映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】最後の追跡
2016年12月08日 (木) | 編集 |
 hellorposer.jpg
 最後の追跡(2016 アメリカ
原題:Hell or High Water
監督:デヴィッド・マッケンジー
脚本:テイラー・シェリダン
出演:ジェフ・ブリッジスクリス・パインベン・フォスター

【あらすじ】
テキサスの田舎町の銀行で覆面の二人組による銀行強盗が発生し、老齢の州警察の長マーカスが相棒のアルバートとともに犯人を追う


数ある前哨戦の中で、個人的に一番信頼を置いているのはワシントンDC映画批評家協会賞の選出です。
彼らが今年の作品賞に選んだのは『ラ・ラ・ランド』。オスカーもぜひとって欲しいと思うところですが、今日は作品賞候補となった5本のうちの一本『最後の追跡』です。

気になりながら劇場公開を逃したのが非常に悔やまれる。
今のところ今年のマイトップ5に入る好きな作品でした。

HellOrHighWater.jpg
テキサスの田舎の小さな銀行の強盗シーンで幕を上げる本作。
犯人はベン・フォスタークリス・パインが演じる兄弟。
素人による犯行の危うさに緊張感を漂わせつつも、そのやり取りにテキサス人の気質を盛り込んだ演出がのどかでいい。自宅の農場に戻ると二人は車をショベルカーで埋める。墓場に葬るかのように。
おそらくは飢え死にさせてしまった牛たちもこうして埋めたのでしょう。

原題のHell or High Waterというのは直訳すれば地獄でも洪水でも。
つまりは何があろうと、どんなことをしてでもある目的を遂げねばならないという切羽詰まった状況をいうらしい。

クリス・パイン演じる弟は貧しさの連鎖から子供たちを救うため、10年間ムショ暮らしをした兄(ベン・フォスター)は孤独に母親を看取った弟に借りを返すために、なにがなんでも農場を守り抜きたかった。
hellorhighwater218-feature.jpg
しかしながら兄の破天荒さからほころびが生じ、ジェフ・ブリッジス演じる退職間際のマーカスと先住民の血を引く相棒の州警察コンビが兄弟に迫ってきます。
本作は言ってみれば兄弟と警察、二組のバディ映画でもあるんですが、それぞれ確執の上になりたった信頼関係と絆の描き方と、役者の演技が素晴らしくワシントンDC映画批評家協会賞でアンサンブル演技賞に輝くのも納得。

兄弟は自分の富を肥やすためにやってるのではなく、彼らに捨て身の刹那感が漂う部分が、わびしくて渋い主題歌と荒涼とした田舎町の風景も相まって胸に迫ります。
アメリカの底辺には、こうした貧困にあえぐ人たちがいるという現実
悪魔に魂を売ってでも明日に希望を見出したいとの思いは、トランプを大統領に選んだアメリカ人の「なにがなんでも」という希望に重なる気がしたな。

ベン・フォスタージェフ・ブリッジスがダブルで助演男優賞候補に。
監督のデヴィッド・マッケンジーも監督賞にノミネートされていてワシントンDC映画批評家協会賞では5つのノミネート(一つは賞獲得)されています。

追跡劇の緊張感もただならぬものがあって、アクション映画としてもドラマとしても秀逸。
見ごたえガッツリの新時代の西部劇でしたね。

日本ではNetflixで配信してるらしいので、利用されてる方はぜひ。
というか、これを未公開にするとは。


ブログパーツ







【映画】スター・トレック BEYOND
2016年11月10日 (木) | 編集 |
statreposter.jpg
スター・トレック BEYOND (2016 アメリカ
原題:Star Trek Beyond 
監督:ジャスティン・リン
脚本:サイモン・ペッグダグ・ユング
出演:クリス・パイン/ザッカリー・クイント/ゾーイ・サルダナ/サイモン・ペッグ/カール・アーバン/アントン・イェルチン/ジョン・チョウ/イドリス・エルバ

