映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ザ・コンサルタント
2016年10月15日 (土) | 編集 |
accoutant.png  
ザ・コンサルタント(2016 アメリカ
原題:The Accountant 
監督:ギャヴィン・オコナー
脚本:ビル・ドゥビューク
出演:ベン・アフレックアナ・ケンドリック/J・K・シモンズ/ジョン・バーンサル/ジョン・リスゴー/ジーン・スマート
日本公開:2017/1/21

【感想
『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナー監督の新作
ベン・アフレックが謎の会計士を演じるアクション・スリラーです。
the-accountant-affleck.jpg
クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)は数字にめっぽう強い町の会計士。
ある日クリスはハイテク会社のブラック氏(ジョン・リスゴー)から仕事の依頼を受け、会計の矛盾を発見したクラークのダナ(アナ・ケンドリック)と帳簿を精査することに。しかし作業半ばで中止を言い渡され、まもなく二人は身の危険にさらされることに・・


クリスが数字に強いのは彼がアスペルガー系の自閉症だから。
実は世界にはびこる悪の組織の帳簿を預かるという裏の顔を持ち、しかも戦闘スキルまで身に着けたクリスは、レインマンとジョン・ウィックのハイブリッドみたいなもの。
クリスの正体が明かされるのをダナと目撃する前半は凄く面白いし、ダナに心を開いていくクリスもキュートで楽しいんです。
the-accountant-ben-affleck-anna-kendrick.jpg
ただ、オコナー監督の「キャラをとことん掘り下げたい」病が、本作ではちょっと裏目に出たような。

現在のクリスを形成する部分が徐々に明かされるのはいいとして
財務省のJ・K・シモンズの部下の、そんな背景要らんだろみたいな、枝葉が過剰に感じてしまったんですよね。
その割には、肝心の動機とか、行動の理由はイマイチよくわからなかったりするw
ベンアフのアクションはいいし、出演者の演技もいいのだけど
あちこちに飛ぶことで映画全体が淀んでしまうのはちょっと残念。
JK.png
スッキリさせたら『ジョン・ウィック』並みの痛快アクション映画になりそうなのにね。
でも終盤は「『ウォーリアー』やん!」とワクワクしたので、オコナー監督やっぱり嫌いになれない。

ブラックユーモア込みのコメディとして楽しむのが正解かな。
ベンアフのちょっとしたリアクションにはほっこり笑わせてもらいました。



 



ブログパーツ































【映画】ナタリー・ポートマン主演ウエスタン『ジェーン』
2016年08月30日 (火) | 編集 |
jane-got-a-gun-trailer-natalie-portman-00.jpg

ジェーン(2016
アメリカ
原題:Jane Got a Gun
監督:ギャヴィン・オコナー
脚本:ブライアン・ダフィールド他
出演:ナタリー・ポートマン  / ジョエル・エドガートン / ノア・エメリッヒ/ ユアン・マクレガー
日本公開:2016/10/22 

【あらすじ
南北戦争後のアメリカ西部、背中に銃弾を受け瀕死のハモンドが妻ジェーンのもとに帰ってくる。
「ビショップ一味が追ってくる」。ジェーンは家族を守るためかつての恋人ダンに助けを求めるが・・

【感想
『英国俳優50人斬り』、今日はナタリー・ポートマンが主演&製作を務めたことで話題の『ジェーン』
荒野で人生を切り拓くため、銃を手にするヒロインを描くウェスタンです。

そもそも『少年は残酷な弓を射る』の女性監督のリン・ラムジーがメガホンをとるはずが、撮影初日にドタキャンとなり、『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナーに交代。
キャストもポートマンの恋人ダン役に抜擢されていたファスベンダーがスケジュールの都合で降板し、悪役をやるはずのジョエル・エドガートンがダンにスイッチ。ジュード・ロウ、ブラッドリー・クーパーを経て、最終的に悪役にユアン・マクレガーを迎え入れてようやく完成をみたようです。

そんなゴタゴタも影響してか世間の評価は賛否両論のようだけど、個人的には気に入ってます。

夫と娘をギャングから守るため、ある男の元を訪ねるジェーン。
何故か男はつれない素振りでジェーンを追い返すのだけど、帰路、悪党に襲われそうになったジェーンを助け、結局は用心棒を引き受ける。フラッシュバックから、男がジェーンと結婚を約束していた元恋人のダンだと知ることになります。
jane-got-a-got-01-fr-670-380.jpg
別の男と結婚した元恋人に複雑な思いを抱きながらも、ジェーンを守らずにいられないダン。
ダンに心を残しながら自らの人生を受け止め前を向こうとするジェーンと、揺れる二人の心の描写が丁寧で三角関係含むロマンス部分がマル。

難を言えば、フラッシュバックを多用しすぎかな。
だんだんに真実に迫るのはいいのだけど、リズムが悪いのと、時系列がやや混乱する。
あれほど重傷を負ったハモンドがギャング一味をどう巻いたのかとか、ストーリーに突っ込みどころもあります。オコナー監督の依頼で脚本の書き直しを手掛けたエドガートンが「存在自体が奇蹟」というくらいだから、よほど時間が足りなかったんでしょう。
それでもオコナー監督作品らしく、登場人物のキャラがたった演出は見事。


さて、50人斬りの3人目はビショップを演じるユアン・マクレガー!!
そもそもユアンの悪役というのも珍しいんですが、びっくりなのは、言われなければ彼とわからない風貌になっていること。
Jane.jpg

「誰これ?」

ギャングとはいっても売春宿などを有する賑やかな街を建設するビショップは、土地の発展に貢献する地主の顔も持っている。ただし、自分のものを横取りされるのは大嫌いとあって、彼を怒らせたらただでは済まない。
マクレガーは執拗なまでに残忍なビショップを、優し気な声とのミスマッチで演じていて、私は不気味に感じて面白かったんですが、弱いと感じるかで評価が分かれるのかも。


西部を生きることは難しい。それでも先駆者たちは夢や希望を持ち続け、道を切り拓いてきたんでしょう。
広大な荒野を映す引きの映像も美しかった。


ブログパーツ

[READ MORE...]