が地球ではもはや必要とされないことに絶望していたから。こういう漂流サバイバルものには一番必要な人物かも。
ただし、船内には必要なものは全部そろっていて、もの作りの技がさほどサバイバルに生かされないのは残念。

ジェニファーに恋する様子も微笑ましい。考えたらクリスの正当な恋愛ものを見るのは初めてじゃないかな。ロマンスとしては問題含みで、中盤まではかなり面白かった。

ところが、後半の展開が早すぎて凄くもったいなんですよねぇ。
今起きてる問題が何なのか、それにどう立ち向かおうとしてるのかが見えにくいから置いてけぼりを食らってしまう。
もっと2人の思考の過程をじっくり見せるとまた全然違った面白いものになったんじゃないかな。

テクノロジーに関しては「未来にはできるんだろう」と思えるからいいのだけど、技能面では少しツッコミたい感じ。たいした宇宙訓練を受けたわけでもなかろう人間が『ゼログラヴィティ』みたいなこと簡単にできるんかなとか、色んな無理を感じてしまった。

ま、でも、ロマンス、アクション、ドラマ、サスペンスと多様なジャンルを盛り込んだ作品で、クリスの演技をじっくり見れたのが最高の収穫。主演2人+マイケル・シーンは文句なしにグッジョブです。
近未来映像もスタイリッシュでキレイ。ところどころかわいらしい笑いが投入されているのも好みでした。
passengers2016-2b.jpg
人間だれしもいつかは死ぬわけで、限りある命をどう生きるかというのが本作のテーマでしょうね。
最後に二人の映像を少し入れてくれるともっと感動できたかも。

ブログパーツ
スポンサーサイト
【映画】マグニフィセント・セブン(2016)
2016年10月01日 (土) | 編集 |
the-magnificent-seven-2016-5k.jpg
 マグニフィセント・セブン(2016 アメリカ
原題:The Magnificent Seven
監督:アントワーン・フークア
脚本:ニック・ピゾラット/
リチャード・ウェンク
出演:デンゼル・ワシントン
クリス・プラットイーサン・ホーク/ヴィンセント・ドノフリオ/イ・ビョンホン/
マヌエル・ガルシア=ルルフォ/
マーティン・センスマイヤー/ヘイリー・ベネット/ピーター・サースガード
日本公開:2017/1/27

感想
黒澤明監督の名作『七人の侍』のハリウッドリメイク『荒野の七人』の再リメイクです。
監督は『トレーニング デイ』『サウスポー』などのアントワーン・フークア

mag.png
非道な実業家バーソローミュー・ボークに牛耳られたローズ・クリ―クの町
目の前で夫を殺されたエマ(ヘイリー・ベネット)ら町の住人の依頼により、賞金稼ぎのサム・チザム(デンゼル・ワシントン)を筆頭に7人のならずものが集結する。


「誰にも気を許せない時代」の緊張感をピリピリに漂わせるの酒場のシーンから秀逸です。
無法地帯を生き抜くには必ずしも善人ではいられないわけで、集まった7人も例外ではない。
そんな彼らが雇われて戦ううち、いつしか縁もゆかりもない町のために仕える侍と化す。
ドラマ部分は控えめではあるものの、個々にトラウマや闇を抱えているがゆえに、戦いを通して自分を克服し、仲間と絆を深め命をかける様にグっとくるんだな。
magnificent-seven-2016-cast.jpg

リメイクとはいっても別ものというだけあって、今回、7人は黒人、アジア人、ヒスパニック、ネイティブ・アメリカンなど多様な人種の集まりとなっています。これも時代の流れでしょうか。
黒づくめのリーダー、デンゼルはさしずめユル・ブリンナー。ユーモアで盛り上げるクリス・プラットはマックイーンでしょうね。
ナイフ使いで惚れ惚れするほどキレのいいアクションを見せるイ・ビョンホン、一回り大きくなった体で敵に体当たりをくらわすヴィンセント・ドノフリオ(あの高い声はなんやねんw)など、各々の個性が光ります。

なんといっても
この映画の核はアクション!
縦横に馬を走らせる銃撃戦の迫力たるや!
今どきこれほどリアルなアクションで魅せてくれる映画も少ないでしょ。
デンゼル・ワシントンの馬上からの銃さばきにも感心してしまった。61歳には見えませんから。
クリスもデンゼルも銃をクルクルっとしてホルスターに収めるのがカッコいい。相当練習したんでしょうね。