【あらすじ】
カーク船長(クリス・パイン)率いるエンタープライズ号は、未踏の星に不時着した探査船を捜索中、謎の異星人に襲撃される。艦は墜落しからくも脱出したクルーは散り散りに。不時着した惑星でカークが発見したものは・・


【感想】
英国男優50人斬りも残すところあと2人となりました。
今日は総選挙8位にランクインのサイモン・ペッグ斬りのスタトレ最新作です。

5年の任務の3年が経過し、自分の誕生日すなわち父の命日を数日後に控えたころ、カークは宇宙を旅する意義を考えあぐねています。偉大だった父の足跡を辿るべく入ったこの世界。しかし、宇宙に終わりがないなら自分のしていることに意味があるのかと。

そんな折、宇宙で座礁した探査船を捜索中、エンタープライズ号は何者かに襲撃され墜落、脱出ポッドで緊急避難したクルーの行方も分からなくなるという絶体絶命のトラブルに見舞われることになるんですね。
star-trek-beyond.jpg
サイモン・ペッグはいつものようにスコッティ役をこなすと同時に、本作では脚本も共同で書いてます。実際にはロベルト・オーチーの脚本をリライトする形だそうですが、個性が強調され、クルーの絆がより深く描かれているのはサイモンの功績によるもののようです。
昨年二月に亡くなったレナード・ニモイをトリビュートしているのも、製作50周年を迎えたシリーズのファンには嬉しい気づかいだたでしょう。
STB_640x345_acf_cropped.jpg
映画はですね、『スタートレック ビヨンド』というよりも、ビヨンド・スタートレックといった感じでw
宇宙そっちのけで、『ミッション・インポッシブル』か『ワイルドスピード』と見間違うほど荒唐無稽なアクションシーンが繰り広げられる。そこを楽しめればいいですけどトレッキーには不評だっただろうな。
Chekov-350x197.jpg
でも私個人としては、今年27歳で急逝したアントン君に哀悼を捧げたと思われるワンシーンにグッときた。
カークとボーンズが酒を酌み交わすシーンに登場するのが、チェコフのロッカーから持ってきたというウォッカ。
それをもうひとつのグラスに注ぎ、チェコフはウォッカ野郎だよななどと話しながら乾杯する。
本当にさりげないけれど、アントン君への思いを感じられて、ここ好き。


[READ MORE...]
スタートレック イントゥ・ダークネス
2013年06月02日 (日) | 編集 |


スタートレック イントゥ・ダークネス(2013)アメリカ
原題:Star Trek Into Darkness
監督:J・Jエイブラムス
出演:クリス・パイン、 ザカリー・クイント、 ゾーイ・サルダナ、 ベネディクト・カンバーバッチ、 ジョン・チョー、 サイモン・ペッグ、 カール・アーバン、 ピーター・ウェラー、 アリス・イヴ、 ブルース・グリーンウッド、 アントン・イェルチン
日本公開:8/23 
J・Jエイブラムスによりリブートされた『スタートレック』(2009)の続編ですね。
メインキャストは続投。前作から一年後の西暦2259年を舞台に新たに出現した敵と対峙するエンタープライズ号クルーの活躍を描きます。



前作で勇気ある判断力で前作で艦長となったカーク(クリス・パイン)でしたが、冒頭繰り広げられるミッションでのミスを問われ、時期尚早として早くも副官に降格(笑)
艦長の資質を問われたカークが、エンタープライズ号とクルーを守り、
本当の艦長たるために命がけの闘いに挑む・・ という作品です。



今回特に話題なのは悪役にベネディクト・カンバーバッチを起用したというところでしょうか。
残念ながら英国のTVシリーズ『シャーロック』は未見で、『裏切りのサーカス』のカンバーバッチしか知らない私には、何故彼が人気なのかわからなかったんですが、綺麗にアクションもこなす人だったんですね。

