映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】天国の門
2015年03月25日 (水) | 編集 |



天国の門(1981)アメリカ
原題:Heaven's Gate
allcinemaデータ

(あらすじ)
ハーバード大学で青春時代をともに過ごしたエイブリルとアービン。20年後、保安官となったエイブリルは、ワイオミング州で牧場を営むアービンと再会を果たす。牧場主リーダーが牛泥棒根絶を名目に移民たちの殺害を計画していると知ったエイブリルは想いを寄せる娼婦館のエラにワイオミングを去るよう告げるが・・


『ディア・ハンター』でアカデミー賞監督となったマイケル・チミノ監督が次に撮った本作は、19世紀末のワイオミングで農場主と東欧からの移民らの間で実際に起きた争いを基にした一大叙事詩です。
その時代にタイムスリップした感覚に陥る重厚な映像と、壮絶なバトルシーンなどスケールの大きい作品に仕上がってはいるものの興行は振るわず、巨額な制作費が老舗映画会社を倒産に追い込んだのは有名な話。関わったものにとっては地獄の門となってしまったわけですねぇ。

80億も使う前に誰かお財布の紐を締める者はいなかったのかと思うところだけど
そもそも、なぜこれがそんなに受け入れられなかったんだろうか。

一つにはアメリカの暗部をほじくる作品のテーマ自体が受け入れられなかったというのはあるでしょうね。西部劇は廃れ、アメリカンニューシネマの時代も終わった80年代、観客はもっとポップなものを求めていた。あるいは、3時間越えで制作されたものを監督の監修なしに149分にカットして上映されたらしいので、チグハグな部分が出てもおかしくないでしょう。

今回私は2012年に監督自身が監修しデジタル修復された229分の完全版をテレビで観たんですが、すでに失ったフィルムは取り戻せなかったようで、時間が長く無駄が多い割りに、肝心なところが説明不足なんですよね。

以下、内容に触れているので未見の方はご注意願いたいんですが・・



個人的に気になるのが保安官のジム・エイブリル(クリス・クリストファーソン)と、娼婦エラ(イザベル・ユペール)と、ネイト・チャンピオン(クリストファー・ウォーケン)の関係性と人物像。
この三人は三角関係にあるのだけど、エラはチャンピオンよりもエイブリルを想っているのは、チャンピオンからはお金を取るという彼女なりのけじめをつけていることから判ります。
でもエイブリルとエラとのなり染めも描かれず、新任して来た保安官がエラとどの位長い付き合いなのかもわからない。エイブリルは殺害リストに挙がっているエラにワイオミングを去るよう説得するものの、一緒に行こうとは決して言わない。そもそも彼の部屋には女性と写った写真が飾られていて、しかもラストシーンから推察すれば、エイブリルは最初から結婚していた可能性さえあるんですよね(汗)




まぁ、そんなだから一途にエラを想うウォーケン演じるネイト・チャンピオンが一層切なく見えるのですけどね。あばら家を精いっぱいに整え、エラを迎える準備万端のウォーケンが可愛かったなぁ。
ネイトの愛に気づくユペールの表情もいい。でも彼女の背景が説明されてない故に、そこに留まろうとするエラの入植者としての意地とかを全て理解するのは難しかった。



ま、そんなこんなで気になるところはあるものの、映画的な魅力もたくさんあって
特にタイトルと同じ「ヘヴンズ・ゲート」という社交場で入植者たちがバンドの演奏をバックにローラースケートを楽しむシーンは躍動感あってお気に入り。
終盤のバトルシーンも生身の迫力があり、三角関係のほろ苦さも相まって作品としてはとても好き。儚き時代の愛と友情と悲しみを描く壮大な物語を楽しみました。

豪華客船から海を見つめるエイブリルのアンニュイな表情を映して終わるラストシーンは
冷酷に入植者を排除したアメリカへの揶揄を込めたのかな。
豊かな時代を迎えようと心は晴れるはずないよな。って