最近悪役が多くなったピーター・サースガードは、本作でもジメっとした悪党ぶりがナイス。

残念に思う点は、夫を殺されたエマを除いて町の人々の存在感がやや弱いこと。
これでは新たな悪党が現れたら、住人はまた苦境に追いやられるのではと不安になる。
『七人の侍』は村人に力を感じさせたところが巧かったんだと思う。
『七人の侍』の「白いご飯」に相当するものを求めるのは無理かもだけど、住民との繋がりをもう少し感じられるとよかったね。

でももう一度観たいと思うほど楽しめました。
あの方が生きているのを最後の最後まで期待して待ってしまったけれど・・

日本公開は来年だそうです。


ブログパーツ


【映画】ジュラシック・ワールド
2015年06月20日 (土) | 編集 |


ジュラシック・ワールド(2015)アメリカ
原題:Jurassic World
監督:コリン・トレヴォロウ
日本公開:2015/8/5

感想
『ジュラシック・パーク』から22年
スピルバーグ制作総指揮で、再び恐竜が大暴れします。
今回舞台となるのは、オリジナルと同じイスラ島。
かの惨劇のあったジュラシック・パークを北に残したまま、新たな経営者により、恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」が建設され、毎日2万人の人が訪れています。
「ジュラシック・パーク」の創始者の夢が現実になった形ですよね。
しかし技術と人の尽きることのない欲望が新たな脅威を生み、島で悪夢が繰り返されることになるわけですねぇ。

いやぁ、迫力だったわ。
2回目の鑑賞でIMAX3Dで観ましたが、3D効果はそれほどでもなかったけど、地響きや咆哮が迫力で臨場感が増します。
アトラクション映画としては間違いなく最高峰でしょ。



ただ、冒頭から説明が多くて、クリス登場までが待ち長いんですよ。
新しいテクノロジーや倫理性を伝えるために必要なのはわかるけど、掴みが弱いのは残念。
そのクリス・プラット、今回は飼育係オーウェンを演じてまして・・
あら、妙に男前。元軍人とあって男気があって勇敢でカッコいい。
でもでも、私クリスにはもっと軽さを求めてしまうんだなぁ(笑)



もしかしたら主役?と言われるのはクレア役のブライス・ダラス・ハワード
ハイヒールのまま森を駆け抜け闘うブライス嬢にビックリ。
靴はCGなのかと思ったくらいよ。
ブライスには第2のシガニー・ウィーヴァーとしてブレイクして欲しい。
自己チューだったクレアが徐々に変わっていくんですが、実は一度デートしてたらしいウォーエンと段々に心が近づいていくところもミソ。
続編ありならロマンスの発展にも期待です。

今回新しいのは、恐竜が遺伝子操作で作られている点
ハイブリッドな恐竜の賢さと残虐性で、恐怖をマックスに盛り上げます。
彼らに本能+αの「意思」を持たせたところも鍵で、そこにクリスが大きく関わってくるんですね。ただ子供たちを守り、逃げるだけの主役じゃない。
ウォーエンの勇気と動物愛、垣間見せるお茶目さが魅力となって、大いに楽しませてくれました。クリスやっぱり好き!!

『ジュラシック・パーク』を小学生のときに観て熱狂し、以来映画に取り付かれたというのだから、夢を叶えたのは、一番に監督自身かもですね。




トラックバックされた記事

  • 映画「ジュラシック・ワールド」 監督コリン・トレヴォロウ

    もう 無茶苦茶楽しみにしていた この「待て!」が 動物の飼育員の間で流行ってるそうで マイケル・クライトンの本「ジュラシック・パーク」に 出会ったのは25年程前?あの衝撃は忘れられず まさかそれが映画化されるなんて驚き以外の何物でもなかったけれど それを可能にしたのがCGとスピルバーグだった 琥珀に閉じ込められた吸血性の昆虫(蚊みたいな)が きっと同時代に生きていたであろう恐竜の血を吸っていたとして まず 琥珀から昆虫を取り出し血液を採取 DNA 

    アンダンテ また旅日記♪

    2015/8/5(水) 午後 8:23

  • ◆ジュラシック・ワールド。

    ジュラシック・ワールド(2015)   JURASSIC WORLD 監督 コリン・トレヴォロウ 出演  クリス・プラット           オーウェン   ブライス・ダラス・ハワード    クレア  ヴィンセント・ドノフリオ      ホスキンス   タイ・シンプキンス         グレイ   ニック・ロビン... 

