映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『アイ・イン・ザ・スカイ(原題)』アラン・リックマン遺作のドローン戦争映画
2016年04月05日 (火) | 編集 |
eyeposter.jpg 

アイ・イン・ザ・スカイ(2015)
イギリス
原題:Eye in the Sky
監督:ギャヴィン・フッド
脚本:ガイ・ヒバート
出演:ヘレン・ミレンアラン・リックマン/アーロン・ポール/ バーカッド・アブディ
日本公開:2016 

 【あらすじ
英国軍大佐キャサリン・パウエルは、ナイロビの爆弾テロ事件の犯人を捕らえるべく、遠隔操作による偵察を指揮している。犯人の拠点と目星をつけた建物で決定的な瞬間を迎え、空爆の指示を仰ぐパウエルだったが・・
 
【感想
アラン・リックマンの姿を見れる最後の作品ということで劇場に駆けつけました。

Eye-in-the-Sky-Movie-Wallpaper-25.jpg 

ドローンを使った最先端の戦争を描く軍事スリラーというと、『ドローン・オブ・ウォー』が記憶に新しいですが
今回はさらに小さな昆虫型ドローンなんかも登場して、技術の進歩に単純にビックリ。

『ドローン・オブ~』では劇中何度も何度も空爆するシーンがあったけど、今回はなかなかスイッチを押さない。

予告にもあるので書きますが、
彼らが空爆にゴーサインを出さないのは一つには、幼い少女がターゲット内にいてどいてくれないから(汗)・・

監督上手い!と思うのは、フラフープをする少女の姿をドローンが早くから捉えていて、緊張した司令室の中でその子がオアシス的存在になっているというシチュエーションを最初から作り上げていること。
誰もその子を巻き添えにしたくないし、観客もその子の無事を祈らずにおれず、緊張感にも拍車がかかります。
しかし一人の少女を救うことで数百人の市民の命が奪われるとしたら・・
さて軍はどういう決断を下すのかという作品ですね。
eye.jpg 

ともすれば会議室の討論会になりそうなところを、ケニアの現場のアクションや、役者のリアクションなど
ときにブラックユーモアを交えた見せ方で飽きさせません。
『キャプテン・フィリップス』で海賊を演じた バーカッド・アブディがナチュラルな演技で現場の緊張を盛り上げて最高。
一発屋じゃなかったことを証明しましたね。またオスカーノミネートもあるかも。


EyeInTheSky_EITS_00534_R_rgb.jpg 

長年追ってきたテロリストのアジトを掴み、米国の協力を得てドローン偵察を指揮するパウエル大佐を演じたヘレン・ミレン
脚本の時点では男性が想定されていたというこの役にヘレン・ミレンを抜擢した人選の素晴らしさ。
強さと冷徹さの中に女性ならではの優しさもあってかっこいい。
ピアスに薄ピンクのマニキュアも仕事が出来れば男女平等というあえてもの演出でしょう。
「これまでで一番飾り気のない衣装だわ」と仰ったらしい迷彩ユニフォームだってお似合いですから!

アラン・リックマンも台詞の絶妙の間(ま)に上手さが光ります。
知性とユーモアがあって、シニカルだけど確固とした信念を持ち誠実な軍人を
威厳を前面に出したステレオタイプにせず、ナチュラルに演じきったリックマン先生に惜しみない拍手を送りたい。
その美声ももっともっとお聴きしたかった。
ミレンさまとリックマン先生のライン(じゃないってw)のやり取りにも萌えました~。

監督は『ツォツィ』『国家誘拐』のギャヴィン・フッド。後で知ったのだけど中佐役で出演もしています。

最後の判断をくだすまでの過程にモラルや政治的な建前等、現代の戦争の様々な側面を描いてみせるところが非常に知的でスリラーとしても面白い映画でした。







ブログパーツ


国家誘拐<未>
2013年01月16日 (水) | 編集 |


 







国家誘拐(2007)アメリカ
原題:Rendition
監督:ギャヴィン・フッド
出演:リース・ウィザースプーンジェイク・ギレンホール/アラン・アーキン/メリル・ストリープ



アメリカに暮らすエジプト人男性アンウォー・イブラヒムは、南アフリカからワシントンDCに向かう機内で姿を消してしまう。彼のアメリカ人の妻は、夫の身に何が起きたのかと心配し、捜索を求めワシントンに向かう
■感想
これは2008年10月にDVDで観た作品なんですが
昨日『ゼロ・ダーク・サーティ』を観た時に思い出したので
この機会に引越し記事に追記し挙げておきます。

南アフリカからの帰りに突然消息を絶った夫の行方を追う身重の妻にリース・ウィザースプーン
エジプト人である夫は、アメリカに到着後、飛行機を降りるなり拘束され、搭乗記録さえ消されてしまっていたのです。
彼はテロに関与した疑いで、特殊な組織に監禁され、自白を求め拷問を加えられることに。
果たして男はテロに関与していたのか。妻は無事に夫と再会出来るのか。。
という話。

この映画の作られた2007年には、まだテロ容疑者に対する拷問の実態は
それほど公になってなかったと思います。
タイトルの「Rendition」には「令状なしの逮捕、裁判なしの拘留」などの意味があり、映画の中ではクリントン政権時代に設けられた特別な法案と説明されてましたが、テロ防止法の一環で、テロの疑いのあるものを第三国に移送し、民間企業に拷問を依託、自白を求めるというシステムなんですね。
『ゼロ・ダーク・サーティ』でジェシカ・チャステイン演じるCIAのエージェント、マヤが所属したのもこうしたテロの容疑者を拉致して拷問する組織でした。



話を戻しますが
映画『Rendition』はこの特別な法案レンディションに絡む政治スリラーです。
これもう一回観てみると感想が違うかもしれないんですが
興味深い作品ながら、何処にフォーカスが当てられているのかわかりにくかったという印象でした。
夫の心配をする妻ウィザースプーンは元彼(?)である上院議員に捜索を求めるも、
この秘密捜査は議員の力など到底及ばない存在。
この秘密捜査の責任者がメリル・ストリープ
中東に秘密拠点を置く、CIAの分析官ダグラスにジェイク・ギレンホール
彼は監禁、拷問で自白を求める捜査に疑問を持ち、終盤あっという行動に出るのですが、、
正直この行動は「あり得ない」と感じてしまいました。
それでも、「拷問により、いったい何人の無実の人間をテロリストにしたてあげるのか」という彼の言葉にはハッとします。
大義名分を掲げ、テロの撲滅を図ろうとする国家の姿勢に疑問を投げかける役割を担っていたと思います。
一方、テロリスト捜査の重要性を話すメリルの意見ももっともだし、映画としてもどちらかを擁護することなく中立の立場をとっていたように思います。

ただ、ジハードにより命を失っていくテロリストたちの思いや、ロマンスを絡めてみたり、
内容を広げ過ぎたかなという印象。
緊迫感を持って見ることが出来るシーンもあったものの、全体的にはテンポの遅さにじれったさを感じました。
しかし、こういう映画も作られて、CIAの水攻めなどの捜査の実態が明らかになっていくわけで、映画の影響力もバカになりませんよね。

監督は『ツォツィ』のギャヴィン・フッド。『ゼロ・ダーク・サーティ』と合わせて観てみるといいかもしれません。
まだ日本ではDVDになってなかいようだけど、光テレビなどでビデオ配信されたようで、邦題がついてますね。

 


◆関連映画


ゼロ・ダーク・サーティ
「闇」へ