映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ノスフェラトゥ
2015年10月16日 (金) | 編集 |

裏ブログでタイムリミット付きの特集始めると、こっちがおろそかになる(汗)
更新できないのも寂しいので、
死にブログと化してるヤフーの旧ブログから
レトロ系で残したいものを、見直したり加筆をしてこっちに移そうと思います。

ハロウィン特集ということで、今日はヘルツォーク版『ノスフェラトゥ』を。
dracula

【作品情報】
ノスフェラトゥ(1978)西ドイツ/フランス
原題:Nosferatu-Phantom der Nacht
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:イザベル・アジャーニ/クラウス・キンスキー/ブルーノ・ガンツ/ローランド・トパー

【あらすじ】
中世ドイツのブレーメンに住む不動産業者ジョナサン(ブルーノ・ガンツ)は

ジョナサンはトランシルヴァニアの伯爵からら新しい邸を買いたいとの依頼を請け、
勘の強い妻ルーシー(イザベル・アジャーニ)がとめるのをきかず、長い旅に出る。
ようやくたどり着いた屋敷でジョナサンを迎え入れたのは、
世にも恐ろしい風貌のドラキュラ伯爵(クラウス・キンスキー)だった。
nos-02

【感想】
F・W・ムルナウの『吸血鬼ノスフェラトゥ』(22)のリメイクです。
内容はオリジナルとほぼ同じ。

ルーシーの写真を見たドラキュラは、その美しい首筋に一目ぼれw
ジョナサンを残し、船でブルーメンへと向かい、
そのときにペスト菌も運んでしまうわけです。

ブレーメンの街にネズミが溢れ、やがて棺おけの行列が出来る
これを上空から捕らえる映像に漂う終末観といったら。
ドラキュラのビジュアルの異様さもただ事じゃない。
怪優と言われたキンスキーが、本物だろと言われたムルナウ版のシュレックにも負けないほど
おぞましい風貌でドラキュラに扮していて、不気味なことこの上ない。
指の動きはこうもりの動きを模したようにも見えます。
Nosferatu-Phantom der Nacht

でもなんだろ
アジャーニの寝込みを襲うシーンのエロはw
なぜかアジャーニの寝巻きの裾をめくり
長い爪に裾がちょこっと引っかかった状態で、アジャーニの首に食らいつく姿には
そこはかとなく可笑しみもあったりして(笑)

おかしなせむし男にも、ガンツさんの最後の顔にも笑ってしまったのだけど
どっしりとした風格とコミカルさとの入り混じる、
不思議テイストのホラーに仕上がってました。
 
静かに流れる荘厳なミサのような音楽を聴き続けると
黄泉の世界に引きずり込まれそうで危険かも(笑)

低く垂れ込める雲、青っぽい霧、壁に映る陰影なども詩的な効果を高めるのに
一役買ってました。
ドラキュラが美しくなくても耽美な芸術作品になるのだなと思った次第。

殺しが静かにやって来る
2013年01月13日 (日) | 編集 |


 







殺しが静かにやって来る(1968)イタリア
原題:Il grande silenzio
監督:セルジオ・コルブッチ
出演:ジャン・ルイ・トランティニャンクラウス・キンスキー、フランク・ウォルフ、ルイジ・ピスティ、ヴォネッタ・マギー



アメリカ西部の町、スノーヒルは、殺し屋が占領する恐ろしい町だった。そんな町にかつて両親をポリカットに殺されたサイレンス(J・ルイ・トランティニャン)がやって来た。ロコに夫を殺されたポーリン(V・マクギー)に復讐を頼まれたのだった・・

西部劇はあまり観ないんですが、タランティーノ『ジャンゴ~』の予習に観ました。
これ舞台が白い雪に覆われた土地ということで、黄色い砂の舞う西部劇とは随分イメージの違う異色な作品です。

主人公がサイレンスと呼ばれる物言わぬ男で、台詞が全くないのも異色。
粋な邦題はそんな主人公の設定からでしょうか。



懸賞金稼ぎの殺し屋グループが蔓延る町スノータウン。
殺し屋グループを率いるのがクラウス・キンスキー演じるロコ。
シルバーライトなブロンドが死神のような雰囲気で
この男のためにあるのかと思うほどに賢く「雪」を使い
狡猾かつ冷徹に殺戮を行う男です。




このロコに夫を殺された未亡人から仇討ちを依頼されるのがサイレンス。
優しげで美しい顔立ちに、そこらの殺し屋どもとは別格の品を漂わせながら
どこか陰のある淋しげな瞳が印象的。
その過去から、ロコら殺し屋を影で操る判事に恨みを持つ彼は
仇討ちを引き受け、強敵ロコに挑むことになりますが・・



これからご覧になる方のために、私も敢えてサイレンスになりますが
降り積もる雪にモリコーネの音楽が切なく鳴るラストシーン
セオリーを覆す結末には息を呑みました。
これは西部史に残る陰惨な虐殺という実話を元にした話だったんですね。

サイレンスを演じたジャン・ルイ・トランティニャン
ハネケの『愛、アムール』に主演している様子。
ますます観たいぞ。