  • ジュラシック・ワールド

    ジュラシック・ワールド 『ジュラシック』シリーズ第4弾となるアドベンチャー大作。 恐竜をテーマにした巨大テーマパークを舞台に、遺伝子操作によって生み出された新種の恐竜が脱走、人間や恐竜を襲うさまを臨場感たっぷりに描き出した作品です。 まさかのシリーズ最新作に出会えるとは! やっぱり恐竜のクオリティはさすがで迫力あるし美しかったです。 ストーリーはお馴染みの展開で色々設定や展開に突っ込みどころも... 

    ちょいと一休み♪

    2015/12/4(金) 午後 11:50


クリス・プラットを探せ その2
2015年01月17日 (土) | 編集 |




今日の「クリス・プラットを探せ」は『マネーボール』から。

『マネーボール』は負けが続いても慣れっこのダラダラ弱小球団をブラピ演じるスカウトマネージャーが立て直すという物語。

映画の中でブラピ演じるビリーは肘の故障で選手生命が終わったと思われたキャッチャーのスコットを球団の反対を押し切って一塁に起用。そのスコットを演じていたのがクリスだったのね。

最後は劇的なホームランで球場を沸かせるという見せ場もありました。大リーガーらしいフォームでホームランを放つクリスです。


経験者がたくさん出演する中、クリスはリトルリーグで少し野球をかじっただけのほぼど素人だったようで、ピッチングマシーンで練習するときにもスピードを一人遅くしなくちゃいけなかったらしい。

利き手じゃないサウスポーの選手を演じるのは難しかったでしょうけど、頑張ってました。








【映画】10イヤーズ
2015年01月09日 (金) | 編集 |




10 Years(2012)アメリカ
原題:10 Years
監督:ジェイミー・リンデン
出演:チャニング・テイタム/ジェナ・ディーワン=テイタム/オスカー・アイザック/クリス・プラット/ロザリオ・ドーソン/ケイティ・マラ/ジャスティン・ロング/リン・コリンズ


ストーリー
高校の同窓会にかつてのクラスメートが10年ぶりに集まった。


クリス・プラットを探せ」

今日は2012年製作の日本未公開作品のご紹介です。
これね、未公開ながら今見たら結構なメンバーが揃ってるんですよ。



まずチャニング・テイタムね。

彼は恋人ジェスを伴って同窓会にやってくるのだけど、実は高校時代に付き合ってた彼女(ロザリオ・ドーソン)のことが引っかかっていて、ジェスになかなかプロポーズできないでいるという設定。10年ぶりに再会した元カノとどうなるのか、ドキドキさせられました。ジェス役のジェナ・ディーワン=テイタムは実の奥様ね。



オスカー・アイザックケイト・マーラ狙い。ミュージシャンになっているという設定で劇中歌を披露してくれます。

10年の間には色んなことがあって、それぞれの暮らしぶりも変わっている。同級生だからこそ隠したいこともあるけれど、心を開きあうのにも時間はかからない。最後は10年経って成長した彼らが、それぞれに新しいスタートを切るという感じがとっても清々しい映画でした。

最後に集合写真。こんな豪華メンバーのクラス会に出席したい(笑)




おっと、忘れちゃいけない。肝心なクリス・プラットはというと・・




結婚して2児のパパとなってはいるけれど、高校時代はかなりのジャイアンだったようでw同窓会に出席する彼の目的は、昔いじめた同級生に許しを請うこと(笑)
いかにも虐められっ子という面々の中、でかいクリスが小さくなってるところが可愛いの。酔っ払ってランニング姿で下手なカラオケを歌ったり、散々周囲の顰蹙を買うわけだけど、姉御肌の同級生妻はクリスの気持ちをちゃんとわかってくれてるところが良かったわ。

見所たっぷりのトレーラー貼っておきます。

家にやってきたチャニング・テイタムを玄関先でいきなり抱え上げるクリスにも笑う。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。