本作ではロンドンがテロの攻撃を受ける。
その首謀者 ジョン・ハリソンを演じるのがカンバーバッチ。
後に彼はその素性を明かすわけですが、、
オリジナルのシリーズを観てる方は「おーーー!」ってなるはず。
私は「聞いたことある・・」くらいで大きな感慨がなかったのが残念だったので、未見の方は公開までにシリーズ1,2くらいは観ておくことをお薦めします。

とにかく、規模がでかいですよね。
大掛かりなアクション満載、でも3Dの効果はそれほど感じなかったかなぁ。
個人的にはCGのスペクタクルにはそれほど興味ないので、映像美はホーっというくらいでしたが
意外にもカンカーバッチとの闘いが肉弾戦だったりで、アナログな部分も楽しめました。
ま、そこで助っ人よこすんなら、もっと早く投入しろよ、みたいなツッコミどころもありますが(笑)

キャストのキャラも生かされ、ユーモア溢れる台詞にも笑えたし、泣けるシーンもあり。
エンタメ作品としてトータルで満足のいく出来映えです。
通常はエンドロールの始まりと同時に席を立つ人が多いのだけど、今回はみんな静かに座ってたのは、音楽が良かったのもあるだろうな。





 






Black & White/ブラック & ホワイト
2012年02月24日 (金) | 編集 |




ウォリアー』『裏切りのサーカス』と観て、トム・ハーディに惚れてしまいました(^-^〃)♪
今日は彼の最新作『Black & White/ブラック & ホワイト』
CIAエートップジェントの二人が、一人の女性をめぐってしのぎをけずる
『チャーリーズ・エンジェル』のマックG監督によるアクション・ラブコメです。

Black & White/ブラック & ホワイト(2011) アメリカ 

監督: マックG
出演:  リース・ウィザースプーン/クリス・パイントム・ハーディ/ティル・シュヴァイガー
 
 
トム・ハーディ目当てで劇場に足を運びました。
トマトメーター25%とかで、やけに評価が低かったんで
そんなに期待してなかったんだけど、これは予想をはるかに上回る面白さだった!!

CIAエージェントのFDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)は闇商人を追うも失敗し、
謹慎処分の憂き目に遭う。暇になってしまったタックは恋人紹介サイトで
ローレン(リース・ウィザースプーン)と知り合うが、
なんとFDRもローレンをナンパ。ローレンを巡ってバトルが勃発する。
(シネマトゥデイより)
トム・ハーディクリス・パイン、危険な任務をこなしながら深い絆で結ばれた二人が
リースを争ってバトルを繰り広げるのだけど
なんたってCIAの腕利きの二人ですから 情報収集技術も半端じゃない(笑)
最新機器を駆使し、それぞれの仲間を使って情報を分析
あるいは相手の恋路を邪魔しながらのバトルが爆笑です。
 二人の一途な思いには迷いがなく、それぞれの魅力もどんどん増してくる
だから二人の間で揺れるリースの乙女心も理解できるし
どっちが勝っても納得で、勝負の行方が気になるという作りで飽きさせません。
 CIAの技術を私的に使いまくる荒唐無稽さとシニカルさで笑いを誘うセンスもいいし
アクションのレベルも高いから、単なるおばかコメディに収まらない。
ロマンスものとしても楽しめる一品に仕上がってますよ。

わがトム・ハーディはアクションも最高にカッコいいのだけど
何より恋する男を素に演じているところに、ますます惚れました。
 彼らの敵となるのが『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』のティル・シュヴァイガーだったのも
なんだか嬉しいところでした。
 ただこれね、終盤ハーディの元妻に関するあるエピソードがいただけないんですよ。
それなかったら、マジで星5つつけたいくらいだったのに。かなリ残念!
感動のバディもので終わっていいやん! ってねw

日本公開は4/20~