ミッドナイト・ガイズ
2013年07月01日 (月) | 編集 |



ミッドナイト・ガイズ(2012)アメリカ
原題:Stand Up Guys
監督:フィッシャー・スティーヴンス
出演:アル・パチーノクリストファー・ウォーケンアラン・アーキン/アディソン・ティムリン
日本公開:2013/11・16
28年の刑を終え、やくざなヴァル(アル・パチーノ)が出所した。
門の外で迎えるのは古き友ドク(クリストファー・ウォーケン)。
しかし、ドクはボスから明朝までにヴァルを殺すように指示されていた。長い夜が始まる。。




アル・パチーノクリストファー・ウォーケン、それにアラン・アーキンまで加わって
かつてのモブ仲間が過ごすある一日を描く作品です。

28年ぶりに娑婆に出てきたパチーノはすっかりヨボヨボなんですが
バイアグラをしこたま飲んでビンビンになったり、
ドクの高血圧の薬をつぶして、ヤクのように鼻から吸引してみたりw
浦島太郎ぶりと年寄りネタに爆笑。
この面子がやるんだから、面白くないわけないですよね。

しかし、映画はある緊張を保って進行します。
ドクに与えられた時間はわずか。それを察知し覚悟を決めるヴァル。

久々の娑婆を楽しむはちゃめちゃぶりは、いつしかそれぞれに遣り残したことをやるという刹那的なものになり哀愁が漂います。
親友を手にかけなければならないドクの葛藤と決断もみもの。
ウォーケンの、淡々としながらも温かい人物像が素敵です。
監督のフィッシャー・スティーヴンスは役者でもあるようですが、大御所をしっかりリスペクトする姿勢が気に入りました。パチーノがバーで若い娘と踊るシーンは『セント・オブ・ウーマン』を思い出したし、何より久々に渋いパチーノ&ウォーケンさんを見れて嬉しかったですもん。

ある名作のオマージュを感じるラストシーンもカッコよかった。
ノスタルジーも感じる愛しい映画ですよ。




      

トラックバック一覧

  1. 1. 「ミッドナイト・ガイズ」 合計222歳の 枯れない爺さん達

  2. 2. 「ミッドナイト・ガイズ」

    • [ここなつ映画レビュー]
    • January 15, 2014 12:37
    • 原題「Stund Up Guys」。センチメンタルな邦題(もちろんそれも悪くない)にくらべたら、内容に合致した原題。色々な意味ですべからく、「立て!男よ!」という中身なのだから。 クリストファー・ウォーケンがあの口笛を吹くかのようなすぼめた口元をしつつキャンバスに



25年目の弦楽四重奏
2013年04月18日 (木) | 編集 |



エバート氏のリストから、今日は『25年目の弦楽四重奏』を。
25年目の弦楽四重奏(2012)アメリカ
原題:A Late Quartet
監督:ヤーロン・ジルバーマン
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、 キャサリン・キーナー 、 クリストファー・ウォーケン、 マーク・イヴァニール、 イモージェン・プーツ
日本公開:7/6
バイオリンのダニエル、ロバート、ビオラのジュリエット、チェロのピーターは、結成25周年を迎えるフーガ弦楽四重奏団のメンバー。ところがある日、ピーターがパーキンソン病の告知を受け、今季をもって引退すると宣言。動揺を隠せない残りの3人はそれまで抑えてきた感情をあらわにし、メンバー間に不協和音が響きはじめる。(Movie Walkerより)

結成25年を迎えるベテラン音楽家たちが、突然訪れた四重奏団解散の危機に直面する姿を描くヒューマンドラマです。

 メンバーの長ピーターにクリストファー・ウォーケン、第一バイオリンのダニエルにマーク・ウヴァニール、第二バイオリンのロバートにフィリップ・シーモア・ホフマン、ロバートの妻でビオラのジュリエットにキャサリン・キーナー。ピーターが初期のパーキンソン病と診断され引退を宣言。新しいメンバーを迎えることになり、ロバートが、この機に第一バイオリンとパートを交代しながらやるのがいいのではないかと言い出す。長年第二バイオリンに甘んじてきた彼は、自分の実力を正しく評価されていないことに不満を持っていたのでした。
 
