映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『手紙は憶えている』認知症ナチハンター 復讐の旅路の果てに・・
2016年07月27日 (水) | 編集 |
poster.png  

手紙は憶えている(
2015) カナダ/ドイツ
原題:Remember
監督:アトム・エゴヤン
脚本:ベンジャミン・オーガスト
出演:クリストファー・プラマー  /マーティン・ランドー/ヘンリー・ツェーニー /ブルーノ・ガンツ 
日本公開:2016/10/28 

【あらすじ 
老人ホームに暮らすゼフ(クリストファー・プラマー)はあるミッションを遂行するためホームを抜け出した

【感想
アトム・エゴヤン監督の新作は、ある老人の復讐の旅路を描くサスペンス・ドラマです。

クリストファー・プラマー演じるゼヴはアメリカの老人ホームに暮らすお年寄り。
腕の数字の入れ墨から彼がホロコーストの生存者であることがうかがえます。
妻を亡くして一週間経ってもまだ朝起きると妻を探してしまうほどの認知症を患うゼヴですが
彼は老人ホームを抜け出し、あるミッションを遂行する旅に出る。
家族を殺したナチスドイツの残党に復讐しようとしているのです。


制作年の2015年は戦後70年の節目。
終戦時、20歳だった人ももう90歳。幹部級のナチス残党ともなれば100歳は超える計算になるわけで、
リアルタイムのナチスハンターを描くこういう映画が作られるのも、もうほとんど最後でしょうね。

ゼヴもまた90歳という高齢で、認知症を患う彼は、どうして見知らぬホテルにいるのか、自分が何をしているのかさえもわからない。そんなゼヴはホーム仲間であり、同じアウシュヴィッツの生存者のマックス((マーティン・ランドー)に渡された手紙を読み、腕の入れ墨を目にすることでかろうじてミッションを自覚しているというのが面白いところ。
remember.png 

つまりゼヴは自分の「恨み」の気持ちの実態を持たぬまま復讐を実行しようとしている。
アイデンティティの不確かさというのが映画のカギですね。

被害者と加害者の両方の思いを伝えつつノワールで終わらせ
でも気づけば見事に復讐を完結させているんだから、見事としか言いようがない。

9 Christopher Plummer - Remember 


人間、忘れることは幸せなこともあるかもしれない
あるいは知らないままでいたいこともある

タイトルの「リメンバー」が深く切ない余韻を残す傑作です。

remember-01.jpg

プラマー様のピアノも聴けるよ




ブログパーツ



[READ MORE...]
【映画】トリプルクロス
2015年11月08日 (日) | 編集 |


シニア選手権ですが、さらに枠を広げ全世界版にします(笑)
ヨーロッパ以外のおじさま俳優に好きな人が多いと気づいたんだな(笑)
あれこれすみません。

今日はカナダ出身のクリストファー・プラマーいきます。
85歳にして現役 今もイケメン!

christopher-plummer


triple-crossposter

作品情報】
トリプルクロス(1966)イギリス/フランス
原題:Triple Cross
監督:テレンス・ヤング
脚本:レネ・ハーディ
出演:クリストファー・プラマー /ユル・ブリンナー / ロミー・シュナイダー / トレヴァー・ハワード/ クローディーヌ・オージェ / ゲルト・フレーベ

【ストーリー】
強盗犯のエディ・チャップマンはドイツのために働くことを条件に釈放される。彼はスパイの訓練を受けて、イギリスの高官と接触するが……。

【感想】

『007/ドクター・ノオ』等、初期の007シリーズ3本を手がけたテレンス・ヤングが描くスパイ映画です。

クリストファー・プラマーが演じるのは第二次世界大戦中
ドイツとイギリスの二重スパイとなった実在の人物エディ・チャップマン。

強盗犯のチャップマンが捕まったのは、おりしも第二次世界大戦勃発の頃。
収監中のジャージー島の監獄がドイツの管理下におかれ、エディはイギリス人である自分が、
ドイツの役に立つ仕事が出来るとアピール。
ドイツ側もチャップマンの爆弾を用いた犯罪歴に興味を示し、
処刑したにみせかけ彼をスパイ要員に起用するですね。
やがてスパイとして任務を遂行するチャップマンですが、ちゃっかりドイツ側に報酬を請求。

しかも、潜入先のイギリスでもMI5にドイツの情報を提供することを自ら申し出、
スパイとして活躍することになるんですが、そこでも報酬を求めるという二重取り(笑)

言ってみればこうもりみたいな男だけど、
若きプラマーが演じるとこれが憎めない(笑)
モラルなんか糞くらえの奔放さは、夢のない時代ゆえかな。

しかも、プラマーさん驚くほど男前なんだわ。

smoke4

スーツ姿は勿論、イギリスとドイツの両方のユニフォームも似合ってます。
triple

痛快なアクションがあるわけでもなく、
007風を期待するとちょっと違うということになるけど
ドイツ、イギリスどちらの味方なのかと双方に疑われる展開は面白かった。

監督のテレンス・ヤングとはフラットメイトだったらしいし
ヤング自身がMI5のメンバーだったらしいと聞くと一層興味深いですよね。

ただ実話ベースゆえの制約もあってか、エンタメ性に走りきれないのが難
スパイグッズや諜報のスリルを駆使すればもう少し面白くなったのではと思うところ

triple-cross

最後までチャップマンを信じたユル・ブリンナーの悲哀や
ナチスドイツ崩壊の過程がぼんやりw伝わるところはよかったな。





ブログパーツ