 一度頭をもたげたエゴはそれまで内でくすぶっていた負の感情を刺激し、他のメンバーにも波及する。途中何度か「wow」という言葉が発せられるように寝耳に水の衝撃は、やがて夫婦関係や友情、はたまた親子関係にまで波紋を投げかけることになります。25年という月日は単に演奏のキャリアというだけでなく、メンバーが過ごしてきた人生の大半なのです。カルテット(quartet)にはおそらく、四半世紀という意味も込めたのでしょうから、「25年目の~」とした邦題は彼らの人生の重みを反映し的を得てますね。

 明確な解決を示さずにドラマを着地させるところに、賛否があるかもしれません。けれど、バラバラに缶に入れられたお菓子も、缶をコンコンとテーブルに打ちつけることで、きちんと整列し平らになるように、一度衝撃を受けて解決することもある。溜まった鬱憤を吐き出すことで逆に相手を思いやる余裕が生まれることもあるから、人間って不思議ですよね。


 
 巧みな演奏を違和感なく表現した役者陣の演技もよかった。特に近年変人役が多かったウォーケンさんの、温かく威厳に溢れる演技が印象的です。仮面様顔ぼうでもあり、本物のパーキンソン病患者に見えますしね。エンドロールに続く演奏もずっと聴いていたほどに美しく、音楽の素晴らしさも教えてくれる作品です。
ベートーベンのカルテット14番のトリビアも素晴らしい伏線でした。






フューネラル
2010年11月22日 (月) | 編集 |

1996年(米)
監督:アベル・フェラーラ
出演:クリストファー・ウォーケン/クリス・ペン/ヴィンセント・ギャロ/ベニチオ・デル・トロ/イザベラ・ロッセリーニ 
   アナベラ・シオラ/アンバー・スミス
【ストーリー】
テンピオ一家の三男、ジョニーが殺された。冷徹な長男レイと、気が短い次男チェズは復讐を誓い、ファミリーと対立しているスポグリオに目を付ける……。
■感想
マフィアの世界に生きる男たちの絆と生き様を、壮絶に描くドラマです。
監督は『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』 (1992)のアベル・フェラーラ
 
1930年代、ニューヨークのイタリア系マフィア、テンピオ一家の三男、ジョニー(ヴィンセント・ギャロ)が殺され
3日に渡る葬式が執り行われようとしていた。
棺に納められたジョニーの亡骸に報復を誓う長男レイ(クリストファー・ウォーケン
一方、次男のチェズ(クリス・ペン)は悲しみを超えた怒りにいきり立ち、街へと飛び出す・・・・。
 
時間軸を前後させ、ジョニーは誰に、何故殺されたのかを辿りながら
血を血で洗うマフィアの世界に生きる男たちと、その家族の葛藤をあぶりだす作りです。
 
常に死と背中合わせで生きるわけだから、まともな精神ではいられないでしょうね。
長として冷徹に徹するのがウォーケン、
ルールを無視したアウトローぶりで共産主義に傾倒していく歳の離れた三男ギャロ
そして、どちらにもなれず、精神を衰弱させている次男のペン
 
兄弟それぞれのキャラがきっちりと描かれ、(といってもギャロは大半死体役ですがw)
ウォーケンの妻アナベラ・シオラ、ペンの妻イザベラ・ロッセリーニといった渋い女優陣が
その葛藤を浮き彫りにさせる役割を担ってるんですね。
精神を病んだチェズの危うさを、妻のイザベラの怯え方で見せているのもうまいところ。
新たな抗争を予感しつつも、何も出来ないアナベラの無力感が
どんよりとした不安感を持続させ、そうして迎える衝撃のラスト。
ペンがそこで一瞬見せる、子供のような泣き笑いの顔が悲しかった。
まぁ、ちょっと松村 邦洋に見えてしまったことは、ここだけの内緒ということでw

クリス・ペンはこの演技でヴェネチア助演賞を受賞
生きていたら兄ショーン・ペンに並ぶ逸材になり得ていたかもと思うと残念です。
 
デル・トロもこの頃が一番綺麗
 
観終わってやるせなさが残りますが、音楽のよさもあって、
この雰囲気は好きですね~。渋い音楽を載せたかったんだけど見つけられず
とりあえずトレーラーをば。